接触性皮膚炎は市販薬で治るの!?あなたの使い方では悪化するかも!?

接触性皮膚炎と市販薬1

私はネックレスを新しく買い換えました。

さほど高くないものをいくつか購入し、毎日の服装に合わせてつける事にしました。

すぐに無くしてしまうので、安価なものにしたのです。

新しいネックレスを付けて出社。

気分はものすごくウキウキしていました。

ところが、仕事中ネックレスを付けているところが少し痒いなと思っていたのですが、久しぶりにネックレスを付けたからかな・・・。くらいにしか思っていませんでした。

いつも通り帰宅し、部屋着に着替えようとしたとき、全身鏡に映った自分の首元、鎖骨あたりに驚きました。

肌が赤みを帯びていて湿疹のようなものも出ていました。

ネックレスを外しても痒みや赤みは続き、寝る時もウズウズしてしまい、よく眠れませんでした。

仕事を休むわけにもいかず、翌日も痒みを我慢して出社したのですが、昼休みに確認してみると、湿疹が出来ていた部分が水ぶくれのようになっていたのです。

さすがにまずいなと思った私は皮膚科を受診。

診断結果は接触性皮膚炎と診断されました。

接触性皮膚炎とは?

接触性皮膚炎と市販薬1

接触性皮膚炎とは、体外から受ける何らかの原因物質により、皮膚にかゆみや赤み、痛みなどが引き起こり、赤く腫れます。丘疹と呼ばれるブツブツができることもありますし、悪化すると水ぶくれのようになることもあります。

接触性皮膚炎の種類

接触性皮膚炎には様々な種類があり、その中でも私の接触性皮膚炎は刺激性接触皮膚炎かアレルギー性接触皮膚炎だと言われました。

  • 刺激性接触性皮膚炎・・・刺激物が皮膚に付き誰にでも起こるもの。
  • アレルギー性接触性皮膚炎・・・何らかのアレルギーをもつ一部の人がアレルギー物質が肌に触れることで引き起こる。

私は医師から、湿疹が起きる前に何か変わったことや環境の変化、ライフスタイルの変化はあったかということを聞かれました。

私がネックレスを付け始めたということを伝えると、それが原因かもしれないということでパッチテストが行われました。

するとやはりアレルギー性接触性皮膚炎でした。

湿疹の原因はニッケルとコバルトという金属アクセサリーに良く使われている物質に対して私はアレルギー反応を起こしてしまっていたのです。

接触性皮膚炎の治し方

接触性皮膚炎と市販薬2

接触性皮膚炎を治すための方法は3つありました。

  • 原因物質を避ける。

私の場合はネックレスを付けることを辞めるか、ニッケルやコバルトという金属ではなく、アレルギーが起こりにくいプラチナやチタン、銀などのものに変えると良いかもしれないと伝えられました。

  • 炎症を抑える。

炎症を抑えるために、ステロイド外用薬が処方されました。

  • かゆみを抑える。

掻くと悪化してしまいます。かゆみを抑え患部に触れないことが早く治すための手段です。掻いてしまうと更に炎症が悪化し、更に痒くなり、掻いて悪化という最悪の悪循環に陥ります。

かゆみを抑えるためにということで抗ヒスタミン内服薬を処方されました。

処方されたのはたった5日分で、5日だけの塗布と内服で治るのか?と不安でしたが、見事に徐々に痒みや赤みがひき、完治したのです。

接触性皮膚炎の再発

私は接触性皮膚炎の事を誤解していました。

炎症が起きている時だけ、原因となったネックレスを避けていればよいと思っていたのです。

ネックレスを付けて出社すると、再発!

実は接触性皮膚炎が薬で治っても、その後また原因物質に触れてしまうと何度でも再発するものだったのです。

市販薬では治らないの?

接触性皮膚炎と市販薬3

私は接触性皮膚炎が再発したということは確信していたので、接触性皮膚炎は皮膚科に行かずに市販薬で治すことはできないのかと思い調べてみることにしました。

というのも、仕事が忙しく皮膚科に行く時間が取れなかったのです。

必要なのはステロイドと抗ヒスタミン薬。

市販には売っていないのかなと探しました。

すると市販にもステロイド、抗ヒスタミンが配合されている薬がいくつかありました。

市販薬でステロイドの選び方

市販薬にもステロイドがあったのですが、ステロイドの中にも強さに違いがあり、選ぶものを間違えてしまうと、効かなかったり、逆に副作用が出てしまったりということがあります。

ステロイドの段階

  • strongest(最も強い)
  • verystorng(とても強い)
  • stong(強い)
  • medium(普通)
  • weak(弱い)

市販ではstrongest・Medium・Weakの3つが販売されています。

炎症が酷ければ強いものを、皮膚の薄い顔なら普通以下のものを、さほど炎症が酷くなければ弱いものを選ぶと良いでしょう。

抗ヒスタミン薬の選び方

抗ヒスタミン薬も市販で販売されています。

よく花粉症用の内服薬に抗ヒスタミン薬が含まれています。

抗ヒスタミン薬にも2つの種類があります。

  • 第1世代抗ヒスタミン薬・・・副作用は合っても効き目を優先させたい場合。
  • 第2世代抗ヒスタミン薬・・・副作用で眠くなりやすい薬であるものの、効き目よりも眠くなりにくいということを優先させたい場合。

自らが求める方を購入すると良いですね。

市販薬を使用する時の注意点

  • ステロイド・・・ステロイドの使用は自己判断で行うと危険であり、症状を悪化させてしまったり、強い副作用が出る場合もあります。

医師の診察なく使用することは勧められておらず、安易に使わないほうが良いとされています。

副作用として、長期使用により、皮膚萎縮や多毛、皮膚線条、等々の副作用が出ることがあり、医療機関でも慎重に使用されている薬です。

ステロイドの使用ですぐに炎症を抑える事はできますが、使用するステロイドの強さ、塗る量、塗る期間などを自分で決めるのは自己責任となってしまいます。

  • 抗ヒスタミン内服薬・・・抗ヒスタミン薬は副作用として眠気、血圧低下、吐き気などがあります。

病院で処方されるものよりも、市販のもののほうが副作用が出やすいということもあるため、慎重に体と相談して使用する必要があります。

市販でも対応する事はできますが、長期にわたる症状が出ている場合や、市販薬を使って悪化してしまったという場合は、早急に受診することをおすすめします。

私は市販のステロイドと抗ヒスタミン薬を使用してみたのですが、炎症はすぐに治まるもものの、市販の抗ヒスタミン薬では痒みを和らげる効果はあまり感じられませんでした。

接触性皮膚炎が再発しない方法が知りたい!!

接触性皮膚炎と市販薬4

私は接触性皮膚炎になってから、一切ネックレスはもちろん、アクセサリー類全般が付けられなくなってしまいました。

ピアスも試して見ましたが、穴の中がグチュグチュになって痒くなってしまうような状態でした。

思い切ってプラチナのネックレスを1つ購入してみたものの、結局長時間付けていると痒みがひき起こってしまうのです。

そこでなんとか接触性皮膚炎の症状が出ないように体質改善できないのかと思うようになったのです。

接触しても大丈夫な肌が欲しい・・・。

でもそんなこと出来る訳ないかな・・・。

と思い、調べていた時に見つけたのが澄肌漢方堂という内服薬でした。

澄肌漢方堂で接触性皮膚炎完治?!

澄肌漢方堂は生薬の力で肌にアプローチしてくれる第2医薬品でした。

効果

  • かゆみを抑える
  • 炎症・赤みを抑える
  • 掻き傷を改善
  • アレルギー体質改善
  • シミ・色素沈着に作用

澄肌漢方堂は接触性皮膚炎が起こっているときの改善にもなり、接触性皮膚炎ガ起きにくい体質に改善してくれるものでもあったのです。

しかし、体にとって本当に安全なのという疑いがあり、すぐに購入はできませんでした。

  • 安全なの?

品質検査をクリアしている薬でした。と言われても良く分らなかったのですが、

厳しい検査で、残留農薬検査・重金属検査・ヒ素検査・微生物検査・純度検査・残留硫黄検査にクリアしたという薬で、体に害となるものは一切含まれていないということが分かりました。

更に無駄なもの、タール色素や防腐剤などというものも含まれていないということで、長期間飲みつづけても害が起きない薬でした。

  • 生薬ってまずそう・・・。

粒の色も緑っぽいしまずそうだなと思ったのですが、粒の表面がコーティングされているおかげで、生薬独特の臭み苦みなどは感じず、形状にもこだわられていて、のみやすい薬です。

安全だし、接触性皮膚炎に効果がありそうだし、無駄なものも含まれていない、まずくもないなら・・・と思い購入しました。

更に購入する直前で、更に購入後の健康相談や他の薬剤との飲み合わせに付いてなどを薬剤師さんに電話で気軽に相談できるというサービスがついていて、もし効果が感じられなかったり、体に合わないという場合は、90日間の返金保証で全額返金されるということで、尚更安心して購入出来ました。

澄肌漢方堂で接触性皮膚炎の完治

接触性皮膚炎と市販薬5

澄肌漢方堂が届き、いざ服用。

1日3粒から5粒ということで、初日は朝昼晩1錠ずつ服用しました。

これで本当に治るのかなと思ってしまうほど何の変化もなく、ただ飲みやすく苦痛に感じることもないので飲みつづけてみましたが、1週間経っても特に何も変化なし・・・。

これって飲む意味あるのかな?と思い2週間目、3週間・・・。

私自信原因であるニッケルとコバルトを避けていたので、痒みや炎症が起きない事には特に大きな変化は見られないはずですよね。

しかし、この数週間後に私はこの意味のないような服用に感謝することになったのです。

澄肌漢方堂を飲み始めてから2か月ほど経ち、時々なぜか肌にかゆみを覚えることがありましたが、澄肌漢方堂のおかげで炎症が酷くなることもなく過ごしていました。

そんな時、私はある重大なミスを犯してしまったのです。

職場にはアイスマグカップが置いてあり、時々職場の仲間が休憩にとコーヒーを入れて持ってきてくれるのですが、ニッケルが使われていると思ってから、使用しないように気を付けていたのです。

ところがその日は仕事が忙しく、喉が渇いたと思って気にせず机の上に置いてくれたコーヒーを片手間で飲んでしまったのです。

仕事がひと段落して、飲み終えたコップを返そうとしたとき、ハッ!としました。

私ニッケルに口を付けた。ニッケルのコップに入ったコーヒーを飲んでしまった・・・。

これは一大事。大変なことになった・・・。ととりあえず急いで帰宅し、全身の様子を見ました。

しかし、全身は特に変わりなく普通。

ただしコップを持っていた左手の一部と唇の下が少し赤くなっていて、少し痒い気がする・・・。

市販の薬を塗り、澄肌漢方堂を飲んで、休息。

夜に大変な事になり救急病院へ行かなければなくなるかもしれないと思い、すぐに出かけられる用意までしていました。

しかし、そんなこんなでいつの間にか寝てしまっていて、目覚ましが鳴り、起きれば出社の為に家を出る時間!!

かゆみで起きることもなく、手の赤みも唇の下の赤みも綺麗に治っていて、何の異変も起きていなかったのです。

ぐっすり眠ってしまい朝に・・・。拍子抜けしました。

まとめ

希望

私がもしを服用して澄肌漢方堂いなかったら、アレルギー成分を体内に取り込んだのですから、一大事件になっていたはずです。

しかし、澄肌漢方堂を毎日飲みつづけていたおかげで、炎症が起きてもすぐに改善されましたし、何よりも、アレルギー体質が改善されているという証拠でした。

その事件から私は澄肌漢方堂をものすごく信用し頼りにし、毎日朝2粒、昼1粒、夜2粒服用しています。

今ではネックレスやピアスを朝から帰宅まで付けているくらいならなんてことなくなりました。

さすがにつけたまま寝て・・・というのをくりかえしていると痒みを感じてきますが。

澄肌漢方堂を飲んでから、金属に対しての恐怖心も軽減されました。

今まではトイレの蛇口やドアノブも気にしてしまうほどでしたから・・・笑

毎日飲みつづけるだけで、接触性皮膚炎から抜け出させてくれえている澄肌漢方堂は今後も愛用し続けます。

医療控除対象なので更に良いです!!笑

公式サイトはこちら→澄肌漢方堂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA