乳児湿疹の症状

赤ちゃんの腕にぶつぶつの湿疹!!間違えると怖い症状ごとのケア方法!!

赤い湿疹がポツポツで驚く女性

私の子供は赤ちゃんの頃、乳児湿疹だと思っていた湿疹がアトピーでした。

赤ちゃんの腕にぶつぶつができ、出産した産科で乳児湿疹について説明されていたため、アトピーだなんて思いもしませんでした。

しかし、悩んでいるときに友人が紹介してくれた神クリームを半信半疑で使ってみたところ、なかなか治らなかった湿疹がみるみる治まりました。

助けてくれた神クリームも兼ねて対処法を紹介していきたいと思います。

腕の乳児湿疹の原因は?

新生児がすやすや眠る

腕に乳児湿疹が出来た場合、いくつかの原因が考えられます。

腕の湿疹の乳児湿疹は乳児脂漏性湿疹

腕に湿疹が出来た場合、乳児脂漏性湿疹が疑われます。生後1カ月頃から生後3カ月頃までに湿疹が出来た場合はこの可能性が高いです。

皮脂の分泌量が多く、顔に乳児湿疹が起こりやすいのですが、時に腕に出来る事もあります。

皮脂が毛穴に詰まり炎症が起こります。

関節部は特に皮脂が溜まりやすい部位となるので、関節のシワの中に溜まる汚れをしっかりと洗い流し保湿ケアもしっかりと行う必要があります。

乾燥性湿疹が原因

乾燥性湿疹である場合もあります。生後3カ月以降は皮脂の分泌量も低下し、体の全体が乾燥しやすくなります。

乾燥している肌はバリア機能が低下しているため、外部の刺激を受けやすくなります。

ホコリや汗やダニ、衣類の繊維等々様々な刺激を受け炎症が起こります。

また、腕をよく動かすようになり、衣類との摩擦により炎症が酷くなります。

主に腕の外側に起こることが多いです。

清潔を保ち、保湿ケアで肌のバリア機能を高めることが対策、予防となります。

あせもが原因

特に腕の内側に湿疹が出来ているという場合は、あせもが原因であると考えられます。

生後1ヵ月から生後3カ月頃のねんね期、生後6ヶ月以降のハイハイを始めたころなどに怒ります。

汗が原因で炎症が起こるので、汗をこまめに拭き取り清潔を保つ、保湿ケアで肌のバリア機能を高めることが大切です。

とびひ

とびひということも考えられます。

他の部位に出来た湿疹の悪化からとびひとなり、腕に移った、腕のあせもが悪化し腕の湿疹が目立つようになったなどが考えられます。

とびひの場合は、他の部位への感染力が高いため、病院の薬での治療で早急に治すことが大切です。

虫刺され

腕は露出されていることが多く、蚊やダニなどに刺され、そこから炎症が悪化し、湿疹が広がったり赤みが広範囲に広がるということがあります。

虫刺されは薬で早く治療を受ける、悪化した場合も薬で対処する必要があります。

腕に乳児湿疹ができた時のケア方法

赤ちゃんの腕の内側

腕の乳児湿疹の対処法1 清潔に

まずは清潔にすることが大切です。

刺激を汚れから受けないように、入浴、汚れが付いた時のこまめな拭き取りが必要です。

入浴時は正しい「洗い方」、汚れが付いた時は清浄綿ではなく濡れたガーゼで拭き取りましょう。

腕の乳児湿疹の対処法2 保湿

そして保湿も忘れてはいけません

保湿するためには、保湿クリームを使いましょう。

十分な保湿が肌のバリア機能を高め、対処、予防に繋がります。

腕の乳児湿疹の対処法3 刺激を避ける

衣類や寝具からの刺激を避けることが大切です。

衣類は肌に優しい繊維、天然繊維のものを選びましょう。

また寝具は清潔にダニなどの刺激を受けないようにします。

 腕の乳児湿疹が治らない時は・・・

腕の乳児湿疹がなかなか治らない、ケアの効果が見られないという場合は、病院への受診が必要になります。

薬による治療

悪化すればするほど、自宅での対処だけでは治らなくなってしまいます。

そうなると薬の力を借りて炎症を抑えるということが大切になります。

薬で炎症を抑えたら、保湿ケアを続け、肌のバリア機能を高め再発を予防することが大切です。

アトピー性皮膚炎や食物アレルギーが原因?

腕の乳児湿疹がなかなか良くならない、再発を繰り返すというような場合は、アトピー性皮膚炎や食物アレルギーである可能性があります。

アトピー性皮膚炎は生後4ヶ月頃から、食物アレルギーは生後6ヶ月頃から、皮膚科での診断・検査ではっきりとします。

アトピー性皮膚炎や食物アレルギーの場合は、それに対する正しい治療が必要となります。

なかなか良くならない、悪化しているという場合は、皮膚科へ受診し診断を受けましょう。

腕へのステロイド使用・副作用について

私はステロイドと聞くと副作用が強いというイメージがあり、使用は避けたいと思っていました。

やはり、ステロイドを使用していると、使用を中止した際に再発してしまい、なかなかやめられなくなってしまう人もいるようです。

これが「リバウンド」といわれるもので、副作用で依存してしまうといわれている理由なのですね。

赤ちゃんに使用するという事でとても心配になり、ステロイドについて詳しく調べてみることにしました。

そして、ステロイドは効果が強い分、すぐに症状は治まるものの、根本を治すわけではないという事でした。

ステロイドを使用せずに治す方法を調べていたところ、実際にアトピーの治療のための「ステロイド」を思い切って止め、原因を突き止め原因を取り去ることを続け、完治したというケースを多々拝見。

アトピーの治療法はステロイドだけではないという事が分り、安心した気持ちとなんとか治してあげようという気持ちになりました。

ステロイドに頼らない戦い!!

ステロイドでの治療以外で、治す為の方法を調べ、実際に生活習慣の見直しを始めました。

アトピーの場合は、原因は様々なのですが、多くの場合は紫外線やアレルゲンなどの外部刺激により、アトピー症状が悪化してしまうそうです。

紫外線やアレルゲンによる刺激から肌を守る必要があるのですが、皮膚バリアが低下してしまっている状態だと、刺激から肌を守ることはできません。

したがって、アトピーも治らず、悪化することも考えられますね。

一方、肌が水分で潤っていると、少々の外部の刺激から影響を受けることは無くなります。

日々肌を保湿をすることで水分で潤い、アトピーの症状が落ちつくのですね。

しかし、一般的な保湿剤は、一時的に肌の表面を潤わせるだけで水分を保持することはできないという事を知りました。

私が使用していた保湿剤(ワセリン)は薬局で成分や効能を見ずに購入してしまっていたものであった為、なかなか治らなかったのでしょう。

そんなこんなで悩んでいた時に、ちょうど薬剤師の友人が紹介してくれたのがアトピスマイルクリームというクリームでした。

このクリーム、ステロイドは使っていませんが、痒みを抑える効果があり、何より肌の水分保持力を鬼ほどあげてくれる神クリームです。

報道ステーション他、色々なメディアに取り上げられ、在庫切れが何ヶ月も続きニュースにもなったので、知ってる方も多いかも知れません。(私は全然知りませんでしたが汗)

こちらです→【アトピスマイル クリーム】(現在在庫切れだったらすいません。)

アトピスマイルクリームであれば、肌の基底層という深層の潤いを保持してくれます。

肌の深層から健康的で刺激に強い肌を作ることで、アトピーを完治させることができるのですね。

赤ちゃんの腕のぶつぶつが綺麗さっぱりモチモチに!!

朝日に向かってヨガポーズをする女性

ステロイドでは予防できません。保湿で肌のバリア機能を高め予防することが大切です。

ステロイドのように強い成分が含まれているわけではありませんし、あくまでも、肌そのものを強くするクリームとして使用しています。

おかげさまで、現在はとてもきれいなモチモチ肌となりました。

まとめ

  • 腕の乳児湿疹は脂漏性湿疹・乾燥性湿疹・あせも・虫刺されが原因の場合あり
  • とびひである可能性も
  • アトピー性皮膚炎・アレルギーの可能性もあり
  • 正しい対処を行っても治らない場合は皮膚科へ
  • 薬による治療を受け、肌のバリア機能を保湿で高め予防すべし

悩む前に、焦らず、まずは赤ちゃんの肌バリア(水分保持力)を高めるということを意識して下さい。

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら