私のアトピーは馬油で悪化しました!!何が悪かったのか検証結果を公開!!

アトピーの完治のためには、保湿が大切だと知り、馬油の保湿効果が高いということで、馬油で保湿する事にしました。

ドラックストアでも手軽に手に入れることができるため、すぐに実践したのですが、馬油を塗ったことで、私のアトピーは酷く悪化してしまったのです。

一方で馬油にはアトピーに効果的な作用があるといわれているのにも関わらず、なぜ私は馬油で悪化してしまったのでしょうか。

馬油が与えるアトピーへの良い効果と悪化させてしまう原因、そして私が見つけたアトピーの完治に導いてくれた保湿剤をご紹介します。

馬油はアトピーに良い?効果は?

馬油には、

  • 保湿効果
  • 抗菌効果
  • 血行促進効果

があり、アトピーに良い効果を与えてくれる油です。

アトピーの原因菌を殺菌しアトピーの炎症を起こさないようにしてくれるのですね。また、アトピーの完治のためには保湿による肌のバリア機能を高めることも大切です。

血行不良は皮膚への栄養素が行き届かなくなってしまうため、血流の流れを良くすることも必要となります。

更に、血行不良は老廃物の排出の滞りにも影響をきたし、排便が不調となり、腸内に老廃物が溜まり、腸内環境が悪くなってしまいます。

すると免疫機能のバランスを乱し、アトピーの炎症が起こりやすくなってしまうため、血行促進効果による老廃物をスムーズに排出できる状態を保つことが大切なのです。

なぜ馬油でアトピーが悪化したの?

一方で、馬油で保湿ケアを行った私のアトピーは酷く悪化してしまいました。赤みも強くなり、酷い痒みにも襲われ、塗った後数分後から既に悪化の症状が見られたのです。

私の肌がおかしいのかな?アトピーに効果がある油なのに・・・。と思いましたが、馬油にはアトピーを悪化させてしまう面もありました。

アトピーの炎症中や治りかけには悪影響

アトピーの炎症(赤み)が残っている状態、治りかけの時期に馬油での保湿を行うと、アトピーは悪化してしまいます。

治りかけの時は、熱を持っているため、油分で蓋をしてしまうことで、熱が皮膚と馬油の間に溜まり、痒みを引き起こしてしまいます。

また、アトピーの治りかけの時期の皮膚は皮脂が多く分泌される為、油分を更に与えることで、肌の油が過剰となり、脂漏性皮膚炎という別の肌トラブルを併発してしまう事もあるのです。

  • 患部に赤みがある
  • 腫れている
  • 熱を持っている
  • 掻き傷がある
  • 浸出液が多く出ている
  • 皮が剥け落ちている
  • 水疱が出来ている

というような場合は、馬油で保湿を行うとより症状が悪化してしまいます。

血行促進効果で痒みが促進される

馬油の血行促進効果は、アトピーの改善のために必要な効果ではあるものの、血行が良くなると毛細血管が拡張してしまい、かゆみを強く感じるようになってしまうのです。

お風呂に入るとかゆみが増してしまうのと同じように、馬油に血流の流れが良くなった結果、よりかゆみが増してしまいます。

アレルギー反応による悪化

動物性アレルギー、特にラノリンアレルギーを持っている場合、馬油でもアレルギーを引き起こしてしまう可能性が高いです。

アレルギー反応が起こるという事は、アトピーの炎症を引き起こす原因、悪化させる原因となってしまいます。

馬油による影響や肌に合わない場合、アトピーが悪化してしまうことがあるのです。

私がアトピー完治のために使った保湿剤は?

私の肌には馬油が合わず使用をすぐに中止しました。また、馬油が更にアトピーの完治のためにならないという事を知ったのです。

馬油でアトピー完治は無理?!

馬油による保湿は油分で肌を覆い、肌の水分の蒸発を防いでくれていたり、肌への刺激から保護してくれています。

しかし、アトピーの炎症後の肌には、油分は足りているものの、水分が足りていないのです。

水分が足りていない肌のバリア機能は正常に稼働せず、水分の蒸発や保護が出来なくなってしまっているため、アトピーが何度も再発してしまっているのです。

そこで肌の保湿を行う際に油分だけ与えても全く意味が無く、水分をどれだけ浸透させ肌に潤いを与えられるかがポイントとなるのです。

肌のバリア機能を高められる保湿剤を

そこで私は肌に十分な潤いを与え、肌のバリア機能を高められる保湿剤を探しました。探している間も様々な支障が私の邪魔をしました。

肌のバリア機能が低下し弱っているため、肌に刺激となる成分が含まれているものは使えない。(界面活性剤や防腐剤や鉱物油、香料着色料等)

油分の少ないものを

肌への浸透力が良いものを 

と条件に見合う保湿剤はなかなか市販では見つけられませんでした。 

そんな時、条件に見合う保湿剤がネットで購入できるということを友人に聞き、【ADリッチクリーム】の存在を知りました。 

ADリッチクリームは肌に起こるかゆみの原因となる菌、黄色ブドウ球菌をコントロールし、肌のかゆみを防いでくれる抗体入りダチョウ黄卵エキスが配合されていたり、天然由来の有効成分、ユズエキスやスクワラン、オリーブ果実油により、肌の水分を保持してくれる効果を得ることができます。 

その他、抗菌作用があり肌荒れを防ぎ、肌のキメ細かさも整えてくれるカワラヨモギエキスや保湿力が高く人間の肌に良く合うヒマワリ種子油やシアバターなどが配合され、高い保湿力で肌に十分な潤いを与えてくれるクリームでした。 

更に肌に刺激となる成分が含まれておらず、無添加で炎症のダメージを受け弱った肌にも使用できるということで、市販では同じようなものが無かった事もあり、私はこれに決めた!!とすぐに購入しました。 

もしかしたら肌に合わないかも・・・。などという心配もありましたが、7日間分のクリームと1ヵ月分のクリームが自宅に届き、7日分使用し肌に合わなかったら1ヵ月分のほうだけ返品すれば全額返金してもらえるというサービスがあり、使ってみて合わなかったら返品しようと思い、すぐに注文したのです。

購入していなかったら、今でも効果的な保湿ケアが出来ず、アトピーに悩まされていたでしょう。

7日分のお試しと返金保証に感謝です。 

馬油や市販の保湿剤とは塗心地も異なり、肌に潤いが浸透し、塗った直後からしっとりとするのです。 

ベタベタ感で肌を覆っている感じとは全く違います。肌に十分な潤いを与えられていて、アトピーの悪化も起こらず、毎日使用し続けました。 

少量で良く伸び、広範囲に朝晩2回塗っていても、1本で2カ月近く持つ良さもありました。

現在の私のアトピーは?

現在の私のアトピーは、【ADリッチクリーム】を使い始めてから、アトピーの炎症がぶり返して来る事もなくなり、ステロイド量も徐々に減らしていき、使用を辞めることが出来ました。 

今では肌に塗っているのはADリッチクリームだけですが、肌の調子は毎日絶好調です。 

アトピーだった肌とは思えませんし、特に周りの人からも肌が綺麗になったことを褒められ、アトピーの完治を実感しています。 

馬油は健康的な肌の人にとっては保湿力があり効果的だということで、肌が丈夫な友人が引き取ってくれました。 

ベタベタせず使い心地の良いADリッチクリームは使い続けることにストレスもなく、毎日保湿ケアを続け、これからも健康的な肌を維持していきたいと思います。

公式サイトはこちら→【ADリッチクリーム】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA