赤ちゃんの体に湿疹が出た!!種類や特徴や対処法を一覧表にまとめました。

赤ちゃんと湿疹と体1

赤ちゃんの肌は、大人よりも皮膚が薄くデリケートなので、湿疹が出やすいんです。

湿疹には、いろいろ種類があり、原因も様々です。それらをまとめて、乳児湿疹といいます。

カサカサだったり、ジュクジュク・プツプツしたものから、水ぶくれまでたくさんあるんです。

赤ちゃんの体に湿疹が出る原因と、それに合った対処方法をご紹介していきます。

なぜ体に湿疹が出るの?

湿疹が出る原因は大きく分けて2つあります。

  • 生後3カ月まで・・・皮脂の過剰分泌による毛穴の詰まり
  • 生後3カ月以降・・・肌の乾燥によるバリア機能の低下、肌への刺激による炎症

赤ちゃんの湿疹が体に出るのはなぜ?

生後3カ月頃までは皮脂の分泌量が多い顔の湿疹が酷く出ます。

3カ月以降は全身の乾燥が酷くなり、湿疹が全身に出るようになるのです。

肌のバリア機能が低下し、刺激を受けやすく湿疹が出るようになります。

全身にでる湿疹の刺激によって様々な対策が必要になります。

しかし、上記の原因は乳児湿疹の場合です。

脂漏性湿疹や乾燥性湿疹と呼ばれるものですね。

赤ちゃんの体の湿疹の種類と特徴、対処法一覧表!!

赤ちゃんと湿疹と体2

実は上記の乳児湿疹とは異なる原因の湿疹がいくつかあるのです。

その種類と特徴、対処法をご紹介します。 

種類原因特徴対処法
あせも汗が原因で毛穴に詰まり炎症が起こる。湿疹が白っぽい半透明の場合もあれば、赤い湿疹であることも。清潔を保ち、保湿を。汗はこまめに拭いたり着替えもこまめに行う。
おむつかぶれ汗によるムレ、排泄物による刺激、カビ赤い湿疹がオムツに触れる部分に出るこまめにオムツを替える。汚れがひどい時はシャワーで流す。オムツを替えるたびに保湿ケアを忘れない。蒸れによりカビの繁殖で炎症が起こっている場合は治りが悪い。病院で抗生物質を処方してもらう必要あり。
とびひ黄色ブドウ球菌が傷口やあせも、無視さされ部分で繁殖化膿し汁が付いた部位に伝染する瞬く間に広がるため早期治療が大切。病院へ受診。大人にも伝染するため注意が必要
水イボウイルス感染湿疹が硬め、痛みや痒みはない。伝染する。病院での処置が必要。薬物治療の場合もあれば、ピンセットでとる治療もある。
蕁麻疹様々。数時間で湿疹が消える掻かない。蕁麻疹が出る前に食べたものや触れたものをメモ。症状が酷い場合は病院へ。以後蕁麻疹が出た食物や物質を避ける。
アトピー性皮膚炎肌のバリア機能低下、アレルゲンによる刺激、遺伝、他様々乳児湿疹に似た赤い湿疹。赤ちゃんの場合は2カ月以上湿疹が続く又は再発を繰り返す場合アトピーと診断される。病院での原因を探る検査を行い、薬物治療・環境改善・スキンケアで完治を計る。

※それぞれの詳細は対策

上記以外の体の湿疹

実は皮膚病以外にも赤ちゃんの体に湿疹が出ることがあります。

他にも症状はでますが、体の湿疹も症状の1つであり、早めの受診で適切な治療を受けましょう。

合併症や後遺症等が起こる病気もあるので、速やかな受診が必要です。

  • 突発性湿疹
  • 水疱瘡
  • 手足口病
  • リンゴ病
  • 溶連菌感染症
  • はしか
  • 風疹
  • 川崎病

病院に行くタイミングはいつ?

湿疹のではじめは、黄色や赤色の小さなポツポツです。

湿疹の範囲が部分的だったり、かゆみや痛みがないのであれば、お風呂やシャワーの回数を増やしたり、温かいタオルで皮脂や汗を拭きとるようにします。また、乾燥によって湿疹が増えることもあるので保湿クリームやベビーローションで保湿しておきましょう。

その方法で治ってくるようであればそのまま様子を見で大丈夫です。

関連記事に「病院に行くべき」症状や病院の選び方をまとめております。

5まとめ

  1. 湿疹が体に出る原因はさまざまなので、見極めが大切。
  2. 湿疹の種類で対処方法を変えることも大切。
  3. 早めの病院受診が大切。

赤ちゃんの湿疹はほとんどの子が経験しています。

大きくなるにつれて、皮膚も強くなってきますので、きちんと対処していれば跡が残る心配もありませんよ。

 しかし、早めの対処が早期完治の鍵となることがあるため、誰しもなる乳児湿疹と安心しすぎず、疑ってみて原因を特定することが赤ちゃんの肌を守るためには大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA