アトピーの化粧品

IHADAはアトピーにも使えるの!?気になる効き目を調べてみた!

ihadaとアトピー1

資生堂から販売されている顔湿疹薬IHADA(イハダ)、これってアトピーにも効くのかな?と気になったことはありませんか?

アトピーの症状がひどければ皮膚科へ行きますが、ちょっとした肌荒れ程度に軽い症状だったり、すぐに治りそうな感じのアトピーであれば「ステロイドを使うよりもいいよね」とか、「わざわざ皮膚科に行かなくてもいいしね」とか、思うことありますよね。

パッケージには、顔湿疹皮膚炎に効く!の文字があり、かゆみ、ブツブツ、赤みと書かれています。

私が気になっているのは、花粉による肌荒れや、乾燥による肌荒れに効果があるというところ。

私は元々アトピーもちで、大人になった今は症状もほとんどないのですが、花粉の時期と乾燥の時期は顔にアトピーが出やすいんです。

赤くただれたり、湿疹が出てしまうこともあります。

なので、花粉や乾燥による肌荒れ(アトピー含む)にも効果があるなら、ぜひ使ってみたいと思っていたのがIHADAでした。

そう思いながらも、ここ数年はスキンケアで上手くアトピーを抑えられていたので、結局IHADAのお世話になったことはありません。

でも、またいつアトピー症状が出るかは分かりません。そこで、気になるIHADAについて調べてみました。

IHADAってどんなお薬?

ihadaとアトピー2

IHADAは資生堂から発売されている顔の湿疹用の薬です。

私はCMで知ったのですが、ドラッグストアで普通に売っていました。

資生堂だから化粧品コーナー?と迷いましたが、私の行ったお店ではお薬のコーナーにありました。資生堂から薬も販売されているんですね。

IHADAは、非ステロイド系抗炎症剤で、赤み、腫れ、かゆみの緩和を目的としたお薬です。

副作用はかゆみ、はれ、刺激感、熱感、乾燥感など書かれています。

でも、調べてみると副作用は少なく、子供にもわりと安心して使える成分のお薬のようです。

IHADAの湿疹治療薬は3種類ある!

ihadaとアトピー3

IHADAというと、オレンジ色のパッケージの薬を思い浮かべますが、湿疹治療薬としては3種類あります。

  • イハダ プリスクリードi 6g 参考価格 900円

こちらは目元のかゆみに適したクリームで、炎症を鎮め、かゆみを抑える成分が含まれています。

  • イハダ プリスクリードD 14ml 参考価格 1800円

こちらはエッセンスタイプ。目元口元にも使用しやすく、血行促進や炎症を鎮める成分が含まれています。

  • イハダ プリスクリードAA 30g 参考価格 4500円

こちらはクリームタイプで、ガサガサした皮膚に適しています。炎症を鎮め、皮膚の代謝を促進する成分が含まれています。

それぞれに特色がありますね。この他にローションなどのシリーズもありました。

IHADAの成分ウフェナマートとは!?

ihadaとアトピー4

それぞれの商品の成分を見ると、ウフェナマートという成分がどのシリーズにも配合されています。

ウフェナマートって?

ウフェナマートは炎症を鎮める成分として配合されています。

つまり、抗炎症剤です。非ステロイドなので、皮膚の薄い顔や首にも安心して使えるんですね。

私の花粉症の時期のアトピーはまぶたの周りにひどく出るので、顔に安心して使えるのはポイントが高いです。

皮膚科へ行けばステロイドを処方されますけど、ただでさえ皮膚の薄いまぶたにステロイドを塗るのはちょっと抵抗があったりするので、軽度であればIHADAに頼りたいです。

ただ、非ステロイド系抗炎症剤では以前、ブフェキサマクという薬が販売禁止になりました。

理由は、長く使用すると接触性皮膚炎を引き起こしてしまうからです。

IHADAの製品情報には、1週間使用しても効果がない場合や、症状が悪化した場合には使用をやめて医師に相談するとの記載があるので、やはり長期的に塗り続ける薬ではないんですね。

非ステロイド系抗炎症剤ということで、副作用に接触性皮膚炎の可能性があると、頭の片隅に置いておいた方がよいかもしれません。

IHADAはアトピーに効果的なのか

ihadaとアトピー5

アトピーに効果があるかどうかと言えば、アトピーの治療薬として使われている成分なので、適しています。

でも、顔のアトピーで皮膚科へ行ったら、ほとんどがプロトピックやステロイドを処方されますよね。

それらの処方薬と比べれば、効き目はかなり弱いです。

ひどい炎症や湿疹を改善できるほどの効果はなさそうですね。IHADAもそこまでの炎症を想定してはいないでしょうし。

アトピーの本格的な治療であれば、やはり皮膚科を受診するべきです。

私であれば、花粉で肌荒れし始めたころ、これ以上はアトピーの炎症が出てしまいそうだな~というあたりで、予防策として使うのが正しいのかもしれませんね。

まとめ

  • IHADAは資生堂から販売されている顔の湿疹用の薬
  • 湿疹治療薬は3種類ありシリーズで他の商品もある
  • 比較的副作用は少ない安心成分
  • ただし非ステロイド系抗炎症剤は接触性皮膚炎の心配もある?
  • アトピー治療に適しているがステロイドと比べて効果は弱い
  • アトピー予防に適しているかもしれない

IHADAでアトピー改善とはいかなそうですが、軽い赤み程度なら効果が期待できるかもしれません。

私は花粉の時期と、冬の乾燥の時期もアトピーが出たりするので、予防のためにもIHADAは要チェックでいきたいと思います。

ただし、IHADAにはアトピーというワードは出ていないので、使用は個人の判断で、気になることは薬剤師さんに聞いておくのがよいですね。