脂漏性皮膚炎・頭皮の症状や対策

脂漏性皮膚炎の脱毛は治る?!育毛剤は逆効果!正しいケアを

脂漏性皮膚炎と脱毛1

脂漏性皮膚炎の影響で脱毛が起こってしまうことがあります。

抜け毛は外出するときも、物凄く気になってしまう嫌な影響ですね。

しかし、脂漏性皮膚炎による脱毛は、正しいケアで改善し、元も戻すことが出来ます。

脂漏性皮膚炎により脱毛が起こってしまった場合の正しいケア方法をご紹介します。

脂漏性脱毛症?!原因は?

脂漏性皮膚炎により引き起こる脱毛は脂漏性脱毛症や粃糠性(ひこうせい)脱毛症と呼ばれます。

脂漏は皮脂の分泌量が多い状態、粃糠は皮膚の表面の角質が増殖し、糠のように剥がれ落ちてしまう症状を指します。

意味の通り、皮脂の過剰分泌により脱毛が起きる。

皮膚の角質が剥がれ落ち、脱毛が起こるのです。

AGAとは異なる!育毛剤は逆効果?

脂漏性皮膚炎による脱毛の場合、AGAとはことなります。

AGAの場合は頭頂部や側頭部から脱毛が始まり、次第に範囲が広がっていきます。

一方脂漏性皮膚炎による脱毛の場合は、炎症が起きた部分だけが脱毛します。

また、AGAの場合は、髪の毛が途中で細くなってしまうような症状も見られますが、脂漏性皮膚炎による脱毛の場合は、ありません。

AGAの脱毛に対しては、育毛剤が効果を発揮し、脱毛を改善してくれることがありますが、脂漏性皮膚炎に対しての育毛剤は逆効果となります。

脂漏性皮膚炎の場合、炎症を再発さればさせるほど脱毛が酷くなってしまいます。

また肌の状態は炎症によりとても弱く敏感です。

そこに育毛剤を使用してしまうことで、育毛剤が刺激となり、炎症を再発させ、脱毛を悪化させてしまう事に繋がるのです

脂漏性皮膚炎にも使用できるという育毛剤を正しく選ぶことが出来れば、脱毛を防ぐ効果を得られる事もありますが、安易に脱毛剤を使用するのはおすすめしません。

脂漏性皮膚炎による脱毛を改善するための方法は?

脂漏性皮膚炎による脱毛を改善する方法をご紹介します。

正しくしっかりと続けることで、脱毛部は改善されます。

赤ちゃんの場合は自然と改善されることが多く、成人の場合は改善まで時間がかかりますが、もう生えてこない!という事はありません。諦めずにケアしましょう。

まずは炎症を抑え再発を防ぐ

まずは脂漏性皮膚炎の炎症をしっかりと食い止め、再発を防ぐことが大切です。

脂漏性皮膚炎の炎症に対して、原因菌となるマラセチア菌を死滅させるための抗真菌薬や炎症を鎮めるためのステロイドが処方されます。

医師の指導を守り正しく使用すれば、副作用無く炎症を抑えることができます。

自己判断により途中で治療を止めてしまうと、炎症の再発を促してしまう事になるので注意しましょう。

脂漏性脱毛症を改善する食事

脂漏性皮膚炎が再発すればするほど脱毛が進みます。

脂漏性皮膚炎を防ぐためにも、健康的な頭皮を保ち脱毛を防ぐためには、頭皮の皮脂の過剰分泌を防ぎ、マラセチア菌の増殖を防ぐ必要があります。

食事の際、油分が多い食事や糖質の多い食事を摂取していると、皮脂の分泌量が増え、炎症が再発してしまいます。

油分や糖質の多い食事を避け、野菜や魚や適度な肉類をバランス良く摂取しましょう

また、皮脂量を抑えたり皮脂量をコントロールする効果のあるビタミン類を積極的に摂取しましょう。

他にも、アルコールや辛い食べ物などは、脂漏性皮膚炎再発の原因、脱毛を加速させる原因となります。出来る限り避けましょう。

脱毛を改善するための洗髪

脱毛を改善するためには、正しい洗髪が大切です。

頭皮に刺激を与えず、頭皮を乾燥させずに清潔を保つことが大切です。

まずは脂漏性皮膚炎に使用すべき「シャンプー」を正しく選びます。

頭皮は爪を立てずに指の腹を使い、優しく洗います。

洗い残しがないように丁寧に洗い流します。

脱毛を改善するための保湿ケアを

脱毛を改善するためには「頭皮」を乾燥させないことが大切です。

頭皮を乾燥させないためには、保湿ケアが必要です。

髪の毛があってもローションであればべたつくことなく頭皮をしっかりと保湿できます。

油分が多いものではなく、頭皮に水分と潤いをしっかりと与えられるものをえらびましょう。

適度な運動で新たな髪の毛を

適度な運動を行うことで、血流の流れがよくなり、新陳代謝も高まり、毛の生え代わりが促されます。

脱毛が起こってしまった部分の毛がしっかりと生えてくるように適度な「運動」を取りいれましょう。

十分な睡眠を

十分に質の高い睡眠をとることで、成長ホルモンが分泌され、髪の毛が生えてくるように促してくれます。

質の高い睡眠を毎日しっかりととりましょう。

ストレスを溜めない

脱毛によるストレスや脂漏性皮膚炎のかゆみによるストレス、日常生活の中で付きまとうストレスが脱毛をより加速させてしまう原因となります。

ストレスを溜めこまず発散する、「ストレス」の原因となることを出来るだけ避けるようにしながら、ストレスを溜めこまないようにしましょう。

まとめ

  • 脂漏性皮膚炎の脱毛は皮脂の過剰分泌による炎症、角質の剥がれ落ちにより起こる
  • 脂漏性皮膚炎の脱毛は治すことができる
  • 炎症が起こった患部に脱毛が起こる
  • 育毛剤は刺戟となり逆効果となる
  • 脱毛改善のために炎症の再発を防ぐ
  • 皮脂の過剰分泌を避け新しい毛の生え代わりを促す生活を

脂漏性皮膚炎による脱毛は、正しいケアで治すことができます。

生え代わるまでしっかりとケアを続け再発を防ぎ、新しい毛が生えてくるのを待ちましょう。