脂漏性皮膚炎が生え際に!もしかしたら間違ったスキンケアが原因かも!?

脂漏性皮膚炎と生え際1

「おでこの生え際がヒリヒリしてかゆい、、」

たしかに生え際って炎症が起こりやすいところでもあるんです。でもその炎症、もしかしたらあなた自身のスキンケアが原因になっているかもしれません!

私も同じような経験があります。でも、お肌のケアを徹底したら、スッキリ治すことができました。

そこで今回は、生え際に脂漏性皮膚炎ができてしまう間違ったスキンケアについてご紹介します!

脂漏性皮膚炎は皮脂が多いところにできやすい

かゆくなったり、ヒリヒリしたり。脂漏性皮膚炎ってツラいですよね。しかも、スキンケアもしているのに、なかなか治らないとストレスが溜まっていく一方です。

でも、あなたが脂漏性皮膚炎になってしまったのには原因があるはず。なぜ炎症が起きているのか、そのメカニズムを知るところから始めましょう!

そもそも、脂漏性皮膚炎ってなんなのでしょう。その言葉から何となく分かりますが、「脂が漏れて炎症が起きる炎症」です。

脂というのは、皮脂のことです。つまり、皮脂がたくさん分泌されて、炎症が起きてしまうんです。でも、皮脂がたくさん出るだけでは、ただの脂性肌ですよね。

脂漏性皮膚炎の場合、その皮脂に悪さをするヤツがいるんです。それが「カビ」。マラセチア菌っていうカビが増殖することで炎症になってしまいます。

しかもそのカビ、皮脂が多いところが大好きなんですよね。特に生え際は、顔のなかでも皮脂の分泌量が多い部位。そんなところにカビが入れば、すぐに炎症になってしまいます。

生え際の炎症は、まちがったスキンケアが原因かも?

生え際に皮脂が多く分泌されてしまうのは、間違ったスキンケアが原因になっていることがあります!

「スキンケアはちゃんとやっているつもり」と思っていても、意外と見落としていることも。

特に生え際はデリケートな部分でもあるので、しっかりとケアしなければなりません!これをきっかけに、自分のスキンケアをしっかり見直しましょう。

脂漏性皮膚炎と生え際2

間違ったスキンケア方法とは?

もしかしたら間違ったスキンケアをしているかもしれません!では、肌にダメージを与えてしまうスキンケアとは一体どんなものなのでしょう。

冷水で洗顔している

気にせず冷たい水で顔を洗っている人は多いと思います。でも実はこれNG。なぜかというと、冷たいものは肌への刺激が強いから。弱っている肌だとなおさらダメージを与えてしまいます。

知覚過敏の人がアイスを食べたらものすごくしみる!のとほぼ同じです。顔を洗うときは”ぬるま湯”がベストです!!

それから、化粧水も同様です。手に出してそのまま顔につけるのではなく、手の上で体温まで温めて使いましょう。少し面倒かもしれませんが、肌を治すためにも意識していきましょうね。

化学成分が入ったスキンケア用品を使っている

化学成分も、肌へ大ダメージを与えてしまいます。なので、脂漏性皮膚炎などの炎症には、天然由来の石鹸や洗顔料を使いましょう。

セラミドやコラーゲンが入っているものが良いですね!特にセラミドは、肌に潤を与えてくれるので、積極的に使っていきましょう!

ドラッグストアに行ってスキンケア用品を選ぶときも、しっかりとラベルの裏まで見ましょうね。

石鹸を泡立てずそのまま使っている

これは、たぶんいちばん多い間違いだと思います!泡立てる意味って知っていますか?

実は、しっかりと泡立てることによって、キメが細かくなるんです。つまり、成分も細かくなり、そのぶん小さな毛穴まで潤いが行き届いてくれます。

毛穴まで成分が届かないと、汚れが取れなくなり、炎症ができるキッカケにもなります。症状を悪化させないためにも、ちゃんと泡立てましょうね。

【正しいスキンケアについてはこちらをご覧ください!】

まとめ

◯脂漏性皮膚炎は皮脂の多いところにできやすい

◯生え際にできた炎症は、間違ったスキンケアが原因の可能性あり

◯間違ったスキンケアとは

  • 冷たい水で顔を洗っている
  • 化学成分が入った洗顔料を使っている
  • 石鹸を泡立てずにそのまま使っている

脂漏性皮膚炎になってしまう間違ったスキンケアをご紹介しました!いかがでしたか?

実際にスキンケアを見直してみると、見落としているところがたくさんあります。どんな小さなミスでも、あなたの肌にとっては大ダメージになってしまうこともあります。

ぜひ日常的に意識して、健康的な肌を手に入れましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA