脂漏性皮膚炎の知識

脂漏性皮膚炎が背中にでたら、まずは服から見直して!

私は、背中がなんだか痒いなと思いながらも自分に見えない場所ということもあり、特に気にしないようにして過ごしていました。

しかし、徐々に痒みはどんどん増していき、背中をかけないような場面であっても掻かずしてはいられない、寝る時も背中を付けて寝たくないと感じるほどになっていました。

この時点で自分でしっかりと確認せず、皮膚科に受診しなかった私は大馬鹿ものでした。

ところがあるとき、更衣室で着替えている私の背中を見た同僚が、「背中ニキビやばいよ!!しっかり洗ってる?!病院行ったほうがいいよ!!」と恐ろしいものでも見るかのような顔で私に伝えてきたのです。

その時初めて私は合わせ鏡で背中の様子を確認しました。

全身の様子は良く見えなかったものの、明らかに異常でした。

湿疹、赤みが酷く、直視したくないほどの状態となっていたのです。

自分の肌だとは信じたくない、信じられない光景でした。

すぐに皮膚科に受診すると脂漏性皮膚炎と診断され、ステロイドと抗真菌薬というものを処方されました。

薬を塗るとかなり早い時点で痒みは治まり、鏡で見てみても酷く赤みが帯びているという状態は改善されました。

しかし、そんな簡単に治る脂漏性皮膚炎ではありませんでした。

脂漏性皮膚炎になったら服を見直すべき?

脂漏性皮膚炎と背中2

一度はかゆみが治まったのにも関わらず、薬を塗らなくなり数日、すぐに脂漏性皮膚炎は炎症を起こしてきました。

私はすぐに皮膚科に受診します。

すると、その日私がセーターで受診したことがきっかけとなったのか、医師が親切で教えてくれたのか定かではありませんが、服を見直すと良いということを知ったのです。

化学繊維は天然素材のものに

私は普段から安くてかわいい化学繊維の服はよく着ていました。

ところが化学繊維は肌への刺激となり、炎症が悪化したり、痒みが酷くなる原因となるため、肌に優しい天然素材のものに変えたほうが良いです。

汗吸収速乾はNG?!

天然素材のものを除き、汗を吸収速乾してくれるという素材のものや、汗を吸収することで熱を発し温かく着れるというような服は、肌が乾燥しやすくなります。

乾燥すると脂漏性皮膚炎を引き起こすマラセチア菌を増殖させてしまう皮脂が乾燥を防ごうとして過剰に分泌し、炎症を引き起こす要因となってしまうため、避けたほうが良いです。

もちろん私も天然素材のもののほうが肌に優しいということは理解できていたのですが、やはりデザイン的には化学繊維のもののほうが好きで、値段的にも化学繊維のもののほうが手に入れやすかったのです。

最初は着るもの全てを天然素材にするということに抵抗がありましたが、医師が勧めるということはかなり脂漏性皮膚炎の完治に関係するのだろうなと思い、我慢しながらも着るもの全てを天然素材に変えました。

私は再度皮膚科に受診しました。

服の素材を見直した私・・・

脂漏性皮膚炎と背中3

服の素材は見直しましたが、薬を塗らないと炎症が引き起こるという状態に変わりはありませんでした。

しかし、私はその後も天然素材を着続けましたし、医師に文句を言うということもありませんでした。

それは、天然素材に変えてから、痒みは軽減したのです。

炎症は起こってしまうものの、炎症が起きた時の痒みが化学繊維の服と天然素材に変えてからでは断然違いました。

痒みが少し軽減するだけでも、少し気分は優れましたが、やはり薬なしで脂漏性皮膚炎が再発しない肌を取り戻すということは諦められないことです。

そして服の素材を気にせず着たいという気持ちもありました。いつもよく見ていた雑誌を見て、可愛い!!と思っても、化学繊維が使われているため、着れないのです。

見るだけで我慢しなければいけない、我慢しなければ痒みに襲われるのは自分。

どこにぶつけたらよいかわからない感情でいっぱいになり、背中の皮膚を剥ぎ取りたいとまで思ったほどです。

そんな時、いつもと変わらずいつか好きな服を着れると気を夢見て、雑誌を見ていると、あるものが目に飛び込んできたのです。

これが私が今後救われることとなるアイテムとの出会いでした。

私が出会った手放せない○○!!

脂漏性皮膚炎と背中4

私が雑誌に載っているのを見つけたとは整菌スキンケアというものでした。

脂漏性皮膚炎に効果があるということで詳しく調べてみると、原因であるマラセチア菌を増殖させない効果があるというのです。

本当に治るなんて信じられませんでしたし、購入してバカを見るだけかなとも思いました。

ところがたった1000円でお試しが出来るということもあり、購入してみることにしました。

使い心地は?

整菌スキンケアを使った使い心地としては、肌に刺激が無く使用できるということが初日ですぐにわかりました。

これまで脂漏性皮膚炎になってからも、今までと変わらぬボディーソープを使用していたのですが、使うと背中がチクチクと痛んでいました。

それだけではなく、入浴後も背中が一気に乾燥したかのようにピキピキと痛く、入浴が億劫になるほどでした。

一方で、整菌スキンケアのボディーソープで背中を洗っても痛みを感じずに使用できたのです。

更にミルクやローションで保湿する前は少し外気に触れてピキピキ痛むかなと覚悟していたのですが、特に痛みを感じることなく、焦らずにローションとミルクを塗るケアを行うことが出来たのです。

薬との違いは?

ステロイドも抗真菌薬も伸びが悪く、患部にしっかりと塗り残しが無いようにと言われても塗るのはかなり大変でしたし、塗り残しも妥協している状態でした。

誰かに塗ってもらうということもできない生活でしたし、友人などに見せるのも嫌でした。

薬を塗るだけで一苦労です。

一方の、整菌スキンケアはボディーソープなので、見えないところまで万遍なく、洗うことが出来たのです。

また、ローションもミルクも伸びが良く、薬よりもはるかに塗りやすく楽だなと感じました。

脂漏性皮膚炎はどうなった?

希望

私の脂漏性皮膚炎はただ背中を洗ってクリームを塗っていただけで治ったんです。

今では皮膚科に行く事ももちろん皮膚科の薬も使用していません。

整菌スキンケアが私の肌の善玉菌を育み、育て、守り続けてくれているおかげで、マラセチア菌が好き勝手増殖できなくなったため、脂漏性皮膚炎が引き起こることは無くなったのだと実感しています。

実感するまではこんなにも苦労して薬を塗っても何度でも再発する病なのに、ただ日常の生活と何ら変わりない行動の中に、整菌スキンケアを使用するだけで、治るだなんて信じられませんでした。

しかし、自分の脂漏性皮膚炎が治ってからは、かなり怪しい人に思われたとしても、私の周りで脂漏性皮膚炎に悩んでいる人がいたら、整菌スキンケアをゴリ押しで勧めたいと思ってしまっていました。

そして、脂漏性皮膚炎の症状が全く現れなくなってから、今では化学繊維の服も何事もなく着れるようになりました

もちろん肌に刺激を与えないということはとても大切であり、出来るだけ下着などは天然素材のものを選ぶようにはしていますが、可愛い服や着たい!と思った服は、躊躇することなく着ることが出来ています。

やっぱり自分の好きなものを身に着けると、仕事に対するモチベーションも、何かを楽しむときも全力で居られますし、自分にも自信がもてますね

整菌スキンケアの公式サイトはこちら