アトピーの食事

アトピーとアルコール!?上手に付き合い飲酒する方法や注意点!!

アトピーにとってアルコールはアトピー悪化の原因となるものです。

アルコールがアトピーに与える影響をしっかりと知りましょう。

しかし、一切のアルコールを断つことが「ストレス」に感じてしまったり、付き合いでアルコールを摂取しなければいけない場面もあることでしょう。

アトピーを悪化させずにアルコールと上手に付き合う方法をご紹介します。

酒は百薬の長と言う言葉もあるように、上手く付き合い正しく摂取すると良いですよ。

アトピーに与えるアルコールの影響

アルコールは実は無害?!

まず、アルコール自体は特に体やアトピーに対してさほど有害な成分ではないのです。

体内で分解されればただの水となり排出されます。

ところが、アルコールを摂取し、分解する際に発生するアセトアルデビドという成分が見逃せないのです。

このアセトアルデビドは有害な成分です。

アセトアルデビドもまた、肝臓の働きにより分解され、酢酸という物質になるのですが、

摂取しすぎてしまうと、アセトアルデビドを分解するためのアデヒド脱水素酵素というものが十分に働かず、分解されず残ったアセトアルデビドが全身に運ばれていきます。

この全身に運ばれてしまったものが、アトピーへの悪影響を及ぼします。

アセトアルデビドの脅威

全身に運ばれてしまったアセトアルデビドは、神経や免疫を刺激します。

するとヒスタミンという痒みを引き起こす物質を生成し出してしまうのです。

ヒスタミンにより痒みや肌荒れが加速し、アトピーは悪化します。

血液がドロドロ?!

アセトアルデビ度はDNAやタンパク質、脂質と融合しやすい性質であり、融合してしまったタンパク質などは変質してしまい、固くなります。

固くなったDNAやタンパク質。脂質は、血液をドロドロにします。

血液がドロドロになると、老廃物の排出も邪魔され、必要な栄養素も正常に運ばれなくなり、肌に影響が出ます。

アレルギー反応が増す

アセトアルデビドは唾液の中に魔座主事もあり、口の中に「アレルギー」物質が侵入した際、通常以上にアレルギー反応を強く起こしてしまいます。

アレルギー反応が強くなるという事は、アトピーの症状が強まるという事です。

関連記事:アトピーとアレルギーの違いって!?間違った治療に時間をかけると損!!

酢酸もアトピー悪化に?!

アセトアルデビドが分解されると、酢酸という物質になり、体にとってはほとんど無害な状態となります。

ところが、アトピーにとっては、酢酸が熱エネルギーとなり、体が熱くなってきてしまうため、アトピーの痒みや赤みを強め、悪化の原因となります。

アトピーを悪化させないアルコールとの付き合い方

アトピーを悪化させないためには、アルコールは控えたほうが良いものです。

しかし、アルコールは辞められない、付き合いで摂取しなければいけないというときは、上手く付き合うことが大切です。

適度な飲酒を

適度な飲酒を心がけてください。適度というのは、ほろ酔い程度の飲酒です。

また、アトピーの患部に痒みを感じない程度の飲酒です。

アルコールを摂取していると、痒みを感じてきてしまいます。

お酒がまわっている状態で痒みを感じると、ほとんどの人は我慢せず掻いてしまいます。

痒みを感じない程度までの飲酒にしましょう。

翌日、二日酔いしてしまうほどまでの飲酒はNGです。

アルコール度の低いものを

アルコール度数の高いお酒は、肌がすぐに痒くなってしまい、アトピーの悪化に繋がります。

  • ウォッカ
  • ジン
  • ラム
  • ウイスキー

等の度数の高いお酒は避けましょう。

アトピーでも適度の摂取ならおすすめできるお酒はワインです。

赤ワイン・白ワイン、これらはポリフェ―ノールが含まれているため、適度であれば美容に良いお酒です。

但し飲み過ぎは悪影響となりますが、適度にアルコールを摂取したい時に選ぶなら、ワインがオススメですよ。

アルコールアレルギーではありませんか?

アルコールを摂取すると、肌が痒くなるという症状は、お酒によるものである場合と、根本的にアルコールアレルギーである場合があります。

特にお酒を飲むとすぐに酔っぱらってしまうという方は、アルコールアレルギーである可能性が高いため、少量でもアトピーの症状が悪化してしまうのでアルコールの摂取は控えてください。

おつまみを工夫しよう!

お酒の場でよく提供されているおつまみには、油分やタンパク質が多いものがあります。

アルコールとよく合うため、つい食べ過ぎてしまったり、油分やタンパク質を摂取しすぎてしまいます。

出来るだけ油分やタンパク質は避け、ビタミンCが豊富なおつまみを選びましょう。

ビタミン」はアルコールを分解する際にかなり消費されてしまいます。

アトピー改善に必要なビタミンを補給しながアルコールを摂取しましょう。

飲酒中の喫煙は控えよう!

アルコールを摂取していると、ついたばこも進んでしまいがちです。

しかし、アルコール摂取中に喫煙すると、アセトアルデビドの吸収率が高まり、全身により酷く回ってしまいます。

ちなみにガンの発症率も高めてしまいますので、飲酒中のタバコは特に控えましょう。

まとめ

  • アトピーでも少量、適度な飲酒であればOK!
  • 飲酒するなら度数の低いものを
  • アルコールアレルギーに注意

もちろんアトピーを悪化させないために、飲酒を控えたほうが賢明です。

しかし、どうしてもお酒が好きな方や、お付き合いで飲まなければいけない場面に遭遇するという場合は、注意しながら上手く摂取しましょう。