治ったと感じる脂漏性皮膚炎!実は治っていなかった?完治のためには

脂漏性皮膚炎と治った1

脂漏性皮膚炎は皮膚科で薬が処方され、治ったと思ったらまた症状が再発という事が良くあります。

しかし、治ったと思ってしまっているだけで、皮膚科の薬で症状がおさまった状態は実はまだ治っていません。

治ったように見えているだけで、そこはまだまだ脂漏性皮膚炎が起こりやすい状態のままなのです。

治ったと思ったその脂漏性皮膚炎に対して、正しいケアや普段の生活の改善を行わなければ、何度でも再発します。

そこで皮膚科の薬で治ったと感じてしまう状態から、完全に脂漏性皮膚炎を治すための方法をご紹介します。

皮膚科の薬で脂漏性皮膚炎が治った?!

皮膚科では脂漏性皮膚炎に対し、ステロイド外用薬と抗真菌薬により、炎症を抑え、原因となるカビ菌、マラセチア菌の増殖を抑制します。

そのため、薬を塗っていると炎症や湿疹がおさまり、治ったように見えるのです。

しかし、脂漏性皮膚炎の原因となるカビ菌は、一度死滅し量が減っても、また皮脂をエサとして増殖し、脂漏性皮膚炎を再発させます。

残念ながら皮膚科の薬ではカビ菌の増殖を常に抑制し、脂漏性皮膚炎になりにくい状態を作ることはできません。

治った後に処方される保湿剤にも問題が?!

炎症がおさまり、湿疹がおさまると、治ったので保湿ケアをして脂漏性皮膚炎を防ぎましょうという治療が行われます。

肌のバリア機能を高めたり、カビ菌のエサとなる皮脂の過剰分泌を抑制するためには保湿が必要です。

しかし、病院で処方されるワセリンやオイル系の保湿剤は、脂漏性皮膚炎にとっては逆効果なのです。

皮脂でべたつきがちの部位をよりべたつかせ、カビ菌の増殖を助けてしまいます。

また、肌が乾燥していることで皮脂が過剰分泌してしまうのですが、ワセリンやオイル系の保湿剤で保湿したところで、肌に水分を与えることはできず、肌をカバーするだけなので、乾燥肌は改善されず、皮脂の分泌量を抑制することはできません。

皮膚科で処方される保湿剤も、市販の保湿剤のほとんども、脂漏性皮膚炎の再発予防にならない保湿剤ばかりなのです。

脂漏性皮膚炎が治った後の保湿ケアは?

脂漏性皮膚炎の炎症や湿疹がおさまり、治ったなと感じ始めたら、保湿ケアを始めます。

しかし、ここで使用する保湿剤は肌に水分を浸透させることが出来るものです。

肌の表面をカバーするような油分の多い保湿剤は避け、クリームやローションなどの肌に水分を浸透させることが出来るタイプを使用しましょう。

その上から肌に与えた水分を蒸発させないために油分の多い保湿剤を塗るのは問題ありません。

脂漏性皮膚炎が治った?!治すためにすべきこと

脂漏性皮膚炎が薬で治ったと思わずに、炎症や湿疹が治まったら、保湿ケアだけではなく、その他にも行うべきケアや改善すべき生活習慣があります。

脂漏性皮膚炎の原因はカビ菌ですが、カビ菌のエサとなり増殖を促すのは皮脂ですね。

皮脂は誰しも排出しているものですが、脂漏性皮膚炎にならない人もいます。

脂漏性皮膚炎になるという事は、「カビ」菌が原因でありそのカビ菌の影響を受けやすくしている要因が関係しているのです。

カビ菌が増殖しやすく刺激を受けやすいあなたの肌や体をケアや生活習慣を行い、改善し、脂漏性皮膚炎になりにくい状態を作らなければいけません。

脂漏性皮膚炎になりにくい肌と体を手に入れて、やっと脂漏性皮膚炎が治ったと言えるのです。

洗浄方法

脂漏性皮膚炎になりやすい肌は過剰な皮脂を洗い流し、清潔を保つことが大切です。

しかし、逆に洗いすぎてしまうと、肌が乾燥し、それを補おうと皮脂が過剰に分泌してしまいます。

また、洗浄する際、ゴシゴシと擦ってしまうと、肌の必要な潤いが奪われ、乾燥してしまいますし、肌のバリア機能も破壊され、菌の刺激を受けやすい状態となってしまいます。

そこで脂漏性皮膚炎の肌や「頭皮」を洗うときは、良く泡立てた洗浄剤で手のひらや指の腹を使用し、優しく洗います。

また、洗い残しがようにしっかりと洗い流します。

使用する洗浄剤の選び方にも注意が必要です。

肌には常在菌というものがあり、善玉菌という肌を守る菌と悪玉菌という増殖すると肌に悪影響を及ぼす菌、そして日和菌という善玉菌と悪玉菌の割合の多い方の味方となる菌が存在しています。

この菌のバランスを善玉菌のほうが多く肌に存在する状態を作ることが出来る洗浄剤を選ぶ必要があります。

洗浄力も強すぎず、必要な皮脂までもを洗い流さず、過剰な皮脂は洗い流せる丁度良い洗浄剤が必要です。

良く汚れを落とし、保湿効果も得られる洗浄剤が良いですね。

食生活

食事の中で、「糖質」や脂質の多いものの摂取量が多いと、体内の中性脂肪が増えますね。

実は皮脂の主成分は中性脂肪であるため、体内の中性脂肪が増えると皮脂の分泌量も過剰となります。

糖質や脂質は体のエネルギーとして消費され、必要な栄養素ですが、必要以上の摂取や、運動不足や体の基礎代謝が低いという場合は、消費されずため込まれていきます。

糖質や脂質の摂取を抑えながら、適度な運動や基礎代謝を上げ、不必要な中性脂肪が体内に溜まらないようにしましょう。

カフェイン・アルコール・辛い食べ物

カフェインや「アルコール」・辛い食べ物は皮脂の分泌量を高めます。

皮脂の過剰分泌はカビ菌の増殖の原因となり、脂漏性皮膚炎になりやすい状態を作り出してしまうため、出来る限り摂取を控えましょう。

喫煙

喫煙によりタバコのニコチンの摂取でホルモンバランスに乱れが生じます。

ホルモンのバランスが乱れると、皮脂の分泌量も異常になります。

皮脂の分泌量を正常に保つためにも禁煙しましょう。

免疫力を高める

脂漏性皮膚炎になりにくい肌を作るためには、保湿をし肌のバリア機能を高め、菌の影響を受けにくい状態を作る事も大切です。

しかし、体内からも免疫力を高めることで、菌の影響をより受けにくくすることができ、脂漏性皮膚炎になりにくい状態になります

免疫力を高めるためには、

  • 質の高い十分な睡眠
  • 栄養バランスの整った食事
  • 適度な「運動
  • 腸内環境を整える

という事が大切です。

また

  • ストレスを溜めない

ということも免疫力を低下させないために大切です。

紫外線の防止

紫外線による影響は脂漏性皮膚炎になりやすい肌状態を作り出してしまいます。

脂漏性皮膚炎が治ったと言える完治、再発が起こらない状態を作るためには、紫外線から肌を守ることも大切です。

日傘や日焼け止めなどを活用し、年中紫外線を予防しましょう。

まとめ

  • 脂漏性皮膚炎は薬で症状が治まっても治ったとはいえない
  • 脂漏性皮膚炎の原因菌は薬で抑制されてもすぐに増殖し再発する
  • 治ったと言えるのは、肌や体内が脂漏性皮膚炎になりにくい状態になったとき
  • 薬で症状が治まっても、発症しにくい肌や体にするためのケアや生活習慣の改善が必要

脂漏性皮膚炎で皮膚科に受診し、薬を処方されて症状が治まっても、治ったと安心するのは禁物です。

脂漏性皮膚炎になりにくい状態を作り、「再発」しない日常を送ることが出来るようになったら治った!!ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA