脂漏性皮膚炎、顔の初期症状を見逃さないために毎日あることを習慣に

脂漏性皮膚炎と顔と症状1
スポンサーリンク

私は脂漏性皮膚炎に気づかずに放置した結果、最悪の結果を自分で招いた大馬鹿ものです

あの時もっと早く気づいていれば、こんなにも長い期間脂漏性皮膚炎に振り回されずに済んでいたかもしれません。

本当に後悔しています。

私が肌の異変に気付いた冬から、脂漏性皮膚炎だという診断を受けたのは、春。

さほど長い期間が経っていないのに、完治までにはかなりの長い時間がかかってしまったのです。

顔の痒みに気づき、赤みに気づき、皮膚が剥がれ落ちてきてしまっているのにも関わらず、ただの乾燥、ただの肌荒れ、ニキビが酷くなったのかもしれないと、受診せずに過ごしていました。

しかし、次第に顔の生え際部分にも炎症が広がり、顔の痒みだけではなく、生え際からのフケやチクチクとするような微妙な痛みに耐えきれず、友人に不安な自分の肌について相談すると、脂漏性皮膚炎っていうのがあるから皮膚科に行ってみな!と言われ、ようやく受診して発覚しました。

脂漏性皮膚炎と診断を受け、医師のお叱りを受け・・・。

脂漏性皮膚炎と顔と症状3

皮膚科へ受診すると、すぐに医師から「どう見ても脂漏性皮膚炎!」と言われました。

私の肌の状態はかなり最悪の状態となっていたのです。

初期症状からはかけ離れ、重症化していました。

初期症状らしき異変を感じてから約3カ月も経っていないのにも関わらず、症状はかなり進行していたのです。

かなり悪化してしまっている。

跡が残ることも覚悟して本気で治療しろ。

脂漏性皮膚炎は悪化すればするほど慢性化する可能性が高い、一度薬で治ってもすぐに再発し再発を繰りかえすだろう。

とかなり怒られました。

そしてその時の私は医師なのに、再発する宣言を普通するか?!

再発しないようにしてくれよ~。と思いました。

脂漏性皮膚炎の原因って?!

脂漏性皮膚炎と顔と症状2

再発しない薬や予防できる薬は無いのかと医師に尋ねてみたのですが、再発しない為の治療はあなた次第。予防もあなた次第。薬は無い!と断言されました。

脂漏性皮膚炎の原因は、肌には常在菌というものが存在し、その菌たちは善玉菌と悪玉菌に分けることが出来ます。

その悪玉菌の一種であるマラセチア菌というカビ菌が増殖することで、肌に炎症が起きてしまいます。

なぜ増殖し、炎症が起きるのかというと、マラセチア菌は皮脂を食べることで活発になり増殖し、皮脂を分解するときに出す成分が脂漏性皮膚炎の炎症の原因物質だからなのです。

要は、菌の状態を正常にすることと、皮脂の分泌量を正常にしなければ脂漏性皮膚炎は治らないということを教えてもらいました。

そしてここからが重要なのですが、医師はステロイドで炎症を抑え、抗真菌薬で現状増えてしまっているマラセチア菌を減らすところまでしかなすすべはないというのです。

マラセチア菌は一度殺菌され量が減っても、皮脂を食べればまたすぐに増殖し出すため、自分で皮脂の分泌量をコントロールするしかないということです。

脂漏性皮膚炎の症状とは?

脂漏性皮膚炎と症状と顔1

脂漏性皮膚炎は発症してすぐ治療することで、慢性化を防げると言われています。

また、炎症が治まるのも早く、すぐに治りやすいということで、私のように悪化する前に早めに皮膚科に受診し、脂漏性皮膚炎に気づくということが大切です。

初期症状

  • 湿疹

細かい湿疹が出る場合とニキビのような湿疹が出る場合があり、ニキビと間違われることが多い。

  • 赤みを帯びる

ほてっている時くらいの赤み

  • かゆみ

掻かなくても我慢は出来る程度だが、持続的に痒い。

初期症状はさほど酷くなく、一気に慌てるほどの症状が出ません。

そのため、たまたま肌が赤い、乾燥している、ニキビが増えた、などこれくらいなんてことないと感じてしまいがちです。

私もそうでした。

悪化した脂漏性皮膚炎の症状

  • 湿疹

初期に比べ明らかに湿疹の数も範囲も増える。

  • 赤み

濃い赤みとなり、かなり異常。ほてりよりもはるかに赤い。

  • かゆみ

痒みはものすごく痒くかくのを我慢できない。就寝中に無意識に掻いてしまうほど。チクチクとした痛みも伴う。

悪化した私の肌は直視したくないほど最悪でした。

肌に赤い凹凸のあるシールを張り付けているかのように、健康的な肌との違いが歴然でした。

初期の頃はファンデーションでも隠せていましたが、悪化した私の肌は到底ファンデーションで隠すことなど不可能です。

脂漏性皮膚炎の治療

脂漏性皮膚炎と症状と顔2

脂漏性皮膚炎の治療薬をとりあえず処方してもらった私は毎日医師の移動通りに塗り続けました。

2週間ほど塗り続け、医師が言うとおりしっかりと炎症は治まりました。

しかし、ここからが恐怖の始まりでした・・・。

医師が言っていたとおり、治って薬の塗布を辞めてよいという許可が出てからたった3週間も経たないうちに脂漏性皮膚炎の症状は再度現れたのです。

また皮膚科に行き薬をもらいます。

皮脂の分泌量を減らす方法

薬で炎症を抑えても、再発を促す皮脂の改善を行わなければ、脂漏性皮膚炎は完治しません

そこ皮脂の分泌量を減らす方法を教えてもらうことが出来ました。

  • 食事

油分の多い食事を摂取しているとその油分はダイレクトに肌に皮脂となり分泌されてしまうため、油分の多い食事は避けましょう。

スポンサーリンク

糖類も同じく皮脂の分泌量に加担します。

油分の多いもの糖類を避けることを心がけ、代わりに皮脂の分泌量のコントロールを手伝う力のあるビタミンBを積極的に摂取します。

  • 十分な睡眠

十分な睡眠をとれない生活が続くと、自律神経が乱れ、ホルモンバランスに乱れが生じます。

ホルモンバランスが整っていないと、皮脂の分泌量は過剰となるため、十分な休息・睡眠をとる必要があります。

  • ストレス

ストレスを感じても自律神経は乱れ、ホルモンバランスが崩れ、皮脂の分泌量が異常になります。

精神的なストレスだけではなく、肉体的に感じるストレスも原因となります。

ゆっくりと休息を取るということ、ストレスを溜めこまないことに注意して生活すると良いです。

私はすぐにこの3つの皮脂を減らす方法を実践しました。

しかし、言葉では簡単に思えた3つの方法でしたが、実践するとなると意外と難しく、この3つをこなすこと自体が自分にとってのストレスでした。

友人と外食に行く事も出来ない、好きな食べ物を食べられない、睡眠をとらなければと思い、遊びも連絡の返事も疎かに、一人にならなければ上手くいかないと思うことばかりで、孤独を強いられているような気分でした。

友人への相談で一変した生活

脂漏性皮膚炎と症状と顔3

私は思い切って友人に相談してみることにしました。

一人になっていく時間が怖かったからです。

脂漏性皮膚炎になったということ、悪化してしまって再発しやすいということ、再発防止のためにしていることが自分にとって限界であるということを・・・。

もちろん今まで一人で悩んで、医師にも見放されたような気分で頼る人もおらず、抱え込んでいた不安や悩みや苦痛を泣きながら話してしまったので、友人はかなり驚いている様子でしたが、親身に話を聞いてくれました。

そして一緒に治せる方法を探してくれると約束してくれたのです。

友人は調べて脂漏性皮膚炎に効きそうな自宅で出来るケアをたくさん情報提供してくれました。

洗顔料を変えてみる・洗顔料を使わない・肌荒れに良いパック等々皮脂の分泌に関わることで効果がありそうなことを次々に試したものの、効果は全く得られず、友人も私もがっかりする日々が続き、共倒れしてしまいそうでした。

ところが2人で何気なく過ごしていた休日にテレビで紹介されていたものを見て、これだ!!これなら治るかも!と思ったアイテムがあったのです。

これまで皮脂をどうにかしなければと考えていた私は、マラセチア菌と善玉菌の事をすっかり忘れていました。

テレビで紹介されていたアイテムは整菌スキンケアというもので、脂漏性皮膚炎などに効果的だというのです。

整菌スキンケアって?!

整菌スキンケアは肌を洗って保湿するだけで、肌にある常在菌の善玉菌を増やし、マラセチア菌が自由に増殖したり肌に影響を与えることが出来ない状態を作り出してくれるというものでした。

菌の状態を調節し、マラセチア菌が増えない状態を作ることが出来れば、ストイックに皮脂の分泌を減らす3つの方法を厳守しなくても、時に皮脂の分泌量が増えてしまったとしても、マラセチア菌は増殖することが出来ないということになるのです。

これぞ脂漏性皮膚炎を治すことが出来そうだ!!と思い、すぐに購入してみました。

購入したあと友人と話していましたが、治りそうと思って購入したものの、実際菌の状態は見えないものだし、本当に効果があるかは微妙かもね。買わないほうが良かったかな・・・。などと不安になっていました。

整菌スキンケアを使用した後・・・

希望

私はかなり整菌スキンケアが届くころには、半信半疑になっていましたが、今頼れるものはこれしかないしと思い、使用してみることにしました。

使ってみて、沁みたり痒みを感じたりしたらすぐに使わずに友人にあげよう!と思っていたのですが、使ってみるといつもよりも気持ちよく感じる洗い心地で、洗った後も肌がピキピキしたり痒くなることがなく、使用感はとても良い感じでした。

毎日長く使用することで菌のバランスが整うということで、必ず毎日使用しました。

洗って塗るだけなので、特に面倒に感じることは無く、飽き性の私でも続けることは簡単でした。

それからというもの、毎日使用し続けあっという間に3カ月が経ちました。

脂漏性皮膚炎の症状はというと、再発していませんでした。

それどころか、今まで薬で炎症が治まっても湿疹の跡や微妙に残る肌の赤みがあったのにも関わらず、整菌スキンケアを使用し始めてからは肌のキメが細かくなったというか、赤みもかなりなくなりました。

使う期間が長くなればなるほど徐々に肌の状態が良くなるということが幸せで、今でも毎日使い続けていますが、気分は楽しく使用し続けられています。

まとめ

初期の段階で脂漏性皮膚炎に気づくことが出来ていたら、ここまで長い期間悩む必要はなかったことでしょう。

しかし、今は初期の段階で脂漏性皮膚炎に気づくことが出来なかったからこそ、一生肌を守り続けられる整菌スキンケアに出会い、自分のために一生懸命になってくれる友人がいるということに気づくことが出来て良かったなと思います。

こう思えるのも脂漏性皮膚炎が完治し、気持ちの余裕が出来たからだと思いますが・・・。笑

肌の異常に早く気づくためにも私は今でも一応毎日鏡でセルフチェックは欠かさないようにしています。

発症したことを悔やんでもしょうがない、悪化させてしまったことを後悔してもしょうがない、なんとか治す方法を見つけようと手助けしてくれた友人も、肌の菌の状態を守ってくれている整菌スキンケアも私の大切なものとなりました。

整菌スキンケアの公式サイトはこちら
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA