乳児湿疹

赤ちゃんの足に湿疹が出来た!!正しい対処や予防法を解説!!

赤ちゃんの足に湿疹が出てしまいました。足だけに湿疹が出てしまったのです。

なぜ足だけに湿疹が出来てしまったのか、小さな赤ちゃんの足に湿疹ができると、物凄く不安になってしまいます。

赤ちゃんに出る湿疹は乳児湿疹とまとめて呼ばれていますが、その中にもさまざまな種類がありました。

そして足に出る湿疹はなぜ起きているのか考えられる原因もいくつかありました。

赤ちゃんの足に出来た湿疹の考えられる原因と対処法、赤ちゃんの足の湿疹を治し、予防できるようになったおすすめのアイテムもご紹介します。

赤ちゃんの足の湿疹の原因は?

赤ちゃんの足の湿疹の原因はいくつかあります。

赤ちゃんは大人の2分の1以下の厚さの皮膚しかなく、デリケートで刺激を受けやすく、刺激により湿疹や肌トラブルが起こりやすいのです。

では考えられる原因を挙げていきます。

あせも

足の中でも膝の裏や足の付け根、等関節部や皮膚と皮膚が重なりやすい場所に湿疹が起こっているという場合はあせもが考えられます。

汗が溜まりやすく、汗による刺激を受け湿疹が起きてしまっています。

赤いブツブツとした湿疹が関節部や重なりあう部分に出来ているという場合はあせもを疑いましょう。

紅斑

赤ちゃんの足の裏や足の一部が赤くなっているときは紅斑が考えられます。

アレルギーのような反応で毛細血管が拡張し、赤みのある腫れが足にみられます。

原因は様々でアレルギーや日焼けのなどそれぞれの原因が引き金となり起こります。

接触性皮膚炎

赤ちゃんがずりバイをしたり、ハイハイをしだすと起こりやすいです。

足が床に擦れたり、床と衣類により擦れることで、摩擦による刺激を受け、湿疹が起こってしまうことがあるのです。

アトピー性皮膚炎

足にだけブツブツと赤い湿疹が出来たという場合、よく足を気にして痒がっているという場合などはアトピー性皮膚炎も考えられます。

湿疹が良くなったり悪くなったりを繰り返し、2カ月以上続いているという赤ちゃんの場合アトピーと診断されます。

赤ちゃんの足に湿疹が見られたら・・・?

赤ちゃんの足に湿疹が見られた時にすべきことをご紹介します。

清潔な状態を保つ

湿疹の原因は汗や汚れやアレルゲンなど、肌に付着し不衛生な状態が続いてしまっていると、刺激を受け湿疹が起こってしまいます。

そこで湿疹が見られ始めたら、洗い残しに注意し、丁寧に洗い清潔を保ちましょう。

また汗や汚れがひどい場合は入浴時だけは無く、こまめに拭き清潔を保つ事も大切です。

入浴方法を見直す

清潔を保つためには入浴が大切ですが、入浴方法を誤っていると湿疹を悪化させてしまう原因となります。

熱いお湯やゴシゴシと擦って洗うのは悪化の原因となるため、お湯は36度から38度程度のぬるま湯で、肌を擦らず優しく撫でるように洗ってあげましょう。

保湿ケア

赤ちゃんのデリケートな肌は、保湿ケアで角質に十分な水分と潤い成分を与え保つことで、バリア機能が備わった強い肌となり、刺激を受け湿疹が起こるということが少なくなります。

入浴後や汚れを拭いた後などは、肌に必要な水分が逃げやすく、角質層に必要な水分や潤いが不足し、バリア機能が低下し、刺激に弱い肌となります。

角質層まで十分に水分を浸透させることができ、バリア機能を正常にし刺激に強い肌へと導きましょう。

それでも治らない赤ちゃんの足の湿疹は?

自宅ケアとして、清潔を保つことと保湿を行うことで、大体の乳児湿疹は治り、予防もでき、強くて刺激を受けない肌へと改善することが出来ます。

しかし、なかなか治らないという場合は、薬による治療が必要な場合があります。

アレルギーが原因となり引き起こってしまっている湿疹、アトピー性皮膚炎などは、「皮膚科」での治療が必要です。

なかなか良くならない、悪化していく一方だという場合は、早めに皮膚科に受診し治療を受けましょう。

関連記事:乳児湿疹で皮膚科に行くべきか??どんな症状だと連れてくべきか解説!!

赤ちゃんの足の湿疹への保湿剤!選び方も大切

赤ちゃんの足の湿疹に対して、保湿ケアを行う際の保湿剤の選び方も大切です。

保湿剤の選び方を間違えていると、乳児湿疹が治らなかったり、薬での治療後に再発し慢性化してしまう原因となります。

そこで赤ちゃんにも安心して使用でき、赤ちゃんの足の湿疹を治すためにおすすめの保湿剤があります。

選ばないほうが良い保湿剤

選ばないほうが良い保湿剤もあります。

  • オイル系の保湿剤

赤ちゃんの肌に必要なのは油分ではなく水分と潤い成分

オイルで肌の表面を覆っても、肌自体に浸透せず肌のバリア機能が高められない。

  • 余計な成分が含まれている

市販の保湿剤に多く、肌に刺激となる添加物、防腐剤などが配合されているものは避けるべき。

湿疹の影響でデリケートな赤ちゃんの肌は余計デリケートになっているため注意が必要。

おすすめの保湿剤

そこでおすすめの保湿剤は潤静という保湿ローションです。

  • ローションタイプ

肌に十分に水分や潤い成分を浸透させることができる。

ローションタイプは水分や潤いが浸透するが蒸発しやすいというデメリットがあるものの、潤静ではその潤いを肌に閉じ込めて置くことが出来る成分も配合されている。

  • 肌に優しい成分

肌に刺激となる成分は一切使用されておらず、赤ちゃんからでも安心して安全に刺激なく使用できる保湿剤

また、赤ちゃんの湿疹が病院での薬の治療が必要だった場合も、薬で炎症を抑えた後は、肌に十分な潤いを浸透させ、炎症により受けたダメージを修復し、失われたバリア機能を正常に持ち直す必要があります。

そんな時も潤静は大活躍してくれます。炎症後の弱った肌にも使用出来ます。

まとめ

私は赤ちゃんの足に出来た湿疹に対して潤静で保湿を行いました。

今まで市販の保湿剤で保湿し、結局湿疹も起きるしベタベタ感も強く使用しにくかったり、何度も塗り直さなければ肌が乾燥してしまっていました。

しかし、潤静はベタベタ感なく使用しやすく、塗り広げやすく、塗った瞬間から肌がしっとり潤い、長時間夜から朝まで潤いが持続されるほど浸透力も保湿力も市販のものとは比べものにならない保湿剤でした。

その後、潤静での保湿を続けていくうちに、赤ちゃんの足の湿疹は鎮まり、新たに出てくる事も無くなりました。

今では子供は大きくなり、外で遊んだりもするようになりましたが、潤静で保湿を続け、湿疹などのない足を保つことが出来ています。

オイルが使用されていない事もあり保湿してから外で遊ばせるのも安心です。

公式サイトはこちら→潤静