乳児湿疹の症状

赤ちゃんの乳児湿疹は耳たぶにもあらわれます!!放っておくと・・・

赤ちゃんが指しゃぶりをしながら考え事をしている

顔にできていた乳児湿疹がどんどん耳たぶへ。

耳たぶにも乳児湿疹ができるのかと不安になりますよね。

実は耳たぶにも乳児湿疹は起きてしまうのです。

しかし、耳たぶに症状が出たときは、乳児湿疹ではない他の病気も考えられるので注意が必要です。

耳たぶに乳児湿疹が出来てしまったときの対処法や予防法、他の考えられる病気についてご紹介していきます。

乳児湿疹が耳たぶにまで?!

乳児湿疹と耳たぶ1

私は乳児湿疹が耳たぶにまで及ぶことがあるとは思って居ませんでした。

主体は顔、頭皮に出ることもある、という知識で、耳たぶに乳児湿疹が出来ると知ったのは、小児科に受診したときでした。

乳児湿疹は耳たぶにまで広がるのです。

生後3カ月頃までの間は、母親のお腹の中にいたときの女性ホルモンの影響により、こんなにも小さな赤ちゃんの肌に、男子中学生ほどの皮脂が分泌されてしまっています。

そのため、生後3ヶ月頃までは、その皮脂が赤ちゃんの小さな毛穴に詰まり、炎症が起き乳児湿疹となります。

生後3カ月以降は、今度は逆に皮脂の分泌量が急に低下し、肌が乾燥してしまいます。

すると肌は潤いを与えなければと機能し、皮脂をまた過剰に分泌し始めます。やはりこの場合も小さな毛穴に皮脂が詰まり、炎症を引き起こし、乳児湿疹となるのですね。

そしてその乳児湿疹に適切な対処が出来ておらず、どんどん広がってしまうと、耳たぶにまで湿疹が及ぶということになります。

別の病気の場合も・・・

耳たぶに湿疹が出来ている場合は乳児湿疹ですが、もし耳の中にまで炎症が及び、耳の中がグチュグチュしているという場合などは、中耳炎や外耳炎という耳の病気である可能性もあります。

乳児湿疹の場合は、耳たぶや耳の裏側などに湿疹が出ます。

また、耳たぶの裏側だけがカサカサしている、湿疹が出ているという場合は、アトピー性皮膚炎も疑われます。

耳たぶの湿疹。受診すべき病院は?

乳児湿疹と耳たぶ6

私は顔の乳児湿疹で小児科に受診した時に、耳の湿疹に医師が気付いて発覚しました。

小児科では赤ちゃん、子供の病気をだいたいオールマイティーに見てくれます。

もしその湿疹が乳児湿疹ではなく感染症の発疹だったという場合の対処もしてくれるので、まずは小児科で良いでしょう。

しかし、小児科で皮膚科や耳鼻科を紹介されたらそちらに受診します。

また小児科では手に負えないほど湿疹、詳しく診てもらいたいという場合は、皮膚科に受診すると、皮膚を顕微鏡で診てくれたり血液検査パッチテストなどを行ってもらい、原因や病名を特定してもらうことが出来ます。

まずは小児科でOKです。

耳たぶの湿疹は気づきにくい?!

乳児湿疹と耳たぶ3

耳たぶの湿疹に気づいたのは、先ほども言った通り、小児科の医師でした。

この気づいてくれたときにはかなり耳も酷い状態になっていたのです。

もちろん毎日沐浴もしていましたし、耳もしっかりと拭いたりしていました。

それなのになぜ気づかなかったのか・・・。

耳の裏側に湿疹が出来ていたのです。

沐浴の時、耳を塞いで入れるようにするので、その手に隠れていたのか、耳にまで湿疹が出来るわけないと思っていたせいで顔にばかり意識が向いてしまっていたのですね。

耳たぶは気づきにくいが悪化しやすい

気づきにくい耳たぶですが、気づきにくい上に、悪化もしやすいのです。

沐浴の際、耳に水が入らないようにと、手を使って耳を塞ぎます。

そのため意外と耳を清潔に洗えていないことが多いのです。

また耳たぶに泡がついていても、耳に水が入らないようにと気を付けるため、耳の泡が落とし切れていないということもあります。

すると洗えていない皮脂や洗い残しである泡が刺激となり、より毛穴を詰まらせたり肌への刺激を与え、乳児湿疹がどんどん悪化してしまうのです。

耳たぶに湿疹が・・・対処法は?

乳児湿疹と耳たぶ5

耳に湿疹が出来た場合の対処法です。

耳タブも石鹸で洗う

耳の周りは耳に水が入らないようにと気を付けるあまり、石鹸を付けずに拭いていたり、石鹸の成分が残ってしまいやすい場所です。

しかし、皮脂を洗い流すためには石鹸を耳を洗うときにも付けて、流す時もしっかりと流さなければいけません。

ガーゼに水を含ませて流すなどという工夫をして、丁寧に慎重に綺麗に洗ってあげましょう。

耳たぶの保湿をわすれない

私は完全に耳の保湿を忘れていました。

顔や体にばかり気を取られ、耳に保湿剤を塗っていませんでした。

しかし、耳も清潔にした後に保湿をしなければ、顔や体と同じように乾燥します。

耳にも保湿剤を塗り、しっかりと保湿してあげましょう。

薬を塗る

我が子は耳たぶのの湿疹が酷くなり過ぎて、耳たぶと顔の境目の部分がきれてしまっていたのです。

グチュグチュでした。

そこで早く炎症を抑えて上げないと大変だ、可哀そうだということで、皮膚科でステロイド外用薬を処方されました。

ステロイド外用薬を塗ることで、傷口は徐々に治りました。

耳たぶの乳児湿疹、再発予防は?

耳たぶの乳児湿疹は「ステロイド外用薬」で良くなるのですが、やはり少し時間が経つとまた再発、湿疹がポツポツと出てきてしまうのです。

顔も同じように出てきていたのですが・・・。

そこで出来る再発予防をしっかりと行うことが大切です。

やはり「清潔」「保湿」です。

耳たぶも毎日清潔にして保湿してあげることが大切なのです。

清潔にして保湿をすることで、余分な皮脂が毛穴に詰まることも防げますし、保湿により肌のバリア機能が高まり、外部からの刺激にも耐えられる強い肌となり、再発を防ぐことができます。

耳たぶの保湿がうまくできない?!

乳児湿疹と耳たぶ4

私は耳たぶも毎日綺麗に洗うようにして、保湿も続けました。

ベビー用の保湿クリームで市販で購入したごく一般的な有名な保湿クリームです。

ところがそれでも何度か再発。

保湿できてない?

と思い、塗った後に確認してみると、首が座りだしてコロっと横を向いて私の事を目で追い、布団に保湿剤が擦れて取れてしまっていたり、髪の毛に保湿剤が付いて保湿効果が無くなっていたりという感じが続いていたのです。

何度塗っても意味がない、けれど何度も塗らないと再発するという気持ちで、一日に何度も何度も確認して、何度も保湿剤を塗り、乾燥を伏せぐ努力をしていました。

耳たぶの保湿を上手くできる方法に行きつく!

乳児湿疹と耳たぶ2

私はせっかく塗った保湿剤が取れない方法はないのかと試行錯誤しました。

ガーゼを貼ってみたり絆創膏を貼ってみたり・・・。

しかし、乳児湿疹に良い効果は見られず、逆にムレるせいか悪化したりということが続いていました。

手も自在に動かせるようになってきて、やはり耳が気になるのか、痛いのか、かゆいのか、よく触る。

そろそろ何とかしてあげないと本当にヤバいな・・・。

そんな時、保湿剤が擦れても落ちないようになるものを発見したのです。

保湿剤とかの上から塗ると保湿剤も取れないし、肌の保湿にもなるし保護にもなるというものです。

最近では母子手帳の副読本にも記載されていました。

【ファムズベビー】というものです。

このファズムベビーを使えば、耳たぶもしっかり保湿できます。

泡タイプで塗り込むから、耳の中に入ってしまうという心配もなく、子供が触ったとしても保湿剤の効果が落ちません。

私はファズムベビーを購入してみることにしました。

ファズムベビーの使用による経過

私はファズムベビーが良さそうだと思い、初めて知った効果ということもあり、すぐに購入してしまいましたが、実際注文してからは、保湿剤の上に塗って保湿剤も肌もカバーして、擦っても落ちないとなると、肌に刺激の強いもので作られていないかなどが心配になりました。

肌に合わなかったらどうしようという不安もあったのですが、炎症が起こっている部分にも使える優しい成分。

香料着色料不使用、パラベン不使用ということで肌に優しいなら・・・。

と半信半疑で使ってみることにしました。

塗ると泡っぽく、泡っぽさが無くなるまで優しく塗り込みます。

するとイメージとしては肌がパリッとしてコーティングされたりするのかと思っていたのですが、肌はしっとりしていて、これで本当に保湿効果が取れないの?と感じました。

何か異変が起きたら大変だ、すぐに病院へ行けるようにと思い、平日の朝試したのですが、昼に確認してもしっとりしてるんです。

そして夕方に確認してもカサカサしていなかったのです。

本当に保湿の持続力に驚かされました。

その日の夜も入浴後に塗る。朝になり確認するとカサカサしていないのです。

寝返りも打つようになり、布団に耳が擦れたはずなのに、全く乾燥していなかったのです。

これってすごい!これさえあれば塗り直しも必要ないし耳たぶがしっかりと保湿できる!!

それから毎日耳たぶと顔に保湿剤を塗った後に【ファムズベビー】も塗るようにしました。

するとこんなにも長い間半年近く悩み続けていた乳児湿疹が、たった2週間ほどで綺麗にものすごく綺麗に治ったのです。

こんなことがあっていいのかと思うほど。薬よりも効果あるのではないかと思うほど、本当に素晴らしい効果でした。

その後は再発の予防です。

ここから保湿効果を持続させて、乳児湿疹を起こさない!!

毎日しっかり入浴後に塗るようにしました。

それからというもの、わが娘の耳たぶ及び顔に乳児湿疹が出来ることがなく、肌の状態が不安定だったのに、安定し、毎日スベスベで湿疹のない耳、顔を手に入れることがやっとできたのです。

最後に

  • 耳たぶにも乳児湿疹は起こる
  • 耳たぶの症状は中耳炎や外耳炎、アトピー性皮膚炎も疑われる
  • 清潔・保湿で対策、予防、炎症が酷い時は薬を塗り炎症を抑える
  • 耳の乳児湿疹は悪化しやすい
  • 洗い残し、保湿クリーム塗り残しに注意
  • 耳たぶの保湿効果をしっかりと行うためには、ファズムベビーがおすすめ

耳たぶの症状は悪化しやすい部位であるため、入念な清潔保湿が重要です。

また、症状が長引いている、耳の中もジュクジュクしているというときは、他の病気を疑い、受診することをおすすめします。

保湿ケアをより効果的に行うためには、ファズムベビーがものすごく役立ち、耳たぶの状態をよくしてくれますよ。

公式サイトはこちら→洗っても拭きとっても落ちない!新発想ビフォアケアフォーム【ファムズベビー】