アトピーの治し方

半身浴はアトピーに良いことばかりだった!?そのわけをまとめてみた!

半身浴とアトピー1

半身浴で汗をかくことはデトックス効果で、美容にも身体にも良いとされていますよね。

でも、アトピーの人にとって汗は大敵!汗をかくことでかゆみが出てしまうので、半身浴をあえて避けている方もいるかもしれません。

しかし、アトピーだからこそ、半身浴は良い効果をもたらせてくれるんです。

実際にアトピーの私も、半身浴をしていた時期がありました。アトピーもちの息子と一緒にやっていたんです。

半身浴でアトピーが治ったとか、劇的に改善したということではありませんが、半身浴をすることで良い効果はたくさんあったと実感しています。

今回は、半身浴がなぜアトピーにおすすめなのか、そして、半身浴のコツや注意点などを、私の体験をふまえながらご紹介したいと思います。

半身浴はなぜアトピーに良いのか

半身浴とアトピー2

汗をかくことでデトックス効果が期待できると言われている半身浴ですが、アトピーの中でも、乾燥性のアトピーには特に効果的なんです。

アトピーの方は、汗腺が閉じていて汗をかきにくく、皮膚の脂分などが分泌されずに乾燥していることが多いのですが、半身浴をして血行が良くなると汗腺を開くことができます。

よく、汗はかくけれどアトピーの症状が出ている部分だけは汗をかかないという人もいるんですよね。やはりアトピーだと正常な肌よりも、汗腺が弱いというのが分かります。

私はアトピーでもわりと汗はちゃんとかける方だと思うんですけど、息子はあまり汗をかきません。

汗をかくとメイクが崩れたり、臭いも気になるので、特に女性は汗をかきたくない!と思いますが、体のことを思ったらやっぱりちゃんと汗をかけた方が良いですよね。

汗をかく方法と言えば、お風呂の他にも運動をしたり、「サウナ」や岩盤浴なんかもおすすめです。でも、アトピーの人にはやっぱり半身浴がおすすめなんです。

半身浴での発汗をおすすめするわけ

半身浴とアトピー3

汗をかくとアトピーがかゆくなる。アトピーの人が汗を避けたい理由はこれです。

例えば、適度な運動は体のためにも取り入れた方が良いのですが、運動で汗をかいた場合、すぐに汗をきれいにして肌をケアするのが難しいですよね。

こまめに汗を拭いたとしても、限界があります。

汗が肌についたままになると、かゆくなったり、細菌の繁殖の原因になってしまうこともあります。

そして、サウナや岩盤浴ですが、こちらは一気に大量の汗をかきます。それはそれでおすすめなんですが、かゆみが出てしまう可能性も高く、体に少し負担もかかります。

運動もデトックスも体にとても良いことですが、それでかゆみが出て掻き壊してしまったら意味がないというか、逆効果になってしまいますよね。

その点半身浴は、汗をかいても汗が肌に留まることがありません。それに、自分のペースでできるのもメリットです。

温度や時間を調整しながら半身浴をして、ゆっくりゆっくり汗腺を開いていく。かいた汗はその場でお湯に流すことができる。

アトピーの人が「」をかくには、とても良い環境だと思いませんか!?

もちろん、かゆみが出てしまう場合もあります。でも、半身浴を続けていると、次第に慣れていって、かゆみが出なくなります。

息子も、最初はすぐに「かゆい」と言って5分も湯船に入ることはできませんでしたが、いつの間にか15分から30分くらいは湯船に入り続けることができるようになりました。

そうなってくると、汗もちゃんと出るようになってきて、ベタベタの汗からサラサラの汗に変わってくるのが分かります。このサラサラの汗がポイントかもしれません。

息子を見ていて思ったのが、サラサラの汗になるとかゆみがなくなるのかな、ということです。

そして、乾燥した肌はしっとりきれいになります。私も半身浴をしていた時期は、肌に指が触れた時の感触からして、全然違いました。

そして、半身浴をすれば肌のターンオーバーを促すこともできます。

滲出液の時期も半身浴はできる?

アトピーで滲出液がジュクジュクしている時期の入浴はキツイという方もいるかもしれませんが、滲出液の時期にも半身浴は良いと言われているんですよ。

息子は「滲出液」が出ている時でも、入浴を嫌がらなかったので半身浴をしていましたが、息子の出た後の湯舟はすごい色をしていました。

茶色のような、緑のような、どうすればこんな色になるのか?というような色です。

息子の体からは一体何が出ているんだ!と、冗談で言っていましたが、アトピーの毒素だったりするのかなぁ?と、考えたこともあります。

まだまだある!アトピーの人が半身浴をするメリット

半身浴とアトピー4

半身浴の良い点はまだまだあります。

半身浴をすると、代謝が良くなり自律神経の働きが活発になるんです。

交感神経と副交感神経ってありますが、アトピーの方って交感神経から副交感神経へのスイッチの切り替わりが上手にできない、と聞いたことはありますか?

目に見えることじゃないので分かりにくい部分ですが、半身浴をするとリラックスして副交感神経が刺激されます。

そうすると「ストレス」が解消されてアトピーにも良い効果があるというわけです。

私も半身浴で湯船につかっている時は、ものすごい解放感を感じてリラックスできているのが分かります。

その解放感は、日常の中では他になかなかないと思うので、その時は余計なことを考えないようにしています。

アトピーを良くしたいから頑張る!なんて、絶対考えません。アトピーのことを気にしない時間!とルールを作るのも良いかもしれませんね。

半身浴で効果的なのはこんなやり方

半身浴とアトピー5

次に、半身浴の入り方をご紹介します。

私は、わりと自己流でやっていたのですが、ポイントを抑えた方がより効果が得られるはずです。

お湯のつかり方

  • 湯量はみぞおちあたりまで
  • 時間は20分から30分
  • ぬるめのお湯 37℃から38℃(冬場は40℃程度でもOK)

時間は20分から30分がおすすめです。

好きなだけ入るとか、40分以上とか、人によってやり方はあるのですが、最低でも20分以上は入ることをおすすめします。

その理由は、血行を促進させるためには血液を全身に20回ほど巡らせなければなりません。

血流が1巡するのには1分ほどかかると言われているので、20分で20巡した頃に体が温まり始めるんです。なので、最低でも20分はお湯に浸かりましょう。

そして、温度はぬるめのお湯。こちらも熱いお湯にじっくりつかるなどのやり方もありますが、アトピーだとぬるま湯がいいと思います。

あまり温度が高いと、肌が乾燥してしまうんですよね。

これは試してもらうといちばん分かりやすいと思います。肌がしっとりしているか、乾燥しているかが感覚でよく分かると思います。

息子のアトピーがひどかった時には、熱めのお湯で肌が乾燥すると、お風呂に入っているのにもかかわらず、背中がカサカサで皮膚がささくれ立っていました。

本当にしっとりしている時は、皮膚がささくれ立つなんてことはまずありません。

肌が乾燥したり、温まりすぎるとかゆみが出てしまう場合があるので注意です。

半身浴のポイントは!?

半身浴とアトピー6

半身浴のポイントと注意点はこちらです。

水分補給

半身浴は汗をたくさんかくので、脱水にならないためにも水分補給はしっかりしましょう。

ポイントは、入浴前と入浴後の水分補給、できれば途中でも水分を取ると良いです。水分を取った方が汗をかきやすくなりますしね。

汗は拭き取らない

汗がダラダラ出てきたら、お湯で流す程度にしましょう。

タオルなどで拭き取ると、タオルの摩擦で皮膚を刺激してかゆくなってしまう場合があります。

食後30分以上たってから

食後ある程度たってから入浴しましょう。

食後は消化をするために胃にたくさんの血液が集中するのですが、半身浴をすると胃に必要な血液が行き届かなくなって消化不良を起こす可能性があります。

また、食後しばらくしてからの入浴の方が、安眠効果も高いと言われているんですよ。

楽しみを作り半身浴をストレスにしない

長く湯船につかるのが苦手な方もいますよね。何もせずじっとしていることがストレスになる方もいるかもしれません。

せっかくの半身浴がストレスになってしまわないために、半身浴をしながら読書をする、音楽を聴く、映画を見るなど、自分の好きなことをしてしまいましょう。歌を歌うのもいいですね。

スマホも防水であれば持ち込めるし、海水浴などで使う防水カバーも売っています。

私の場合、頭を空っぽにして無になることがストレス発散だったりするので、特にアイテムは必要ありませんが、時々本を読んだりします。

お風呂で湯船に浸かりながら、好きなことを考えたりイメージするとリラックス効果が増すらしいですよ!

アトピーのために半身浴!と、アトピーのことばかり考えずに、好きなこと、楽しいことをイメージしてみてくださいね。

入浴剤で楽しむ

入浴剤」は肌に優しく、アトピーの人でも使えるものを選びましょう。

我が家では入浴剤とは違いますが、塩、酒、重曹&クエン酸など、肌に良いとされているものを入れて半身浴をしていました。

肌に良くても香りは楽しめないので、アロマを使ったり。楽しみ方は色々ありますね。

その他のポイントとしては、お湯から出ている上半身が冷えるのを防ぐために、時々かけ湯をするのもおすすめです。

汗をかけない場合には

半身浴を続けていれば、次第に汗が出るようになるし、そうなるとかゆみも抑えられてきます。

はじめのうちに汗をかきずらい場合には、浴室をシャワーの蒸気で温めておくとよいです。

あとは、半身浴の前にいちど全身浴をして体を温めたり、湯船に蓋をして顔だけを出しておくなども、汗がでやすくなります。

無理は禁物!半身浴の注意点

半身浴とアトピー7

注意点は、先程も言ったように熱すぎるお湯に入らないこと。

そして、かゆみがでたり体調が悪いと思ったら無理をせずに休んだり、お風呂から出ることです。

息子もはじめは、お湯に入るとすぐにかゆがって長くは入れなかったし、かゆみがなくても「熱い~」と言って、じっと入ることはできませんでした。

そんな時は無理をさせずに、休ませたりあがらせたりしていました。

私も同じで、体調がイマイチだなと思った時や、肌が乾燥して辛いなと思った時は、無理せず切り上げていました。

体が熱くなり過ぎた時は、冷水を足元にかけたりするのもおすすめです。

息子はよくふざけて、熱くなると冷水を足にかけたりしていたんですが、私も真似してみると、火照りも取れるし、かゆみが引くこともありましたよ。

アトピーに半身浴はよくないという話

半身浴とアトピー8

半身浴はアトピーに良いと紹介してきましたが、それとは逆に、アトピーに半身浴はよくないという説もあります。

その理由としては、やはり半身浴がかゆみを起こす原因となるからです。

確かに、半身浴がかゆみの引き金になってしまうこともあるし、それでも無理をして半身浴を続けるのは避けた方が良いです。

でも、メリットはたくさんあるので、半身浴が絶対に良くないとは言いきれないですよね。

無理をせずに、アトピーの症状と相談しながら徐々に慣れていってもいいし、肌の調子が良い時には半身浴をする、とかでもいいと思います。

私の知人には、症状がひどい時こそ半身浴がいいと言う人もいます。外気に晒されているよりも、楽なんだそうです。

私は、アトピー症状がひどく出ている時の半身浴は患部の痛みが気になってとてもリラックスはできません。人によって、様々なんですよね。

また、半身浴の汗によるデトックス効果はわずかでしかないとも言われています。でも、だから半身浴は意味がないかと言えば、そんなことはないですよね。

自律神経を整えたり、リラックス効果があったり、血行促進にもなるし。そして、何よりもアトピーの人にとって大切なのは、半身浴で汗腺を強くすることができるということです。

汗腺のトレーニングのためにも、半身浴はやっぱりおすすめです。

まとめ

汗をかくのが苦手なアトピーの方も、半身浴で汗をかくのはとても良い効果があります。それは、汗が肌に溜まることなく汗腺を開くことができるからです。

そして、自分のペースでできるところも、半身浴のメリットです。

半身浴のポイントは、

  • 湯量はみぞおちあたりまで
  • 時間は20分から30分
  • ぬるめのお湯 37℃から38℃(冬場は40℃程度でもOK)

自分流の楽しみや、リラックス効果がアップできそうなアイテムを使ったりして、半身浴を楽しんでみてください。

自分の体調や、アトピーの症状を見ながら、無理はせずにできる範囲で試してみてくださいね。

半身浴に慣れて、問題なく入れるようになると、肌がしっとりつるつるになってくるのが実感できますよ!

私もまた、半身浴を始めてみようと思います。