アトピー

首のシワシワどうすればいいの?アトピーでできた首のしわの改善方法!

アトピーと首としわ1

私はアトピーになってからかゆみや見た目にも苦しませられてきましたが、それは薬を塗っていえれば治すことが出来るものでした。

再発はしてしまいますが、とりあえず炎症が治まれば肌は落ち着いていました。

ところが、ある問題が発生していることに気づいてしまったのです。

薬で炎症が治まっているのに首にシワが残ってしまっているのです。

シワシワです。物凄く首だけ加齢がものすごく進んでしまっているようでした。

その首がものすごくコンプレックスに感じていたため、首まで隠れる服だけを選んで着るようにしていました。

冬は違和感なく着こなせますが、夏はものすごく暑苦しく見えてしまいますし、自分としても首を出している人がうらやましくて見とれてしまうほど、暑くうっとおしく面倒でした。

夏用のタートルネックの服も物凄く少なく見つけるだけでも一苦労でした。

そこで首のシワが出来てしまう原因が本当にアトピーのせいなのか、アトピーであるならどうしたらシワがこれ以上増えないのか、既にできてしまったシワは改善できないのかということを必死で調べてみることにしました。

アトピーで首にシワが出来る?

アトピーと首としわ1

私のように首にもアトピーの炎症が起きてしまっている場合、首がアトピーによってシワシワになってしまうのは本当でした。

アトピーの痒みによる掻き壊し、アトピーの炎症の影響による肌のバリア機能の低下、紫外線を浴びやすい部位ということでシワになってしまうということが分かりました。

アトピーのシワを増やさないためには・・・

アトピーのシワを増やさない為に一番必要なことは肌バリアの低下改善でした。

肌バリアが低下してしまっていると、紫外線の影響も受けやすく、そのほかの刺激も受けやすくなってしまうため、元も子もないからです。

肌のバリア機能さえ高まってくれれば、シワが出来る原因となる刺激から首を守ることが出来ます。

肌のバリア機能を高めるためには保湿ケアが大切でした。保湿をすると角質層が肌のバリア機能として十分に機能し、肌を守ってくれるようになります。

既にできてしまった首のシワは改善できる?!

アトピーと首としわ4

首にシワが出来ないようにするためには保湿による肌バリア機能を高めるということが大切だということを知りました。

続いて既にできてしまっているシワはどうしたら改善できるのかということです。

改善することはできるのでしょうか・・・。

調べてみると、既にできてしまっているシワも時間をかけてケアすることで、改善することが出来るということを知りました。

そして、その改善するための方法は現状の状態によって異なるということも気を付けなければいけないポイントでした。

かゆみがまだある場合は・・・

首にまだ痒みがあるという場合は、まずはかゆみを抑えることを専決しなければいけません。

プロピトック軟膏という塗り薬を塗るとかゆみを抑えることが出来ます。

かゆみがプロトピック軟膏では治まらないという場合は、ステロイドのほうが良いです。

かゆみを抑えることができたら、首をよく保湿します。

保湿をすることで、更なるシワを作りだしてしまう事もなく、シワの改善にもなります。

かゆみが治まっている場合・・・

かゆみが無いという場合は、保湿ケアを続けることが大切です。

乾燥してしまうと、よりアトピーの炎症も再発しやすくなってしまいますし、乾燥によりかゆみも酷くなります。

また乾燥によりシワもより増えてしまいます。

保湿ケアを怠らず続けるということが大切です。

シワを治すために生活に取り入れよう!

アトピーと首としわ2

シワを治すためには、いくつかの事を生活に取り入れることも大切でした。

軽い運動

運動を取り入れることで、新陳代謝が良くなり、シワの改善に繋がります。

激しい運動を続ける必要はなく、軽い運動を取り入れると良いです。

副腎を労わる

副腎を労わることも大切です。

野菜、魚、果物を中心の食生活に改善することで、副腎を労わることが出来ます。

副腎を労わることで、天然のステロイドを作りだすことが出来るので、かゆみの軽減につながるのです。

肌のバリア機能を高めるといい事いっぱいだった!!

アトピーと首としわ3

肌のバリア機能を高めるために保湿を行うということは、シワが新たにできない事にも繋がりますし、シワの改善にもなります。更にアトピーの再発も防ぐことが出来るのです。

肌のバリア機能があらゆる刺激から肌を守ってくれることで、綺麗な首を手に入れることが出来るということです。

しかし、この重大な保湿ケアに使用する保湿クリームは慎重に選ぶ必要がありました。

市販の保湿クリームじゃだめなの?!

市販の保湿クリームでケア使用と思い、どんな保湿クリームが良いのかということを調べてみることにしたのです。

すると意外な事実を初めてしることとなりました。

市販の保湿クリームのほとんどは、肌を十分に保湿できないというのです。

シワは表皮という表面のバリア機能低下で小シワが発生しているのですが、深いシワ真皮という肌の奥で起きてしまっています。

市販の保湿クリームでは、表皮が保湿されるかされないかくらいなのです。

また、市販の保湿クリームには、肌に刺激となる成分が含まれていることで、アトピー悪化がしてしまうこともあります。

そのため、刺激のない肌に優しいクリームを厳選して選ぶ必要があるのです。

魔法のような保湿クリームでシワが・・・

アトピーと首としわ5

私は市販の保湿クリームではだめだということをしり、ではどんな高級な保湿クリーム?もしくは皮膚科の薬?なら使用できるのか、効果があるのかということを調べてみることにしたのです。

するとア【アトピスマイル クリーム】という保湿クリームならアトピーにも使用でき、肌の真皮よりも底の基底層という部分まで潤いを届けてくれるというクリームを見つけました。

成分的にも市販の保湿クリームにはないほど不必要な刺激となる可能性の高い成分が含まれていませんでした。

もっとお高い保湿クリームじゃないと潤いを与えることが出来ないのだと想像していましたが、意外にも2500円で購入できるということで、試しに購入してみることにしました。

塗りはじめ・・・

塗りはじめは皮膚科で処方された薬と併用して使用しました。

アトピスマイルクリームには残念ながら抗炎症作用などは含まれていなかったからです

薬を炎症が起きている部分に塗ってからアトピスマイルクリームを塗るということにしました。

薬のおかげなのか、クリームのおかげなのかはわかりませんでしたが、塗った翌日は痒みがいつも以上になかったように感じました。

塗りだして2か月・・・

その後、患部の炎症が治まり、薬は無しで【アトピスマイル クリーム】だけをしっかりと塗るという生活になると、普段なら薬を使用しなくなると、アトピーが再発してくるのですが、アトピーが再発しないという状態が長く続きました。

それ以降アトピーが再発するということが無くなり、これ以上シワが増えるという心配からも痒みや炎症襲ってくるという恐怖からも逃れることが出来ました

塗りだして1年半

アトピーは再発せず生活出来ている事だけでも私にとっては満足だったのですが、問題はシワです。

シワまで本当に保湿ケアで治ってくれたら最高なのにと思いながら塗り続けました。

塗りだして2年

塗りだして2年の月日がいつの間にか流れていました。

アトピーが再発しなくなってからの日々はこれまでの月日の流れよりも早く感じていました。

そしてシワですが、小シワはなくなってきていました。

残るのは深い大きなシワだけ・・・。

大きなシワは残っていましたが、小シワだけでも消えると、少し首が若返ったように見えました。

最後に・・

希望

今でも大きなシワは残っています。

大きな深いシワが治るまでには約4年から5年ほどはかかると言われています。

根気よくこれからも塗り続けたいと思います。

一度出来てしまったシワが完全に消えるまでには時間がかかります。

私のように長く保湿をせず皮膚科の薬だけで治そうとしていると、シワがどんどん増えてしまう事になりかねません。

また、シワが出来たときにすぐに保湿が必要だということを知っていれば、こんなにも深いシワが出来ずに済んだなと思います。

シワが出来る前の予防、シワが出来てしまっているのならできるだけ早く、肌を十分に保湿してあげましょう。

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら