脂漏性皮膚炎の肌の炎症、万能薬ワセリンは果たして効果があるのか?!

スポンサーリンク

私は顔に赤みが酷く広がり、細かい湿疹も出来、肌荒れが酷いなと思って清潔を保つようにしていたものの、皮膚がボロボロと捲れ落ち、酷い状態となってしまっていました。

また、頭皮の頭皮にも痒みを感じ、掻いてしまうと皮膚がボロボロと細かく剥がれ、フケのようになっていて最悪でした。

異常な事態に皮膚科に受診してみたところ、脂漏性皮膚炎と診断され、その後しばらくの間私は脂漏性皮膚炎に振り回されることになりました。

脂漏性皮膚炎になった私は皮膚科でステロイドとワセリンを処方されました。

炎症は薬を塗始めたところ治まりました。そしてワセリンを塗り続けることで再発しにくいということを聞いていました。

ところがワセリンを塗っているのにも関わらず、脂漏性皮膚炎はしばらくすると再発してしまいます。

ステロイドを塗ると治まる、ワセリンを塗っていても再発するという連鎖に見舞われ、四苦八苦していました。

そこでセカンドオピニオンという言葉もあるように、医師の診断や処方に疑いを持つということも大切な事であると思い、本当に脂漏性皮膚炎にステロイドとワセリンは効くのかということを調べてみることにしたのです。

脂漏性皮膚炎にステロイドとワセリンはどんな効果をもたらす?!

脂漏性皮膚炎とワセリン2

脂漏性皮膚炎とは

健康な肌には常在菌という菌があり、その菌たちは肌を菌の力で守ってくれています。

ところが生活習慣の乱れや体調の変化などにより、皮脂の分泌量が増加してしまうと、その皮脂をエサするマラセチア菌という常在菌の中でも悪玉菌と分類される菌が増殖してしまいます。

マラセチア菌は肌に炎症を引き起こし、それが脂漏性皮膚炎です。

症状としては、肌の湿疹・かゆみ・皮膚が剥がれるが挙げられます。

脂漏性皮膚炎への治療

脂漏性皮膚炎に必要な治療としては、まずマラセチア菌によって起きてしまった炎症を止めなければいけません。

炎症を鎮めるためにステロイドが処方されます。

続いて乾燥によるかゆみをとめたり、皮膚の剥がれ落ちを 治すためにも、肌の状態を回復させるためにもという意図でワセリンが処方されます。

また、自分で行うべきこととして、清潔を保つということと、食事についてを指導されました。

肌に増殖してしまった菌を減少させるためには増殖してしまった菌をしっかりと洗い流す必要があります。

そのために肌を常に清潔に保つ必要があります。

続いて食事ですが、皮脂の分泌量が増えてしまうとマラセチア菌が増殖し続けてしまい、治療にならない為、皮脂の分泌を促す食材、糖質類・油分の多い食事・アルコールは避ける必要がありました。

代わりにビタミンBを摂取すると皮脂量のコントロールをしてくれるということで、ビタミンBを含む食材を積極的に摂取しました。

抗真菌薬は処方されない?

皮膚科によっては抗真菌薬が処方されます。

肌に増えてしまったマラセチア菌を殺菌する為です。

しかし、私が受診した皮膚科では抗真菌薬は処方されませんでした。

尋ねてみると抗真菌薬を塗ってしまうと、肌を守るための菌までもを殺菌してしまい、肌が弱った状態となり、外部刺激に弱い肌になってしまうということで、抗真菌薬は処方していないとの答えでした。

再発する脂漏性皮膚炎はどうしたらいいの?

脂漏性皮膚炎とワセリン3

皮膚科の指示通り薬を塗り清潔を心がけ、食事も制限しているのにも関わらず、何度も何度も脂漏性皮膚炎は再発してしまいます。

薬で肌の状態が良くなると気分も落ち着くのですが、症状が再発すると気分まで滅入り引きこもりがちになってしまうほどでした。

そこで私は皮膚科の薬を疑います。

もしかしたらこの薬を塗っていてもいつまで経っても治らないのではないかと・・・。

ワセリンでは脂漏性皮膚炎は治らない。

ステロイドで肌の炎症は治まります。しかし、そのあとが問題です

ワセリンを塗っていても再発を防ぐことが出来ないのです。

これは私が実感しただけではなく、調べてみたところ事実だったのです。

ワセリンは保湿効果を目的として処方されるものの、ワセリンの主成分である油分で肌に油でカバーをして、水分の蒸発を防ぐことで保湿を防ぐというものです。

ところが肌が乾燥した状態でワセリンを塗ったところで、肌は乾燥したままで水分は与えられていないので乾燥したままです。

この状態をインナードライと言います。

このインナードライのせいで脂漏性皮膚炎が悪化してしまったり、再発してしまいます。

インナードライがもたらす脂漏性皮膚炎の悪化と再発

  • 患部に熱が・・・

まず1つ目は炎症が起きていて乾燥が起きている患部にワセリンを塗ってしまうと、炎症で熱を帯びているところに蓋をしてしまっているため、熱がワセリンと肌の間はムレてしまい、痒みが起きてしまいます。

痒みが起きれば無意識に掻いてしまったり、炎症は瞬く間に酷くなり、脂漏性皮膚炎の悪化・再発という道をたどることとなります。

  • 肌は乾燥中・・・

肌に炎症が起こると肌の水分と油分はゼロになってしまいます。

そこにワセリンという名の油分で蓋をしたところで、肌自体は乾燥したままです。

肌は乾燥を防ごうと、皮脂を過剰に分泌します。

スポンサーリンク

皮脂は体内から分泌されるものの、水分は分泌されず、乾燥→皮脂の過剰分泌というサイクルを繰り返し、そのたびに皮脂をエサとしたマラセチア菌が増殖してしまい、脂漏性皮膚炎はいつまで経っても改善しません。

脂漏性皮膚炎を治すためには?!

脂漏性皮膚炎とワセリン4

脂漏性皮膚炎を治すためには、炎症が起きてしまった部分のマラセチア菌を無くす→肌に水分を与え保湿する必要があります。

しかし、マラセチア菌だけを殺菌するために殺菌効果のあるものを使っても、他の菌も無くなってしまい、肌はどんどん弱くなってしまいます。

もうどうすることもないんだ・・・。治らないんだと思った私はすべてを調べ終わり絶望していました。

これからもずっとステロイドで炎症を抑え、ファンデーションで肌を続け、頭皮は帽子で隠して生きていく、他人と親密な関係になり、自分をさらけ出してしまえば肌の異常にも頭皮の異常にも気づかれてしまう。

一人で隠し続けて生きなければいけないと思うと、私は無気力になり、毎日毎日部屋に引きこもり一人で過ごすようになってしまいました。

私が出会った脂漏性皮膚炎の神・・・?!

脂漏性皮膚炎と食事4

私は何気なくずっとテレビだけはつけていました。

特に見るわけでもなく、ただただ静けさを紛らわすために付けていたのです。

するとテレビから「脂漏性皮膚炎に効果的」というワードが聞こえて、私は目を向けてみたのです。

そこには整菌スキンケアという商品が映されていました。

その商品で肌のトラブルが治ったという綺麗な肌の人たちも映っています。

自分のように肌のトラブルに悩んだとは思えないほど生き生きした姿です。

その人たちは皆、整菌スキンケアを使ったことで、綺麗な肌を取り戻したと言います。

私は何にも興味を示さずになんとなく過ごしていた中で、久しぶりにものすごく気になるものを見つけ、すぐに整菌スキンケアについて調べてみることにしました。

整菌スキンケアが脂漏性皮膚炎を治す?

脂漏性皮膚炎とニゾラール2

整菌スキンケアというものには全身に使用できるボディーソープ・ボディーミルク・ボディーローションがありました。

このボディーソープで肌を洗うと善玉菌が育まれ、ローション、ミルクを塗ることで、善玉菌が育てられ守られていくというものでした。

善玉菌を育てたところで意味はあるの?!と思いました。

すると、善玉菌を増やし正常に働いてくれることで、マラセチア菌を含む悪玉菌が増殖したり、肌に悪さを与える動きを抑止してくれるというのです。

善玉菌は殺さずに、悪玉菌だけを抑制するということは脂漏性皮膚炎の治療の理に適っています。

またボディーソープでもローションでもミルクでも肌を十分に保湿してくれるため、乾燥も改善でき、医薬品も肌に刺激を与える成分も一切含まれず赤ちゃんからでも使用できるというのです。

私はこれこそ脂漏性皮膚炎を治すために最適なものなのではないかと思い、藁を掴むような思いで最後の賭けに出てみることにしました。

整菌スキンケアと出会った私の脂漏性皮膚炎は・・・?

希望

私は整菌スキンケアを使用してみることにしました。

炎症はステロイドで抑えてから、使い始めてみましたが、沁みたり痒みが起きたりということは無く使用することが出来ました。

それから毎日洗う、塗るということを続けて過ごしていると、皮膚は徐々に剥がれ落ちていってしまいました。

悪化したのかなと思いながらも、痒みや痛みはまるでなく、そのまま使用し続けてみました。

皮膚が全て剥がれ落ちると、そこにはかなり綺麗な肌が出来ていたのです。

その後も使用を続け、再発するかなと思いながら過ごしていましたが、再発する様子も見られず、皮膚が剥け落ちた後の綺麗な肌を維持することができました。

私は一生脂漏性皮膚炎と付き合って生きていかなければいけないのだと一時はすべてを諦めかけていましたが、整菌スキンケアによって脂漏性皮膚炎という言葉を忘れてしまいそうなほど健康的な肌を取り戻すことが出来たのです。

今の私は整菌スキンケアと出会ったきっかけとなったテレビに映っていた人たちのように、脂漏性皮膚炎で悩んでいたと話しても信じられないと思います。

赤みもなくきめ細やかな満足のいく肌を保つことが出来て、本当に良かったです。

整菌スキンケアの公式サイトはこちら
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA