脂漏性皮膚炎の原因

脂漏性皮膚炎は赤ちゃんにできやすい?その症状や原因!!正しい対処法は?

脂漏性皮膚炎と赤ちゃん1

赤ちゃんの肌に湿疹ができ、皮膚がうろこ状になったり、かさぶたが見られる場合、脂漏性皮膚炎の可能性が高いのです。

生後2、3カ月頃から起こりやすく、乳児湿疹の1つです。

赤ちゃんの脂漏性皮膚炎の症状や原因、正しい対処法をご紹介します。

赤ちゃんの脂漏性皮膚炎の症状は?

赤ちゃんの脂漏性皮膚炎の症状としては、湿疹と共に、皮膚に脂っぽいかさぶたが見られるようになったり、皮膚がうろこ状になり細かく剥がれ落ちたりという症状が見られます。

赤ちゃんの場合は新生児期から脂漏性皮膚炎となることもありますし。生後2、3カ月の頃、又は2歳から4歳頃の子どもに起こりやすい傾向があります。

脂漏性皮膚炎の症状が出やすい部位は

赤ちゃんの脂漏性皮膚炎の出やすい部位は顔です。

まぶたや鼻、耳に起こりやすいです。

他にも頭皮や足の付け根などに発症する事もあります。

赤ちゃんの脂漏性皮膚炎の原因は?

赤ちゃんの脂漏性皮膚炎の原因は2つ挙げられます。

毛穴の皮脂詰まり

赤ちゃんの毛穴はとても小さく詰まりやすいのです。

そこへ更に妊娠中の母親の女性ホルモンの影響を受け、皮脂の分泌量が多く、小さな毛穴に皮脂が詰まり、炎症が起き、脂漏性皮膚炎となってしまうという原因があります。

皮脂によるマラセチア菌の増殖

女性ホルモンの影響により、過剰に分泌されている皮脂をエサとし、皮膚の常在菌の1種であるマラセチア菌というカビ菌が異常繁殖し、皮膚に刺激を与え炎症が起こり脂漏性皮膚炎になるという原因が挙げられます。

赤ちゃんの脂漏性皮膚炎を治す正しい対処法

赤ちゃんの顔などに脂漏性皮膚炎の症状が見られた場合、正し対処法を行うことが大切です。

正しく対処していると、大人の脂漏性皮膚炎とは異なり、大体2,3カ月程度又は1歳ころまでには自然と完治することがほとんどです。

しかし、脂漏性皮膚炎が引き起こる原因が皮脂の詰まりではなく、皮脂によるマラセチア菌の増殖である場合は、適切な治療が必要となる場合もあるのです。

皮膚の清潔を保つ

赤ちゃん用ボディーソープで皮膚を洗浄し、清潔を保つことが大切です。

ボディーソープや石鹸を良く泡立て、手のひらで優しく洗います

流し残しに注意し、しっかりと流しましょう。

頭皮もしっかりと洗う必要があります。

しかし、強く擦らず指の腹で優しく洗いましょう。

耳の裏や後頭部、首の後ろの洗い流しに注意し丁寧に洗い流しましょう。

顔も不要な皮脂を洗い流し清潔を保つことが大切です。

顔に水がかかることが心配になるかもしれませんが、赤ちゃんはお腹の中で羊水の中で過ごしていたので、少し洗うときに水がかかっても平気です。

顔の肌も清潔に保ちましょう。

黄色く分厚いかさぶたが出来たときは?

脂漏性皮膚炎の症状として皮膚の剥がれおちやかさぶたが出来ます。

しかし、このかさぶたの黄色っぽさが強かったり、患部から出てくる汁が黄色っぽい時は、そこに菌が増殖してしまっているため、とびひなどに発展する可能性があります。

小児科に受診し抗生物質の内服薬か外用薬を処方してもらい、菌の増殖を食い止めましょう。

かさぶたや皮膚は剥がすべき?

脂漏性皮膚炎により皮膚が剥がれて来ていたり、かさぶたが出来たときは、無理に剥がさないでください。

無理に剥がすことで、そこから菌が侵入し症状が悪化したり、皮膚に傷がつき悪化してしまいます。

入浴時に洗っていて、自然と剥がれてくるものだけを洗い流し、擦って剥がそうとしたり、普段も剥がしたりせず剥がれてくるのを待ちましょう

保湿ケア

脂漏性皮膚炎で肌がベタベタしていても、保湿ケアは必要です。

但し保湿ケアに使用する保湿剤の選び方には注意してください。

脂漏性皮膚炎が起こっている肌は油分は十分あります。一見乾燥していないように見えますが、皮膚自体は乾燥しています。

皮膚に足りていないのは水分です。乾燥すると補おうと皮脂がより過剰に分泌し、脂漏性皮膚炎は悪化します。

足りていない水分を肌に与え、乾燥を防ぐケアが必要です。

保湿ケアにワセリンや油分の多い保湿剤を使用しても、乾燥している上に皮脂と同じく油分を塗りカバーするだけとなり、意味がありません。

保湿をして肌に潤いを与え、肌のバリア機能を高め、脂漏性皮膚炎を治すために、肌に十分に水分が浸透する保湿クリームやローションを使用しましょう。

頭皮」に脂漏性皮膚炎が起こった場合も、体や顔と同じく保湿ケアが必要です。

湿度に注意

冬の寒い時期は湿度が低下しがちなので、約50%ほどに保ち、肌の乾燥を防ぐ必要があります。

一方で湿度が高くなりがちな夏の時期などは、逆に除湿などを行い、湿度を少し下げてあげたほうが、赤ちゃんの脂漏性皮膚炎には良いです。

湿度が高すぎると「カビ」菌は繁殖しやすくなってしまうので注意しましょう。

母乳の質に注意

母乳を与えている場合、母親の食事に気を付けましょう。

母乳は母親が摂取した糖類や油分や直結し、赤ちゃんが摂取します。

糖類や油分を過剰に摂取している母乳は黄色っぽくドロッとしています。

この母乳を飲むと、赤ちゃんは糖類や脂質の過剰摂取となってしまいますよね。

糖類や脂質は皮脂の分泌量を助長し、皮脂の過剰分泌となり脂漏性皮膚炎悪化や再発の原因となります。

糖類や脂質を抑えた食事を摂ると、母乳は透明がかった薄く白いサラッとした質の良い母乳となります。

赤ちゃんの皮脂の過剰分泌が起こらないように、質の高い母乳を目指し与えましょう

赤ちゃんの爪の攻撃力を落とす

脂漏性皮膚炎となり、患部が気になったり、赤ちゃんが悪気なく患部に触れ、爪で患部が傷ついてしまうことがあります。

すると傷口から菌が侵入し、症状が悪化してしまうことがあるため、爪が触れても肌に傷がつかないように、短く丸くカットし、爪の攻撃力を無くしておきましょう。

赤ちゃんの脂漏性皮膚炎、病院へ行く目安は?

赤ちゃんの脂漏性皮膚炎は、対処を行っていてもなかなか症状が良くならない、患部がどんどん膿んでくる、掻いてしまい悪化するというような場合は、受診をおすすめします。

脂漏性皮膚炎から他の感染症が起こった可能性や、増殖したカビ菌を対処法だけでは食い止められていないことが考えられます。

そのまま放置していると、脂漏性皮膚炎の原因となる菌の他にも菌の増殖が起こり、とびひやアトピー性皮膚炎などが引き起こる可能性があります。

また、脂漏性皮膚炎だと思っていた症状が実は「アレルギー」によるものだったという事もあります。

受診し、抗生物質での菌の死滅や増殖を抑制したり、炎症を食い止める薬をしたりという治療が必要となります。

一度薬で症状を食い止めてから、正しい対処法を続けることで、再発することなく綺麗に治ります。

状態が酷い場合は一度受診し薬の治療を受けましょう。

まとめ

  • 赤ちゃんは脂漏性皮膚炎になりやすい
  • 毛穴に皮脂が詰まる、皮脂が原因でマラセチア菌が増えるなどという原因で発症する
  • 清潔・保湿・かさぶたを剥がさない
  • 質の高い母乳を与える
  • 湿度を保つ、爪を切る
  • かさぶたが黄色い場合、症状が酷く治まらない場合は受診を

赤ちゃんは脂漏性皮膚炎になりやすいものの、正しい対処を行っていれば、自然と治ることがほとんどです。

しかし、菌の増殖による感染などが起こっていると、そこから酷く悪化してしまうことがありなかなか治りません。

ジュクジュクしていたりなかなか治らない場合は、病院に受診し薬での治療を受けてから正しい対処法を続けましょう。