乳児湿疹の保湿

新生児の保湿はいつから?新生児期の保湿が将来の肌を決める!?

新生児の保湿はいつから

赤ちゃんの肌ってツルツルもちもちで大人が羨む肌をしていますよね。

赤ちゃん肌という表現すらあるほどです。

生まれたての綺麗な肌に何もつけないほうが良いのでは?思ってしまいがちですが、実は小さいうちからも保湿ケアが必要だったのです。

赤ちゃんの肌は何をしなくても綺麗でツルツルもちもち肌が続くわけではありません。

では新生児の保湿はいつから始めるべきなのでしょうか。

また保湿の方法や赤ちゃんが安全に使用できるように、保湿剤を使用するときに気を付けるべきことについても触れ、ご紹介していきます。

赤ちゃんの肌の状態って?!

生後間もなくから生後3カ月くらいまでは、お腹にいたときの母親の女性ホルモンの影響などにより、肌に十分な水分量や皮脂量が蓄えられています

そのため乾燥知らず、どちらかと言えば皮脂量が多すぎて、毛穴に詰まり、炎症が起こる原因になるほどです。

しかし、生後3カ月くらいになると母親から受け継いだ女性ホルモンの影響はかなり落ち、それとともに水分量や皮脂量も落ちてきてしまいます

常に乾燥しやすい状態の肌になってしまうのです。

また、春夏は汗をかき、汗の蒸発とともに必要な水分量が無くなり、肌が乾燥してしまいます。秋冬は外気が乾燥しがちで、肌も共に乾燥しやすくなります。

肌が乾燥すると、肌のバリア機能が低下し、より肌の水分が逃げやすくなり、外部からの刺激も受けやすく、肌のトラブルが起こりやすい状態となってしまします。

新生児の保湿ケアはいつから始めるべき?!

なぜ?

新生時頃から生後3カ月頃までは皮脂量が十分なので、その上から保湿剤を塗ってしまうと肌トラブルが起きてしまう可能性があると思われがちですが、実は皮脂の分泌量が多いのは、顔のTゾーンだけで、全身はさほど皮脂の分泌量が過剰にならず乾燥しています。

保湿ケアを始めるのは、生後生まれてすぐ、生まれたときから必要です。

毎日しっかりと習慣として保湿を続ける必要があります。

べたつくときは?

生後3カ月頃までは、皮脂の分泌量が多いということで、保湿剤を塗ると尚更べたついてしまい良くないのではないか、皮脂があるから保湿剤は必要ないのではないかと思ってしまいますが、それは間違いです。

皮脂でべたついている時も、保湿は必要です。

不要な皮脂を洗い流し保湿ケアをする。清潔にした状態で保湿ケアをする。これが正解です。

早めの保湿は将来の肌を決める?

赤ちゃんのうちからの保湿が将来の肌質を左右するという情報があります。

新生時期に保湿をすると、健康的で綺麗な自然な肌を保つことが出来ます。肌のバリア機能が高まり肌トラブルが起きにくくなりますね。

アレルギー疾患の発症を予防してくれるという効果まであります。

一方保湿をしないと、肌のバリア機能は低下し肌トラブルが引き起こりやすくなります。

肌が荒れたり、酷い時には皮膚炎を引き起こし、完治までに長期間かかることもあるのです。

例えば乳児湿疹が乾燥により悪化し長引くと、慢性的な湿疹に見舞われるようになる可能性があります。

すると大人になってからも湿疹が出来やすい肌が続き、なかなか改善されないという事態に見舞われます。

従って、赤ちゃんの頃から健康的で綺麗な肌を保てる力を作り上げていく事で、大人になってからも綺麗な肌を保ちやすく肌トラブルが起こりにくい肌を手に入れられることができるのです。

アトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎などが、生まれて間もなくから保湿ケアを始めることで、3割以上の発症率を低下させてくれるということも確認されています。

赤ちゃんの頃から、乳児湿疹が出る前から、肌をしっかりとケアしてあげることはとても大切ですね。

赤ちゃんの保湿剤の塗り方&選び方

赤ちゃんの肌は先ほども言ったように大人の半分くらいの厚さしかありません。

そのためその薄く繊細な肌に使う保湿剤は刺激が少なく、肌に優しいものを選び、塗り方にも注意が必要です。

気を付けるべき保湿剤の塗り方

まずは容器から保湿剤を出す時は、ママの手の平に出すのではなく、甲に出しましょう。

手のひらに出してしまうと、ママの手の平に保湿剤が吸収されてしまいます。

手の甲から塗る場所のいくつかのポイントに保湿剤を点在させた後、手のひらを使って優しく塗り広げましょう。

保湿剤を選ぶ時の注意すベき成分は

防腐剤

赤ちゃんの肌に刺激となる一つ目の成分としては防腐剤や保湿剤です。

良く保湿剤等のスキンケア商品には、防腐剤アルコールエタノールなどが商品を腐敗させないように含まれていることが多いのです。

肌への刺激となるだけではなく、肌の水分を蒸発させてしまう影響をうけ、乾燥してしまうので避けましょう。

パラベン

2つ目はアレルギーの原因となるパラベンというものは皮膚アレルギーを発生させる可能性があるのにも関わらず、安全だとして保湿剤に含まれていることがあるのです。

パラベンは赤ちゃん薄い肌にはあまりよくありませんので、含まれていないものを選びましょう。

化学成分

3つ目は石油系の化学成分です。

保湿剤には界面活性剤や鉱物油合成香料、着色料、パラフィンなどと記載されているでしょう。

これらは大人であってもホルモンバランスを崩してしまうことがあります。

大人よりも皮膚が薄い赤ちゃんの肌に大人でも影響されるような成分を塗るのは避けたいですよね。

化学成分が含まれていないものを選びましょう。

ワセリン

ワセリン」は、時に肌を保湿するためには一番最適だと言われることがあります。

しかし、実はそれは間違いだと言えます。

ワセリンは石油由来であり、油分が肌のカバーのようになり、水分の蒸発を防いでくれるのです。

しかし、肌自体が乾燥しているところにワセリンを塗っても、肌に水分を与えることはできないので、正しい保湿ケアはできていません。

また石油由来なので肌が赤くなったり発疹が出てしまうこともあるので注意が必要です。

ワセリンが含まれていない保湿剤のほうが安心して使用することが出来るでしょう。

乳児湿疹に悩んだ私が選んだ保湿剤は?

前向き

我が子の肌に直接塗るものです。私は慎重に選びました。

そこで薬局をまわり、避けるべき成分の含まれていない保湿剤を探し、これなら良いかと感じたものは次々と購入し、手当たり次第という言葉がピッタリなほどに様々な保湿剤を使ってみたのです。

しかし結局、乳児湿疹が治るまでの効果を得られる保湿剤や、長時間保湿された潤いのある肌が続くような保湿剤と出会うことはできず、時間もお金も物凄く無駄にしました。

そんな中、薬局では一度も見たことのなかった【アトピスマイル クリーム】というものをインターネット上で見つけたのです。

アトピスマイルクリームには私が我が子に塗るのを避けたかった成分は全く含まれていませんでした。

更に肌への保湿力がとても高く、肌バリア機能が高まり、強い肌の基盤を作ってくれるというものでした。

私はやっと我が子に安心して使用できると自信をもてる保湿剤との出会いです。

それ以来お風呂上りの保湿ケアとして全身にアトピスマイルクリームでケアしているのですが、冬の時期でもカサカサになることもなく、いつもスベスベで潤った肌を保つことが出来ています。

同じように乳児湿疹に悩むママ友や、保湿剤を何個も購入し、無駄な思いをしているというママ友にもアトピスマイルクリームを勧められると、物凄く感謝されました。

根気よく保湿剤探しをしてよかったなと思います。

乳児湿疹に使用する保湿剤はアトピスマイルクリーム一択です!!

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら