脂漏性皮膚炎は赤ちゃんにできやすい?その原因とケア方法とは

脂漏性皮膚炎と赤ちゃん1

そのツラい症状に悩まされる人も多い”脂漏性皮膚炎”。

顔がヒリヒリしたり、かゆくなったり、時にはかさぶたになることも。そんな脂漏性皮膚炎ですが、生まれたての赤ちゃんでも患ってしまうことがあるんです!

赤ちゃんの場合、そこまで心配することはありませんが、もし見つけたらケアすることが大切です。

そこで今回は、赤ちゃんにできやすい脂漏性皮膚炎の原因とそのケア方法をご紹介します!

赤ちゃんにだけできる”乳児脂漏性皮膚炎”とは?

頭皮がかゆくなったり、かさぶたができたり。そんな脂漏性皮膚炎の症状ですが、赤ちゃんにも発症することがあるんです。それが、”乳児脂漏性皮膚炎”というもの。

実はこの皮膚炎、多くの赤ちゃんが経験しています。特に、生まれたての赤ちゃんに多く、頭皮や体に”ウロコのようなもの”がついているのが特徴です。

少し赤くなっていたり、ボツボツの発疹のようになっていたり。その形はさまざまです。耳や鼻にできることもありますが、赤ちゃんに害はありません。

乳児脂漏性皮膚炎の原因は?

実際のところ、ハッキリとした原因が分かっていないんです。

ただ、一説によれば、お母さんのホルモンが赤ちゃんに影響を与えて、皮脂が分泌過剰になったのが原因と言われています。

一般的な脂漏性皮膚炎も、皮脂が原因なので、そこは同じみたいですね。それから、”マラセチア菌”というものが原因になっていることもあります。

この菌は、いわゆる「カビ」の一種で、皮膚にいつもくっついている菌です。皮脂が多くなるとマラセチア菌が繁殖し、結果的に脂漏性皮膚炎になることがあります。

脂漏性皮膚炎と赤ちゃん2

できる対策は?

赤ちゃんに害はないものの、見ていると少しかわいそうですよね。

なんとか肌をキレイにしてあげたいですし、少しでも不快感を取り除いてあげたいです。では、実際にどんなケアができるのか、その具体的な方法をご紹介しますね!

お風呂に入ってキレイにする

基本的には、毎日の入浴で顔や頭皮をキレイにしてあげます。赤ちゃんの肌を清潔な状態を保ってあげることが大切です。

赤ちゃん用のシャンプーがあるので、それを使って優しく洗ってあげましょう。

また髪の毛を洗う際、やわらかい毛ブラシを使うのをおすすめします!髪についているホコリやゴミを取り除きます。ホコリなどは、菌を繁殖させてしまうかもしれないので、十分気をつけます。

そうやって優しく洗ってあげれば、自然とかさぶたは剥がれてくるはずです。剥がれたら、その部分も洗い流します

【ぜひこちらの動画を参考にしてみてください!】

ちなみに、赤ちゃん用のおすすめシャンプーはこちらです!

  • 「和光堂 ミルふわ ベビーシャンプー」

こちらは、母乳に含まれる保湿成分をまねて作られたシャンプーです。赤ちゃんの肌にもとてもなじみやすいです。

  • 「DHC ベビーヘアシャンプー」

こちらは植物性の成分が入っている赤ちゃん用シャンプーです。頭皮を守ってくれるオリーブバージンオイルやビタミンEも入っています。

ワセリンを使って頭皮をマッサージ

なかなかかさぶたが剥がれないときは、ワセリンが有効です。ワセリンをつけて頭皮をマッサージしてあげれば、かさぶたが取れやすくなります。

取れた後もしっかりと洗い流してあげましょうね。

お医者さんに相談する

もし心配だったら、病院にいきましょう。プロに聞くのがいちばんです。乳児脂漏性皮膚炎は、基本的には赤ちゃんに害はありませんが、皮膚炎が広がってしまう可能性もあります。

炎症が体にまで広がってしまった、などの場合は、お医者さんに相談するのが良いですね。

赤ちゃんに合ったシャンプーやスキンケア用品、それから乳児脂漏性皮膚炎のお薬などを処方してもらえるはずです。

まとめ

◯赤ちゃんにできる”乳児脂漏性皮膚炎”は心配しなくてOK

◯”マラセチア菌”というカビが原因

◯できる対策

  • 毎日お風呂に入って肌を清潔に保つ
  • ワセリンを使って頭皮をマッサージ
  • お医者さんに相談する

赤ちゃんにできる”乳児脂漏性皮膚炎”についてご紹介しました!

まさか生まれたての赤ちゃんでも炎症が起きてしまうなんて!驚きですよね。でも、大人の脂漏性皮膚炎と違って害はないので安心してください。

もし気になる場合は、お風呂で肌をキレイにしてあげたり、お医者さんに相談してみたりするといいですね。ぜひ、赤ちゃん用のシャンプーも試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA