脂漏性皮膚炎の薬

脂漏性皮膚炎にクリームが効く? 良いクリームと逆効果となるクリーム

脂漏性皮膚炎とクリーム1

脂漏性皮膚炎に使用するクリーム類には、実は脂漏性皮膚炎にとって悪影響を与えてしまい、症状の悪化や再発を促してしまう原因となるものがあるのです。

脂漏性皮膚炎には使わないほうが良いクリームを知り、使用したほうが良いクリームを適切に選び使用しましょう。

脂漏性皮膚炎に使用しないほうが良いクリームと使用することで良い効果を与えてくれるクリームをご紹介します。

脂漏性皮膚炎に悪影響を与える意外なクリームは?

ではまずはじめに脂漏性皮膚炎に悪影響を与えるクリームをご紹介していきます。

ヒルドイドクリーム

ヒルドイドクリームは肌にとっては比較的優しく、強力な保湿力があります。

赤ちゃんからも使用でき、保湿が必要で肌が敏感になっている脂漏性皮膚炎にとっても、一見良い効果を与えてくれそうなクリームです。

実際に皮膚科から処方されることすらあります。

しかし、「ヒルドイド」クリームに含まれるペパリン類似物質は、乾燥肌や健康な肌にとっては血行を促進し乾燥を改善してくれるのですが、脂漏性皮膚炎にとっては血行促進が逆効果となる場合があります。

脂漏性皮膚炎にヒルドイドリームを使用することで、血行が促進され、赤みがより酷くなってしまうのです

ヒルドイドを塗ったら顔が真っ赤に!!という事があるので注意すべきクリームです。

尿素配合クリーム

尿素が配合されているクリームは保湿力が高く、健康な肌にとってはとても良い保湿効果を与えてくれます。

しかし、脂漏性皮膚炎により敏感になっている肌にとっては、尿素の刺激が強すぎて、症状が悪化してしまいます。

脂漏性皮膚炎の場合、尿素配合のクリームは刺戟が強すぎます。

ワセリン

ワセリンは保湿効果があるとして、病院でも処方されることがあります。

しかし、脂漏性皮膚炎のように、酷い乾燥に見舞われている肌の保湿には、ワセリンは適しません。

ワセリン」は肌の表面を油分でカバーし肌の水分の蒸発を防いでいます。

炎症が起きた肌の水分量は0に近く、油分で蓋をしたところで全く意味がないのです。

それどころか肌と油分の間が蒸れ、カビ菌であるマラセチア菌は繁殖しやすい環境になり、油分が大好物なマラセチア菌にとって最高の肌環境を与えてしまう事になります。

脂漏性皮膚炎にワセリンでの保湿は、逆効果、悪化や再発を招く原因となります。

ステロイドクリーム

ステロイドクリームは、脂漏性皮膚炎の炎症を抑えるために有効です。

しかし、ステロイドクリームだけ使用していても脂漏性皮膚炎は治りません。

炎症は治まりますが、原因となるマラセチア菌の増殖を食い止められていないため、抗真菌薬も併用する必要があります。

肌荒れが酷く皮膚科に受診し、「ステロイド」系のクリームだけが処方され、炎症がおさまってもすぐに再発するような場合は、脂漏性皮膚炎の疑いを診断してもらい、抗真菌薬も処方してもらう必要がある場合があります。

脂漏性皮膚炎に良いクリームとは?

続いて、脂漏性皮膚炎を治すために必要となる良いクリームをご紹介します。

ニゾラ-ルクリーム

ニゾラール」は抗真菌薬として、脂漏性皮膚炎の原因となるマラセチア菌を死滅させ、増殖を抑制します。

マラセチア菌の増殖を食い止めることが脂漏性皮膚炎を治すためには重要です。

二ゾラールクリームは皮膚科で処方してもらうことが出来るため、医師の指導を守り、自己判断で塗布を辞めず最後までしっかりと塗りましょう。

ロコイドクリーム

ステロイド系のクリームで、脂漏性皮膚炎による炎症を鎮めてくれます。

ロコイド」は弱めのステロイドで正しく使用すれば副作用無く安全に使用できます。

ロコイドクリームも皮膚科で処方されるため、医師の指導を守り、途中で塗布を辞めたりせず、しっかりと塗りましょう。

保湿クリーム

脂漏性皮膚炎の炎症が薬で鎮まったら、保湿を始める必要があります。

脂漏性皮膚炎の症状の1つある皮剥けは肌のターンオーバーが正常の周期よりも早く行われてしまっているため、「保湿」をして肌に十分な潤いを与え、ターンオーバーを正常化する必要があるのです。

また、乾燥した肌はバリア機能が低下し、刺戟に弱い肌となっているため、菌の影響を受けやすい状態です。

肌のバリア機能を高め、菌の影響を受けにくい強い肌を作りましょう。

そこで脂漏性皮膚炎のために悪影響を与えずに使用できる選ぶべきクリームは以下のようなクリームとなります。

  • 油分が少ないクリーム
  • 肌に水分が与えられるクリーム
  • 肌に水分を保持できるように天然保湿因子なども共に補給できるクリーム
  • 肌に刺激を与える余計な成分が含まれていないクリーム

更にできれば・・・

  • 肌の常在菌のバランスを整え、マラセチア菌が増殖できなくなる効果のあるクリーム
  • マラセチア菌を死滅させることが出来るクリーム

肌に刺激を与えず使用でき、肌に十分な水分を与え保湿出でき、できれば肌の常在菌の状態をコントロールしマラセチア菌が繁殖できない菌のバランスを保つことが出来るクリームが最高です。

となります。

脂漏性皮膚炎へのクリームとローション使い分けは?

脂漏性皮膚炎に使用すべきクリームには、ほぼ同じ成分で同じ効果を与えるものの、ローションタイプのものもあります。

クリームとローションは、部位によって使い分けましょう。

基本的にクリームは顔や体などに使用し、ローションタイプは頭皮に使用します。

目や口などがあるため、垂れにくく固めのクリームは顔に最適で、髪の毛がありクリームだと上手く塗ることが出来ない頭皮もローションタイプなら塗ることが可能です。

部位ごとに使い分け、正しく使用しましょう。

クリームを塗る時は・・・

脂漏性皮膚炎の肌にクリームを塗る場合、肌に刺激を与えないように塗る事も大切です。

肌に塗り込むように強く擦るように塗ると、摩擦により肌が刺激を受け脂漏性皮膚炎の悪化や再発の原因となります。

肌を擦らず優しく塗りましょう。

まとめ

  • 脂漏性皮膚炎に逆効果となるクリームは、ヒルドイド・尿素配合のクリーム・ワセリン
  • 脂漏性皮膚炎に効果的なクリームは、二ゾラ-ルクリームとロコイドクリーム・肌に水分を与えられるクリーム

脂漏性皮膚炎にとって、油分は敵です。

しかし、乾燥も敵です。

原因となるマラセチア菌を抑制したら、油分を避けながらも乾燥を防ぎ、皮脂の過剰分泌が起こらないようにすることが大切ですね。

他にも、クリームだけではなく、再発を防ぐためには、体の中からも皮脂の過剰分泌を抑制する「食事」や睡眠など心がけると良いですよ。