脂漏性皮膚炎の化粧・スキンケア

脂漏性皮膚炎の完治には正しい洗顔方法が大切!正しい洗顔方法

脂漏性皮膚炎と洗顔方法

脂漏性皮膚炎にとって洗顔方法は重要です。

洗顔方法を誤ってしまうと、脂漏性皮膚炎は悪化してしまいます。

正しい洗顔方法を身に付けることで、脂漏性皮膚炎の悪化や再発を防ぐことが出来ます。

今回は脂漏性皮膚炎のための正しい洗顔方法をご紹介します。

脂漏性皮膚炎を悪化させてしまう誤った洗顔方法?

脂漏性皮膚炎を悪化させてしまったり、再発させてしまう誤った洗顔方法があります。

意外と普段の洗顔が誤ってしまっていることで、脂漏性皮膚炎を悪化、再発させてしまっていることがあります。

自分の洗顔方法を見直しましょう。

洗顔の頻度

洗顔の頻度が多すぎると、肌に必要な皮脂や潤い成分を洗い流してしまい、酷い乾燥を招き、脂漏性皮膚炎の原因となる皮脂の過剰分泌が起こり、マラセチア菌が増殖し、炎症が引き起こってしまいます。

脂漏性皮膚炎の場合、皮脂の分泌量が多く、べたつきやテカりなどが気になり、洗顔を何度も行ってしまうことがありますが、洗顔は1日2回までが基本です。

朝晩2回で十分です。

洗顔時の湯温度

洗顔時の湯温度が高すぎると、肌に必要な皮脂や潤い成分を流し落とし過ぎてしまう原因となります。

洗顔料の選び方と使用方法

洗顔料の選び方を誤ると、洗浄力が高すぎたり、配合されている成分の影響を受け、肌の潤いを奪い、肌に刺激を与え、脂漏性皮膚炎を悪化、再発させてしまいます。

正しい洗顔料を選ぶ必要があります。

また、洗顔料の泡立てが足りず、手のひらと顔の皮膚が擦れてしまい、摩擦により必要な皮脂や潤い成分を洗い流してしまう、肌のバリア機能を破壊してしまうことで、酷く乾燥してしまいます。

洗顔後のケア

洗顔後、タオルで拭き取る際も肌に刺激を与えないことが大切です。

また、洗顔後の保湿ケアも正しく十分に行うまでが正しい洗顔方法となりますよ。

脂漏性皮膚炎を悪化させないための正しい洗顔方法

脂漏性皮膚炎を悪化させないためには、正しい洗顔方法が必要です。

脂漏性皮膚炎の原因は過剰な皮脂の分泌量によるマラセチア菌の増殖です。

しかし、皮脂は皮脂と肌の水分が混ざり合い、肌を保護してくれます。

過剰な皮脂は脂漏性皮膚炎の原因となりますが、適度な皮脂は肌に必要なのです。

余分な皮脂と汚れを肌に刺激を与える事なく清潔を保つ、正しい洗顔方法が大切です。

洗顔は朝晩2回!

洗顔は朝晩の2回です。

朝の洗顔は、皮脂の洗い流し過ぎを防ぐために、水洗顔がおすすめです。

正しい水洗顔の方法としては、水と言いますが、使用するのはぬるま湯です。

32度から36度程度、高くても38度以下のぬるま湯で行いましょう。

両手でぬるま湯をたっぷりとすくい、肌に手が擦れないように、優しく肌にかけるイメージで洗顔します。

20回から40回ほどくり返すことで、十分な洗顔となります。

夜の洗顔方法としては、1日の汚れや余分な皮脂を洗い流すために洗顔料を使用し洗顔します。

洗顔時の湯温度

正しい洗顔方法として、湯温度も大切です。

38度以上のお湯を使用することで、肌は乾燥してしまいます。

38度以下のぬるま湯を使用しましょう。

洗顔料の正しい選び方と使用方法

脂漏性皮膚炎のために、正しい洗顔料を選びましょう。

  • 肌に刺激を与えない洗顔料
  • 肌を保湿しながら洗顔できるもの
  • 肌の菌のバランスを整えられるもの

洗顔料を使用する際は、良く泡立ててから使用します。

濃密でヘタらない十分に弾力のある泡をつくり、洗顔します。

また、洗顔料は特に皮脂の分泌量の多いおでこや鼻から乗せ、その後頬やあごにのせ洗います。

手のひらで肌を洗うというよりも、肌に乗せた洗顔料を手のひらや指の腹を使い、洗顔料を転がすようなイメージで洗いましょう。

洗顔料で洗ったあとは、洗い残しに気を付け、十分に流します。

シャワーで直接肌にかけて流すのは絶対にやめましょう。

ぬるま湯を手ですくい、優しく肌にかけるように流します。

生え際や顔の横は洗い残しやすいため、気を付けてください。

洗顔後のケア

洗顔後は柔らかく、肌に刺激を与えない素材のタオルで擦らずに、優しく押さえつけるように水気を取ります。

その後、すぐに保湿ケアを行いましょう。

洗顔後はとても「乾燥」しやすく、酷く乾燥したのちに皮脂が過剰に分泌し始めます。

出来るだけ早く保湿ケアを済ませましょう。

脂漏性皮膚炎は正しい洗顔方法で治る?!

脂漏性皮膚炎の顔の炎症は、皮膚科の薬の力を借り、出来るだけ早く治療し炎症を鎮めることが大切です。

しかし、その後脂漏性皮膚炎を悪化、再発させないためには、正しい洗顔方法で皮脂の過剰分泌を防ぎ、マラセチア菌を悪化させないことが大切です。

皮膚科の薬だけでは、一度マラセチア菌を死滅させ、抑制し炎症を食い止めるだけで、マラセチア菌は余分な皮脂さえあれば、何度も悪化、再発を繰り返してしまいます。

洗顔方法を見直すことは脂漏性皮膚炎を防ぐために、とても重要なのです。

また、洗顔方法だけではなく、体内からも改善することで、皮脂の過剰分泌を防ぐことが出来ます。

  • 脂質や糖質の摂取量を控えた食事
  • 質の高い十分な睡眠
  • 規則正しい生活
  • ストレス」を軽減する

正しい洗顔方法と共に、肌の外側からも内側からも皮脂の過剰分泌を防ぎ、悪化や再発を防ぐことが大切です。

綺麗な肌を取り戻すためにも正しい洗顔方法を

脂漏性皮膚炎が起こった後、肌は酷い皮剥けが起こり、ボロボロと皮膚が剥がれ落ちてきてしまう症状に見舞われます。

脂漏性皮膚炎の炎症により、肌のターンオーバーが早く起こってしまっています。

正常なターンオーバーは約28日周期なのに対し、皮剥けが起こっているということは、7日から20日ほどで肌の生まれ変わりが繰り返されてしまっています。

そこで正しい洗顔方法を続けることで、肌のターンオーバーの周期も改善され、皮剥けもおさまり、綺麗な肌を取り戻すことが出来ます。

まとめ

  • 脂漏性皮膚炎の悪化、再発を防ぐためには正しい洗顔方法を
  • 洗顔は1日2回、朝は水洗顔、夜は洗顔料を使用した洗顔を
  • 正しい洗顔方法のためには湯温度は38度以下のぬるま湯で
  • 正しい洗顔料を選び、肌に刺激を与えない正しい洗顔方法を
  • 正しい洗顔方法が脂漏性皮膚炎によるダメージを受けた肌も改善してくれる

脂漏性皮膚炎をしっかりと治し、綺麗な肌を取り戻すためには、正しい洗顔方法を身に付け、肌に刺戟を与えず、乾燥を促さず、清潔を保ちましょう。