乳児湿疹

赤ちゃんのお尻のぶつぶつを解決!!注意すべき症状は1つだけ!!

我が子はおしりにぶつぶつができやすい子でした。

おしりかぶれが起こりやすく、ぶつぶつが出来て治まったと思うとまたぶつぶつ出てしまっていました。

そこで赤ちゃんのおしりにぶつぶつが出来たときの正しい対処法と、更にぶつぶつなどの肌トラブルを防ぐことが出来る効果的な保湿剤と出会うことができたおかげで、繰り返すおしりのぶつぶつを改善することが出来ました。

赤ちゃんのおしりにぶつぶつが起こる原因と改善するための方法、おすすめの保湿剤をご紹介します。

赤ちゃんのおしりにぶつぶつが出来る原因は?

赤ちゃんのおしりにぶつぶつが出来る原因を挙げていきますね。

排泄物による刺激

赤ちゃんはうんちが柔らかくおしっこをする回数も多く、もちろんおむつにしますね。

おむつの中でうんちとおしっこが一緒になることでよりアンモニアが発生し、おしりに刺激をうけ、ぶつぶつとした湿疹が起こり肌がかぶれてしまうのです。

蒸れによる刺激

おむつの素材的におむつの中は蒸れやすくなります。

更に夏は気温と湿度が高いため、より汗をかきおむつの中は蒸れてしまいます。

するとかぶれてしまったり、ぶつぶつが出来てしまうのです。

赤ちゃんのおしりのぶつぶつはおむつかぶれではない場合も?!

赤ちゃんのおしりにぶつぶつが出来てしまっている場合、たいていはおむつかぶれです。

しかし時に別な原因でおむつかぶれが起こってしまっていることもあるのです。

おむつかぶれの特徴は?

赤ちゃんのおしりに起こるおむつかぶれの特徴としては、おむつが当たっている部分だけにブツブツが起こります。

そのためおしりの全体的に出るだけでなく、「お腹」周りや腰回り、太ももの付け根などにも湿疹が起こります。

赤くプツプツと湿疹ができます。

関連記事:赤ちゃんのお腹だけ湿疹出ちゃった!!これって何の病気??対処法は??

カンジタ皮膚炎の場合も?

赤ちゃんのおしりにぶつぶつが出来た場合、カンジタ菌の影響を受け起こるカンジタ皮膚炎である可能性もあります。

赤いぶつぶつだけではなく、水ぶくれのようなブツブツも出来てしまっていたり、皮膚が捲れて来てしまう事もあります。

カンジタ皮膚炎の場合は、抗真菌剤を早めに塗り、菌を死滅、増殖を抑制する必要があるため、疑わしい場合は早めに病院へ受診しましょう。

赤ちゃんのおしりのぶつぶつを治すためには・・・?

赤ちゃんのおしりのぶつぶつを治すための方法をご紹介します。

こまめにオムツを替える

おむつはこまめに取り変えましょう。

おむつが蒸れてしまったり、排泄物の刺激を受けないように、赤ちゃんがおむつが気持ち悪くなり泣く前に、1時間おき程度で確認し、おむつが濡れていたら交換です。

まだ少ししか出ていないからとおむつを変えずにたっぷり溜まるのを待ってると、影響を受けおしりのぶつぶつは悪化します。

こまめに取り換えてあげましょう。

おしりふきは大丈夫?

おしりふきに含まれている成分やおしりふきの素材により刺激をうけ、おしりのぶつぶつが悪化してしまうことがあります。

おしりふきは99%水でできているものや、肌に刺激となる成分が含まれていない物を選び使用しましょう。

※「清浄綿」等を使ってる方は注意が必要です。

また、おしりふきに使用されている布の繊維も荒いものは避け、触り心地の良い柔らかい素材のものを使用すると良いです。

自宅に居る時はうんちをした時は無理に擦り落とすのではなく、シャワーで流してあげたほうが刺激を与えずにおむつを替えることができ、ぶつぶつ改善に効果的です。

関連記事:清浄綿で清潔に!!まさか乳児湿疹の我が子に使ってませんよね??母失格!!

おしりを乾燥させてから保湿を

おしりふきで拭いた後は、すぐにオムツを履かせてしまうとおむつの中が蒸れてしまい、ブツブツを悪化させてしまう原因となります。

多少乾かしてから、おしりを拭いた後の肌に必要な水分が蒸発してしまいやすくなるため保湿ケアを行ってからおむつを履かせます。

おしりの肌に必要な水分が逃げ不足してしまうと、刺激を受けやすい肌となり、おしりのぶつぶつが何度も起こってしまったり、より悪化してしまいます。

保湿剤で保湿をしておむつ替え完了です。

私が使用した保湿剤はぶつぶつができないおしりにしてくれる?!

我が子はおむつかぶれが起こりやすく、少しだけおむつを替えるまでに時間が空いてしまったりするとすぐにぶつぶつ出てしまっていたのです。

そんなことをママ友に相談したところ、肌のバリア機能が低下しているから刺激を受けやすいんだよ!!と教えてくれたのです。

肌に十分な潤いが十分に足りている場合、肌の表面は角質に守られた状態、バリア機能に守られている状態なのです。

そのため、肌に多少の刺激が及んでも湿疹が起こることなく保つことが出来るのです。

しかし、ぶつぶつの湿疹や炎症が起こった肌は肌に必要な潤いが失われているため、バリア機能に守られてない状態の肌となり、刺激を受けやすくぶつぶつも起こりやすいのです。

そこでそのママ友に紹介してもらった保湿剤が【アトピスマイル クリーム】と言う保湿剤でした。

肌に潤いを与え、バリア機能となる角質の一番底の部分まで潤いが浸透し、潤いで満たされるため、しっかりとバリアされている状態の肌に改善され、刺激を受けにくい強い肌へと改善してくれる保湿剤でした。

また、肌に刺激となりぶつぶつを悪化させてしまうような成分が一切使用されず、肌に優しいいため赤ちゃんの肌にも安心して使用することが出来ました。

保湿に市販の保湿剤を使用していた時は、お尻の肌の表面がベタベタになり、蒸れの原因になっているような感じがあったり、お尻の表面の保湿剤がオムツ側に付き、お尻自体が乾燥してしまうという状態になっていました。

しかし、アトピスマイルクリームを使用し保湿をすると、肌が潤いようにしっとりとして、表面がべたつくわけではなく、肌に潤いが与えられているのが感じられました。

おむつの中でもベタベタせず、赤ちゃんも心地よさそうでした。

アトピスマイルクリームで保湿を始めた結果、市販の保湿剤で保湿をしていた時は何度もぶつぶつが繰り返されてしまっていた我が子のお尻は、ぶつぶつが起こらず、ツルッともちもちの思わず食べてしまいたくなるくらい綺麗なお尻になりました。

アトピスマイルクリームのおかげで、その後もおしりにブツブツが出ることなく赤ちゃん期を終え、おむつ卒業まで過ごすことが出来ました。

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら