乳児湿疹

赤ちゃんの耳から膿が!!これって乳児湿疹??正しい対処法を紹介!!

赤ちゃんの顔に乳児湿疹がポツポツ出始めたと思ったら、徐々に広がり、耳のほうにまで湿疹が広がってしまったのです。

その耳の乳児湿疹からは膿がでてきてしまうほどジュクジュクとしてしまいました。

ジュクジュクとした耳が不安になりながらも、徐々に治まるのでは?と思い数日様子を見ても、酷くなってしまうばかりで、私は不安になり小児科に受診したのです。

すると、耳がジュクジュクした場合は、様々な原因が考えられ、乳児湿疹ではない場合があるため、受診する必要があるという事を知りました。

また、正しい対処法を知り、続け、我が子の肌に起こり、耳にまで広がり膿がでてしまうほど悪化した乳児湿疹を治してあげることが出来ました。

乳児湿疹が耳に及び、膿が出てしまうほど悪化している場合、治すための方法をご紹介します。

乳児湿疹は耳にもできる?

乳児湿疹は耳にもできてしまうことがあります。

生後3カ月頃までの赤ちゃんは皮脂の分泌量が過剰となり、皮脂の影響を受けた肌に湿疹が起こってしまいます。

脂漏性湿疹という乳児湿疹が起こります。

皮脂の影響を受け耳にも脂漏性湿疹が起こってしまうことがあるのです。

また、赤ちゃんの涙や汚れが耳に流れてしまい刺激を受け、乳児湿疹が出てしまう事もあります。

脂漏性湿疹の特徴として、黄色い膿の様な汁がでてしまいジュクジュクします

乳児湿疹が耳に?!膿も・・・他の病気が原因かも?

乳児湿疹が耳にでき、膿が出てしまった際、乳児湿疹かと思いきや、実は他の病気が原因で起こってしまっている事もあります。

耳の外側がジュクジュクしたり、カサカサ乾燥して湿疹が起きている場合は乳児湿疹である可能性のほうが高いのですが、耳の内側や耳の穴付近がジュクジュクしてしまっている場合は、中耳炎や外耳炎という他の耳の病気である可能性が高いです。

また、耳がジュクジュクして切れてしまっていたり、耳の裏側が酷くカサカサしているような場合、乳児湿疹ではなくアトピー性皮膚炎である可能性もあります。

乳児湿疹ではないかも?と疑われる場合、よくわからない場合も、病院へ受診し診断を受けましょう。

何科を受診すべき?

耳の湿疹を見てもらう際、まずは小児科に受診すると良いです

赤ちゃんの病気を全体的に見てもらえます。

しかし、小児科で耳鼻科を受診したほうが良い、皮膚科を受診したほうが良いと言われた場合はそれぞれの科へ受診しましょう。

確実に耳の中から膿が排出されてきていて、耳だれ状態の場合は、耳鼻科に受診しても良いですね。

耳に起こった乳児湿疹!膿まで・・・対処法は?

耳に起こった湿疹に膿が出ていても、乳児湿疹だと診断された場合は、正しいケアを行う事で、治すことが出来ます。

耳の周りも石鹸で洗う

耳の周りも石鹸で洗う必要があります。

耳に泡が入ってしまうのではないか、流すときに水が入ってしまうのではないかと洗い残してしまっていたり、サッとしか洗えていないことが多いです。

また、膿が出てきてしまっていると、より石鹸をつけないほうが良いのでは?と思ってしまいますが、耳の周りの皮脂や汚れをしっかりと落とさなければ、乳児湿疹となってしまいます。

石鹸を使用して洗いましょう。

しっかりと洗う必要はありますが、ゴシゴシとは擦らず、優しく洗います。

すすぎもしっかりと

耳の周りを石鹸で洗った後、すすぎ残してしまうと、石鹸の刺激を受け乳児湿疹が悪化してしまいます。

十分に洗い流しましょう。

洗い流した後にタオルで優しく水気を拭きとり、タオルでは拭き取れない部分や耳の中に水が入ってしまった場合は、綿棒を使用して水気を取りましょう。

保湿ケアを忘れずに

耳の周りも保湿ケアが必要です。

耳の周りの保湿は忘れがちな部分なのです。

耳の乳児湿疹が酷い場合は、意識的にまずは耳から保湿をしてから全体の保湿をするというような工夫で忘れないようにしましょう。

また、この保湿ケアに使用する保湿剤の選び方も大切です。

炎症により肌に必要な水分は失われ、デリケートで刺激を受けやすく乳児湿疹が何度も起こってしまったり、なかなか治らなくなってしまいます。

そこで肌に十分な水分を与え、保湿をしてあげることのできる保湿剤を選びましょう。

ワセリンやオイル系の保湿剤は肌に浸透せず、肌の表面に蓋をするだけで意味がないので避けましょう。

また保湿剤に含まれている余計な成分が刺激となり、乳児湿疹悪化の原因となります。

刺戟となる成分が含まれていない保湿剤を選びましょう。

耳の乳児湿疹を治した保湿剤は?

我が子の耳にまで広がった乳児湿疹、膿が出るほど悪化してしまった乳児湿疹を治すためのケアを行いました。

毎日しっかりと清潔にして、保湿を行いました。

市販の保湿剤で保湿をしているときは、耳が枕や布団に擦れてしまい、何度も乾燥してしまい、それを補おうとより皮脂が過剰に分泌されてしまい、ジュクジュク感が増してしまうため、何度も何度も塗り直しが必要でした。

また、乳児湿疹もなかなか治まってくれません。

そこで肌に刺戟を与えずに、肌の内部にまでしっかりと保湿できるように、保湿剤を選び治しました。

その結果、【アトピスマイル クリーム】という保湿剤を見つけたのです。

アトピスマイルクリームを塗ると、肌がしっとりとして、乾燥して皮脂の分泌量が増えてしまうことなく、丁度よく潤い肌が持続されました。

また、膿の様なものも治まり、乳児湿疹も徐々に落ち着いていきました。

【アトピスマイル クリーム】の肌に十分に潤いを与えてくれる効果と、その潤いを肌に閉じ込めて置くいことが出来る作用のある成分が配合されているため、乳児湿疹が落ち着き、新たに起こる事も無くなったのですね。

また、刺激となる成分が含まれていないのもポイントですね。

耳の乳児湿疹だけではなく、顔にもあった乳児湿疹も徐々に落ち着きました。

清潔と保湿を続けていった我が子の肌は、乳児湿疹がなくなり、皮脂でベタベタしてしまったり乾燥でカサカサすることもなく、健康的な肌へと改善されていったのです。

まとめ

耳に乳児湿疹が出来るのは生後3カ月頃までの皮脂の過剰分泌が影響して起こってしまっている時でした。

皮脂の影響により起こってしまっているため、膿の様なものがでているように見える事もあります。

しかし、その膿が耳の中から出てきている場合は耳の病気の可能性もあるため、注意が必要ですね。

また、耳切れなどがある場合もアトピーの可能性があるため、病院で検査してもらうと良いです。

皮脂の影響による乳児湿疹の場合は、十分に清潔を保ち、保湿を十分に行いましょう。

保湿に使用する保湿剤は肌に潤いがしっかりと浸透する保湿剤で、肌に刺激を与えることのない保湿剤で保湿しましょう。

乳児湿疹の場合は、正しいケアで治してあげることができます。

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら