私のアトピーは牛乳断ちで治った!!その理由と驚く程効果があった〇〇とは!?

我が子は保育園に入園した頃から、アトピーの症状が体や顔に出るようになり、最初はストレス的なものかと思っていたのですが、徐々に酷くなり、慢性化し、ステロイドを手放せない肌になっていました。

ステロイドで炎症が治まっても何度もアトピーの炎症が再発してきてしまうのです。

そこで、どうしたらアトピーを完治させ、再発の起こらない肌を手に入れられるのかという事を調べていると、食事がアトピーに大きな影響を与え、再発の原因となってしまっているという事を知ったのです。

もちろんアレルギーとなる食べ物を食せばアトピーの症状が出てしまうという事は分っていましたが、まさか牛乳に含まれているある成分がアトピー悪化の原因となっていたとは思っていませんでした。

なんと我が子は毎日保育園で飲ませられる牛乳や、自宅で飲んでいた牛乳を辞めたことで、アトピーが治ったのです。

また、肌の外側からも肌へのアプローチを始め、強い肌へと導いてあげることができ、我が子はアトピー知らずの肌を手に入れることができたのです。

アトピーの子は牛乳を辞めることでなおるのか、牛乳に含まれる成分の何が原因となるのか、アトピー知らずの肌へと治った方法をご紹介します。

我が子のアトピーは牛乳で悪化していた?

我が子の場合は毎日保育園でも自宅でも牛乳を飲んでいました。

保育園でも普通にみんなと同じように渡されるパックのものをしっかりと飲んでいるようで、市の検診の時にも牛乳をもう少し飲ませたほうが良いねえ。などと言われてから自宅でも飲ませるようになりました。

特に我が子のアレルゲンの中に、牛乳が含まれているという結果もなく、我が子のアトピーが牛乳で悪化していると思わずに飲ませ続けていたのです。

しかし、実は牛乳に含まれるある成分がアトピーを悪化させてしまう原因となるのです。それは、たんぱく質です。

たんぱく質による悪影響

たんぱく質を摂取しすぎると、分解し切れずそのまま吸収されてしまったたんぱく質が異物と判断され、攻撃されてしまうことがあり、その結果本来はアレルギー物質ではないのにも関わらず、アレルギー反応が起こってしまうことがあります。

誤作動のように起こったとしても、アレルギー反応が起これば、アトピーは悪化してしまいます。

また、たんぱく質を摂取すると、たんぱく質を分解するためにビタミン類が消費されてしまいます。

ビタミン類は肌の健康を保つために欠かせぬ栄養素であり、肌に十分に与えるために積極的に摂取する必要があります。

しかし、たんぱく質の消費のためにビタミンが余計に消費されてしまい、本来肌に必要な分のビタミンが不足し、肌のターンオーバーの乱れや肌細胞の衰退、肌バリア機能の低下や肌の常在菌のバランスが崩れるなどという悪影響を受け、アトピーも悪化してしまいます。

牛乳を辞めたらアトピーが治った?!

たんぱく質がアトピー悪化の原因となるという事を知り、保育園と相談し、牛乳を飲ませずお茶に代用するということにしてもらいました。

すると、牛乳を止めてから約1ヵ月ほどで肌への影響も見られ、アトピーの炎症が酷く悪化したり、再発を頻繁に繰り返すことが無くなったのです。

しかし、それは牛乳を辞めただけではなく、普段の生活の中での食事やおやつでも、たんぱく質の摂り過ぎには気を付けるようにしました。

更に、脂質や糖質も肌に必要なビタミンを消費してしまうものであり、同時に油分の多い食事や甘いものも出来るだけ避ける食事を心がけるようにしたのです。

牛乳を辞めた事も大きな影響となりましたが、その他食事の全体を見て、たんぱく質、脂質、糖質の摂取量を減らしたことでアトピーの炎症の悪化が起こらなくなったのでしょう。

肌の外側からもアトピーを治す!!

但し、アトピーを悪化させたり再発させてしまっているのは、体内に取り入れられた栄養素だけではないのですよね。

肌の外側から受けるホコリやダニやハウスダスト、紫外線やその他様々な菌や汚れ等々、それらは保育園に行く子供から遠ざけることは不可能なものであり、今後も一切のものを肌に触れさせないようにするのは絶対に無理です。

そこで肌に触れないように努力をするのではなく、肌自体をそれらの刺激に触れても影響を受けないように強くする必要がありました。

そのためには、肌のバリア機能を高める必要があります。肌のバリア機能を高めるためには、アトピーの炎症により乾燥した肌に十分な潤いを与えて保持させる必要があります。

そこで私が選んだ保湿剤は潤静という低刺激高保湿ローションでした。

肌に十分な潤いを与えることが出来るローションで、肌の油分と水分のバランスを整えたり、肌に優しい高い有効成分が豊富に配合されていることで、十分な保湿と肌のバリア機能を高めることが出来るというのです。

また、肌への刺激となる余計な成分も含まれていないため、肌に刺激を与えることなく使用できるというローションなのです。

赤ちゃんからでも安心して使用できるということで私は我が子に潤静を使用することを決めました。市販の保湿剤でここまで肌に優しい成分のものはありませんでした。

我が子の肌のアトピーはこれで治った!!

我が子の肌は潤静での保湿を始めてから、アトピーだとすぐに分かるようなカサカサした乾燥しがちの肌が徐々に潤いを取戻し、なめらかでキメが感じられるような肌へと変化していったのです。

ステロイドでアトピーの炎症が治まってから潤静での保湿を始め、数回再発がありましたが、少量のステロイドで炎症がすぐに治まるようになり、その後自然な感じでアトピーの炎症がいつの間にか起こらなくなり、ステロイドも辞めることが出来ました。

その後、我が子の肌に炎症が起こる事もなく、徐々に徐々に肌は普通の健康的で子供らしい綺麗な肌へと変化していったのです。

綺麗な肌を取戻し、アトピーが治ったら実はお友達と一緒に飲みたいのに我慢していた牛乳を、自宅で少しずつ飲んでみて、保育所でみんなで飲めるようにしてあげたいなと思っていたのです。

自宅で少しずつ保育所で飲む量へと増やしていっても、肌にアトピーの炎症が再発することがなく、我が子はみんなと一緒に牛乳を飲むことが出来ています。

牛乳アレルギーがあれば、アトピーの炎症は起こってしまいますが、それ以外の我が子の様な場合は、牛乳を飲むからと言って必ずしもアトピー炎症が起こるというわけではないのですね。

しかし牛乳に豊富なたんぱく質には要注意が必要で、牛乳の飲み過ぎは避けなければいけません。

潤静で肌のバリア機能が高まり、刺激を受けにくくなり、アトピーが治った我が子は、今ではプールなどに入っても刺激を受け炎症が起こる等という事もなく、楽しそうに日々を過ごしています。

いまでも毎日潤静での保湿は続けていますが、肌がべたついたりすることが無く、塗心地を気に入ってくれているため、我が子は潤静だけは毎日自分から塗ると言って塗ってくれています。

公式サイトはこちら→潤静

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA