脂漏性皮膚炎の化粧・スキンケア

脂漏性皮膚炎に優しい化粧品!選び方と正しい使用方法

脂漏性皮膚炎と化粧品

脂漏性皮膚炎の場合、出来ればメイクをせず過ごしたほうが肌に負担がかからず良いです。

しかし、どうしてもメイクをしなければいけない時、化粧品を正しく選び、正しく化粧する必要があります。

メイクをした方が汚く見える、すぐに崩れる、メイクをすると脂漏性皮膚炎が悪化するなどの悩みを解決しましょう。

脂漏性皮膚炎におすすめの化粧品の選び方、化粧品の使い方をすべてご紹介します。

脂漏性皮膚炎のための化粧品!気を付けるべきこと

脂漏性皮膚炎を悪化させず、綺麗にメイクするための化粧品を選ぶ時、全てのアイテムに置いて気を付けるべきことがあります。

それぞれのアイテムのより気を付けて選んだ方が良いポイントを細かくご紹介していきますが、まずは基本として、以下の事に注意して化粧品を選びましょう。

脂漏性皮膚炎に刺激を与えないものを

脂漏性皮膚炎の炎症が起きている肌、起きた後の肌は、バリア機能が低下しているため、化粧品に含まれる成分によっては、強い刺激を受け、炎症を起こしてしまいます。

低刺激で肌に刺激を与えない物を選びましょう。

  • 合成着色料
  • 合成香料
  • 紫外線吸収剤
  • 鉱物油
  • 石油系界面活性剤
  • パラベン

などは、肌への刺激となり、脂漏性皮膚炎悪化の原因となってしまいます。

これらの成分が含まれているものは、出来る限り避けましょう。

保湿成分配合のものを

脂漏性皮膚炎にとって、乾燥は皮脂の過剰分泌を助長し、悪化の原因となります。

そこで化粧品にも肌の潤いを保つために必要な美容保湿成分が含まれているものがおすすめです。

  • セラミド
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸 オイル系の保湿成分は含まれていないほうが良いです。
  • ただし、脂漏性皮膚炎にとって油分は大敵です。
  • など

脂漏性皮膚炎は擦らない!

化粧品を使用する際、肌を擦るように塗ったり伸ばしたりすると、肌への刺激となり、悪化の原因となります。

そこで化粧品を肌に乗せる時は、強く擦らず優しく載せる、強く叩かず優しく叩く、肌を優しく扱いメイクをしましょう。

脂漏性皮膚炎を悪化させないために・・・化粧品使用前にすべきこと

脂漏性皮膚炎を悪化させないためには、化粧品を使用する前にすべきことがあります。

それは、洗顔と正しいスキンケアです。

脂漏性皮膚炎の皮脂の過剰分泌を防ぐためにも、肌を清潔にしてから、化粧品の刺激を出来るだけ受けないためにも、しっかりと保湿ケアを行ってからメイクを行いましょう。

洗顔を行ったのち、正しく選んだ化粧水や乳液を使用し、十分に保湿してから行うことが大切です。

脂漏性皮膚炎にオススメの化粧品!下地は必要?選び方は?

まずは肌を綺麗に見せるための下地の選び方です。

下地をしっかりと塗ることが、脂漏性皮膚炎の肌を綺麗に見せ、崩れにくくするために、とても大切です。

下地の選び方

脂漏性皮膚炎の場合、皮脂の分泌量が多いため、オイルが含まれている下地を使用すると、脂漏性皮膚炎の悪化、見た目もベタベタしたり、崩れやすくなったりと肌に合いません。

そこで選ぶべき下地は、オイルフリータイプのものがおすすめです。

使い心地も快適で、見た目も綺麗に仕上がります。

下地の塗り方

パール1粒分程度の下地を手の甲にとり、おでこの中心、鼻の頭、顎、両頬に少しずつポンポンと載せます。

少しずつ置いた部分から、外側に向かって伸ばしていきます。

この時、擦りながら伸ばすと、肌への刺激となり、悪化の原因となってしまうため、指を細かくポンポンポンポンと優しく叩くようにしながら、外側へと伸ばしていきましょう。

全体に伸ばしたら、手のひらを使い、顔を覆うように置き、優しく抑えるようにすることで、より下地が馴染み、綺麗に崩れにくいメイクになります。

脂漏性皮膚におすすめ!ファンデーションの選び方は?

下地の次はファンデーションですね。

ファンデーションは、リキッド・クリーム・ジェル・パウダーと様々な形状のタイプがあります。

ファンデーションの選び方

この中で脂漏性皮膚炎におすすめのタイプは、パウダータイプです。

リキッドタイプやクリームタイプの方が、崩れにくい傾向があります。

しかし、避けるべき成分が含まれている事も多く、なにより、化粧を落とすクレンジングの際に肌に負担がかかってしまうのです。

脂漏性皮膚炎を悪化させないためには。擦らずに化粧品を使用することが大切ですが、クレンジングの際も出来るだけ擦らないことが大切です。

そこで肌に負担を掛けずにメイクができ、落としやすいパウダータイプのファンデーションがおすすめです。

ファンデーションの塗り方

ファンデーション」の塗り方としては、パウダーをスポンジやパフにとり、おでこや鼻など顔の中心部分から外側に向かって塗り広げていきます。

優しく細かくポンポンと移動させながら、中心から外側に乗せていきましょう。

中心から外側へと塗り広げることで自然で綺麗な仕上がりになります。

逆方向に塗らないように気を付けてくださいね。

その他脂漏性皮膚炎のための化粧品の選び方は?

脂漏性皮膚炎の場合、出来るだけメイクをしないほうが肌に負担を掛けず良いので、ファンデーションを終え、リップクリームを塗って終わりというメイクもおすすめです。

肌が綺麗に見えるだけで、かなり印象は変わります。

メイク」を落とす時に、出来るだけ負担を掛けないためにも、薄化粧がオススメです。

しかし、その他眉毛、アイメイク、口紅、チークを行いたい場合は、全て落としやすいものを選ぶことが大切です。

擦らずに優しいクレンジングで落とせるように、ウォータープルーフ等の落ちにくいタイプのものを避け、お湯でオフできるようなものを選ぶと良いです。

また、脂漏性皮膚炎はおでこや鼻を中心に炎症が酷くなるため、逆にアイメイクをせず、口紅に濃い目の色を入れることで、目線がおでこや鼻よりも、口元に行きやすくなり、自分の炎症を目立たせない工夫にもなるのでおすすめです。

まとめ

  • 脂漏性皮膚炎を悪化させない化粧品を選ぶ時は、成分と塗り方に気を付ける
  • 下地はオイルフリーのタイプがおすすめ
  • ファンデーションはパウダータイプがおすすめ
  • その他メイクは出来るだけ控えめに
  • 落としやすい化粧品を選ぶ

脂漏性皮膚炎を悪化させないためには、化粧品を使った後の「クレンジング」がとても大切です。

化粧品の成分を残さず、綺麗に肌に負担をかけず、落とすためのクレンジング方法もしっかりと身に付け、メイクを楽しみましょう。