乳児湿疹の症状

赤ちゃんのおしりのブツブツ。おむつかぶれの対策は?でもそれカビかも…

お尻ぶつぶつの赤ちゃん

ある日オムツを変えようとしたときに、見つけたのですが、おしりに赤い湿疹が出来てしまっていたのです。

お出かけの後ということもあり、少しいつもよりも時間が空いてからのオムツ替えになってしまったので、そのせいだと思いました。

しっかりと拭いて乾燥させてからオムツを細目に変えていれば治るかなと思っていたのですが、数日経ってもあまりよくならず、みるみる悪化してしまっていたのです。

徐々にでも確実に酷くなっているおしりのブツブツに心配になり、痛みも痒みも訴えられない赤ちゃんに我慢させてしまうのも嫌だなと思い、小児科に受診してみることにしました。

すると、お尻のぶつぶつはただのおむつかぶれではなく、カビが原因だったのです。

なぜ赤ちゃんにおしりにブツブツができる?原因は?

赤ちゃんのおしりにブツブツができることがあるということは産院でも指導されていたので知っていました。

いわゆるおむつかぶれですね。

おしっこの刺激

おしっこの中には肝臓で分解され、体内で不要となった老廃物が大量に含まれています。

そのため、その老廃物が肌への刺激となり、オムツに吸収されたおしっこがお尻に付いてしまうことで、ブツブツができてしまうことがあります。

うんちの刺激

うんちには大腸菌、消化酵素、腸内細菌などという肌への大きな刺激となってしまうものが含まれています。そのため、おしりにそれらが付着してしまっている時間が長ければ長いほど、ブツブツができる原因となってしまいます。

更にうんちが下痢の時は尚更腸内細菌やその他の病気の原因となるウイルスが含まれてしまっているため、刺激がより強く荒れやすくなります。

下痢だとうんちの回数も増えるので、それだけ刺激を受ける回数も多く、トラブルが起こりやすくなるので注意が必要です。

蒸れ

オムツの中がとても蒸れやすく、赤ちゃんは新陳代謝が活発であるため、意外と汗を多くかきます。

その汗による蒸れにより、皮膚が柔らかくふやけ、刺激を感じると普段よりも刺激を受けやすく肌トラブルを起こしてしまいます。

おむつやおしりふきによる刺激

オムツの繊維やおしりふきの素材がおしりへの刺激となってしまっていることもあります。

またサイズが合っていないことで、ズレが刺激となり、肌トラブルを引き起こす可能性もあります。

おむつかぶれへの・予防・対策方法は?

予防法は?

おむつかぶれへの対策としては、蒸れを解消し排泄物はこまめに変えます。

特に夏場など気温の高い時期は蒸れていないか、排泄物が溜まっていないかこまめに確認しましょう。

おしりふきで優しく丁寧に綺麗に拭き、拭いた後は少しティッシュで優しく水分を抑えます。

その後ベビーパウダーを薄く塗ります。

薄くというのが重大なポイントです。塗りすぎは毛穴を詰まらせてしまい、炎症の悪化の原因となります。

対策は

おむつかぶれは清潔保湿が大切です。

排泄物は綺麗におしりふきで拭きますが、なかなか落ちない時やものすごく酷く汚れたときは、一生懸命拭くよりもシャワーで洗い流してあげたほうが良いです。

汚れを落としたら保湿剤で保湿します。薄く塗るのが大切です。

炎症が悪化してしまった場合は、病院への受診をおすすめします。

病院ではステロイド外用薬の一種、「ロコイド」クリームが処方されます。

使用用量や使用頻度は医師の指示に従います。

炎症が治まってからは清潔を保つ・保湿ケアを続けましょう。

小児科の受診で知った新事実!!

私は、上記の原因でおしりにブツブツができてしまうと思っていたのです。

それなのに小児科に受診した私はものすごく驚き、早く受診して良かったと思いました。

我が子のおしりのブツブツの原因は、なんとカビだったのです。

受診して見て初めてカビが原因でお尻のトラブルが発生するということを知りました。

なぜカビが原因でおしりにブツブツが?!

おしりにブツブツを発生させたカビはカンジタ菌というカビでカンジタ皮膚炎というものでした。

カンジタキンは便や皮膚の中にいる常在菌の一種なので、普段は肌にトラブルを起こすようなことはありません。

しかし、おむつのように高温多湿な環境を好み、みるみる増殖してしまうというのです。

増殖するとカンジタ菌は病原性を発揮してしまいます。

恐ろしいですよね。

おしりかぶれとの違い、カンジタ皮膚炎の場合は?

広範囲にわたりブツブツがあり、清潔にしていても治らない、水ぶくれのようになっている、おむつの接していないような部分にもブツブツの湿疹が出来ているという場合、カビによる湿疹の可能性が高いということでした。

また、おしりかぶれの場合は起きないのですが、股やお尻のシワの中まで真っ赤になるとカンジタ皮膚炎の可能性が高いです。

他にも

  • 湿疹に膿をもつ
  • 皮膚が剥ける
  • カサカサする
  • 真っ赤な部分とそうでない部分の境目がハッキリ出る

おしりかぶれとの違いに気づいたら病院へ受診しましょう。

治療法は?

治療としてエンぺシドクリームという外用薬が処方されました。

赤ちゃんにも使用できるカンジタ菌を死滅させるための抗真菌薬です。

皮膚が酷く赤くなったり赤ちゃんが泣いておさまらないということが無ければ、副作用なく使用出来ているということらしく、恐る恐る塗ってみたところ、日に日にブツブツも赤みも消えて行きました。

これで治ったと安心しました。

ちなみに、薬の成分によっては悪化してしまうこともあり、薬による悪化が見られたら早急に使用を中断し皮膚科へ急ぎましょう。

また、ステロイド系の薬を塗ると、カンジタ菌は増殖してしまうので注意です。

赤ちゃんのブツブツは繰り返す?!

赤ちゃんとおしりとぶつぶつ2

治ったと安心した頃、再度ブツブツが現れ出したのです。

カンジタ菌は死滅したはず、それなのになぜまた再発?!

もうなんで治っていないの?今度は何?!

と思いながら小児科に再度受診しました。

すると小児科の医師に検査をしてもらうと、カビ菌は増殖していないというのです。

赤ちゃんの肌は元々大人の2分の1ほどの皮膚の薄さで、デリケートであり、肌のバリア機能も低いというのです。

そして更に追い打ちをかけるようにブツブツなどの炎症が起こってしまうと、肌のバリア機能が低下してしまっているため、刺激の弱い肌となり、少しのおしっこやうんち、おむつの刺激でもトラブルが起こりやすくなってしまうというのです。

強い肌を作り再発予防の方法

肌のバリア機能は低い状態の肌を強化し、ブツブツなどの再発を防ぐためには、肌を保湿して、肌のバリア機能を高めるという必要がありました。

保湿して強い肌を作ることで、おしりのトラブルは起こりにくくなるからと「ワセリン」を処方してもらいました。

保湿ケアでおしりのトラブルとさようなら

保湿ケアをするためのワセリンを処方され、毎日2回朝晩塗るようにと指導されました。

ところが塗っていても肌の表面がベタベタとするだけで、一向におしり自体がツルッと綺麗になるということはなかったのです。

それどころか、オムツを変えたりオムツに触れてしまうとすぐにワセリンは落ちてしまい、保湿されている感じがありませんでした。

本当にこれで肌のバリア機能は高まるのかと不安になり、育児書やインターネットなどで調べてみることにしたのです。

ワセリンは保湿ケアにならない?

なんと赤ちゃんの肌にワセリンを塗っていても、肌のバリア機能は高まらないというのです。

ワセリンは油分を肌に膜を張るように働き、肌の水分が蒸発しないようにしてくれるというのですが、元々炎症が起きたり赤ちゃんのように水分量が少ない肌に「ワセリン」を塗ったところで、蒸発する水分が無いほど乾いてしまっているので、意味がないのです。

それどころか、肌のワセリンの間にもムレが生じてしまい、より炎症が起きる可能性を高めてしまうこともあるということを知ったのです。

医薬品ではワセリンが保湿目的として処方されるものの、もっと効率よく肌のバリア機能を高めてくれる保湿クリームが医薬部外品にあるということも知りました。

肌に水分を与えながらの保湿で強い肌を!!

私は医薬部外品で肌のバリア機能を高めてくれるという【アトピスマイル クリーム】という保湿クリームを知りました。

医薬品には含まれていないものの、世界で注目されているライスパワー№11という成分が唯一含まれているというクリームでした。

この成分は肌の水分保持能に作用し、肌に与えてた水分を保持しておくことが出来る肌を作りだしてくれる効果があるというのです。

またアトピスマイルクリームは肌に膜を作ることで保湿するのではなく、肌の深層まで潤いを届けてくれるため、乾燥知らずの肌バリアの高い肌を作りだしてくれるということで、市販のものにはここまで機能的な保湿クリームはなかったので、購入してみることにしました。

使用後のおしりは・・・

私は毎日アトピスマイルクリームを朝と入浴後に塗るという生活を続けてみることにしました。

するとワセリンとは異なり、肌に沁み込んでいくような塗り心地に衝撃でした。

これぞ保湿ケアだよな・・・。と思うような塗心地でした。

そしてオムツ変えをするときも、深夜オムツを変えて朝変える時までおしりにボツボツが出るということが無くなったのです。

常にツルツルもちもちの赤ちゃんらしいおしりに改善することが出来たのです。

それからというもの、我が子のおしりはオムツかぶれ知らずで、健診やママ友だちにも、こまめにオムツを変えているんだね。とっても頑張っているねなどと言われるのですが、私はじつは【アトピスマイル クリーム】を塗ってあげるだけというとっても簡単な方法を続けているだけなんですよね・・・。

最後に

  • おむつかぶれの原因がカビの可能性あり
  • カンジタ皮膚炎の症状が見られたら皮膚科へ
  • 予防・対策は清潔保湿を
  • 炎症が酷い場合は薬で対処
  • 炎症が治まってからも保湿ケアで強い肌を作ろう

今は保育所に通っているため、日中のオムツ替えを頼んでいるという形です。

大体一日3、4枚変えるということで、朝に渡しているのですが、おしっこは何回かしてから変えるのでしょうし、うんちにすぐに気づいてもらえない事もあるかもしれません。

迎えに行くと、オムツにおしっこを結構してしまっていることもあります。

もしアトピスマイルクリームで肌を強くしてあげていなかったら、おしりかぶれをしていたのではないかなと思います。

アトピスマイルクリームを塗るという簡単な方法で我が子のおしりを守ってあげることが出来るようになっておいて本当に良かったなと思います。

また、お尻以外の全身に塗ることが出来るので、カサカサしているなというときにアトピスマイルクリームを塗ることが出来るので万能で手放せません

かなり効果があるクリームで市販では販売されていないということで、人気になり手に入りにくくなったら嫌だなと思いながらも、保湿クリームはこれしか使えない私です!

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら