脂漏性皮膚炎の原因

脂漏性皮膚炎の原因はカビ!カビの繁殖を食い止め繁殖を防ごう!

カビだらけの部屋

脂漏性皮膚炎の原因は肌にカビが繁殖してしまう事により引き起こります。

そこで肌や頭皮にカビが繁殖しないための方法をご紹介します。

日々の生活の中でカビを繁殖させないための対策が脂漏性皮膚炎を悪化、再発させないために大切です。

脂漏性皮膚炎のカビへの対策は?

脂漏性皮膚炎の原因は肌の常在菌として存在する真菌(カビ)の一種マラセチア菌の増殖により引き起こります。

増殖したカビをセルフケアで死滅させ、増殖を食い止めようとしても、なかなか難しく、より増殖し症状が悪化してしまう原因となります。

そこでまずは増殖しすぎてしまったカビを薬の力を借りて死滅させ、食い止めましょう。

カビなので、細菌に効く抗生物質では効きません。

抗真菌薬を処方してもらい死滅させ、増殖を食い止めましょう。

脂漏性皮膚炎のカビの繁殖を防ぐ必要がある!

脂漏性皮膚炎を引き起こすカビ菌は、薬で一度死滅さえ、増殖を食い止めても、薬の使用を辞めると、増殖し、脂漏性皮膚炎の炎症が再発してしまいます。

肌のカビ(マラセチア菌)は皮脂をエサとし増殖してしまいます。

皮脂の過剰な分泌量を正常化させなければ、カビは繁殖を始め、脂漏性皮膚炎が再発するのです。

しかし、皮膚科の抗真菌薬を使い続け、増殖を食い止め続けることはできません。

耐性菌というものが出来てしまい、抗真菌薬が効かなくなるため、皮膚科の医師の指導の下、決まった期間のみの使用となります。

皮脂の過剰分泌を改善し、マラセチア菌の増殖を防ぐためには、普段の生活の中で正しいケア、気を付けるべきことがあります。

カビの増殖を防ぐためのケア方法

脂漏性皮膚炎を防ぐために、カビの増殖を防ぐために、日々の生活の中で行うべきことをご紹介します。

清潔に

とにかく肌を清潔にすることはとても大切です。

カビを増やさないためには、カビに増殖の手助けをしてしまうものを排除しなければいけません。

皮脂や汗や汚れ等を毎日しっかりと入浴し、洗浄しましょう。

但し、洗い方には注意が必要です。

綺麗にしなければいけませんが、強くゴシゴシと洗う必要がありません。

洗浄剤を十分に泡立てて手の平や指の腹を使って優しく洗うだけで、清潔になります。

また洗浄剤の洗い残しにも注意しましょう。

食事内容

油っぽい「食事」や甘い物は、皮脂の分泌量を増加させてしまいます。

出来るだけ脂質や糖質は避けましょう。

一方で皮脂の分泌量をコントロールしてくれたり、肌の生まれ変わりを正常にして綺麗な肌を取り戻すためには、ビタミンB2、ビタミンB6が必要です

毎日積極的に食事に取り入れましょう。

髪の毛を乾かす

洗髪後、髪の毛をドライヤーで乾かさずに、自然乾燥してしまうことで、頭皮はカビが繁殖しやすい高温多湿状態になります。

しっかりとドライヤーを使用し、髪を乾かしましょう。

メイク道具の清潔

メイク」に使用するパフやブラシやスポンジ等々、毎日肌の皮脂や汚れ、化粧品の成分が付着し、放置され、雑菌の温床となっています。

メイク道具は毎日洗うか3日に1回、1週間に1回は最低限洗ってしっかりと乾かしてから使用する、使い捨てのものを使用し、清潔な状態でメイクをしましょう。

寝具の清潔

寝具はカビやダニの温床となりやすい場所です。

寝具には毎晩コップ一杯分の汗をかいていたり、ホコリや皮脂や汗などがたくさん吸収されています。

1週間に1回は洗濯したり、天日干しを行い、清潔を保ちましょう。

生活習慣

生活習慣の乱れや睡眠不足は、自律神経の乱れを起こし、ホルモンバランスを崩し、皮脂の分泌量を増加させ、カビの繁殖を助長してしまいます。

規則正しい生活習慣、質の高い十分な睡眠をとり、ホルモンバランス、自律神経を整えましょう。

まとめ

  • 脂漏性皮膚炎の原因はカビ
  • カビは薬で死滅させ、増殖を食い止める
  • カビを増殖させないために、普段の生活の中で心がけて脂漏性皮膚炎を予防する

カビが原因の脂漏性皮膚炎は、薬の力を借りて、いち早く炎症を食い止めることをおすすめします。

しかし、その後安心せず、カビが繁殖できない肌環境を作りましょう。