乳児湿疹がほっぺに出た!!早く治す為の3つの対策!!

泣く赤ちゃん

赤ちゃんのほっぺが真っ赤に。

真っ赤なほっぺの原因は乳児湿疹?それとも別な肌の病気?

ほっぺを赤ちゃんらしいきれいに透き通る赤みの無い状態に回復させるための方法をご紹介します。

正しくケアをすることで、真っ赤なほっぺは見違えたように綺麗になりますよ。

ほっぺの乳児湿疹、原因は?

赤ちゃん部屋

なぜほっペの乳児湿疹が酷いのか、赤くなってしまっているのかを知ることが大切です。

赤ちゃんの肌の状態

赤ちゃんの肌は、大人の肌よりずっと薄くデリケートです。

薄さにして大人の半分以下から3分の1程度の厚さしかないのです。

大人の場合は肌の角質層がバリアとなり、肌の潤いを保ち、外部の刺激からも肌を守ってくれていますが、赤ちゃんの肌はそうは行きません。

傷つきやすく、物凄く繊細で、そして乾燥しやすい状態なのです。

生後1ヵ月くらいまではママのお腹にいたときの胎脂が肌の表面にあり、守ってくれていますが、それも「新生児落屑」という症状を経て剥がれ落ちます。

生後2カ月から3カ月は皮脂が過剰にぶんぴつされるため、酷い乾燥に見舞われるということはありません。しかし、皮脂が赤ちゃんの小さな毛穴に詰まり、炎症を引き起こす可能性が高く、ほっぺにも乳児湿疹が出ることがあります。

しかし、ほっぺは顔の部位の中でも皮脂の分泌量がさほど多くは無く、この時期に乳児湿疹が出やすいのはおでこや頭皮や生え際などの皮脂の分泌量が多い部分です。

ほっぺの乳児湿疹が出やすい時期

ほっぺの乳児湿疹が出やすい時期は生後3カ月以降からです。

生後3カ月頃からは、皮脂の分泌量が低下し、肌が乾燥しやすい状態になります。

そして元々皮脂の分泌量がさほど多くないほっペは酷い乾燥に見舞われます。

肌は乾燥するとバリア機能が低下し、外部からの刺激を受けやすくなり炎症が起こりほっペに乳児湿疹が出てしまうのです。

ほっぺの乾燥の原因は?

ほっぺが乾燥してしまう原因として、皮脂の分泌量が低下し乾燥しやすくなるということが挙げられます。

しかし、それ以外にも外的要因により乾燥は悪化し、ほっぺの乳児湿疹が出やすくなってしまうのです。

  • 気温や湿度
  • 汗によるダメージ
  • 紫外線
  • よだれ
  • たべこぼし

などなど様々な要因が挙げきれないほどあります。

ほっぺは衣類にも保護されず、いつも外気に触れている部分というだけあって、ダメージに舞われやすく乳児湿疹が出来やすい部分なのです。

ほっぺの湿疹、自宅ケアの方法は?

ではほっぺの乳児湿疹が酷くならないように、綺麗なほっぺを取り戻すために自宅で出来るセルフケアです。

ほっペを清潔に

清潔に保つということがまずは大切です。ほっぺは外気にさらされ続ける場所であり、汚れが付きやすい場所です。

毎日の「お風呂」でしっかりと汚れを落としてあげなければいけません。

また授乳や食事による食べ物の付着よだれなども肌へのダメージとなり乳児湿疹の原因となります。

汚れが付いた時はこまめに拭き取り、汚れによるダメージから肌を守りましょう。

肌着は綿100%にする、寝具などはこまめに洗う、お布団を干す。など当たりまえの事ですが大切です。

保湿ケア

余分な皮脂を落とし、綺麗にしてあげてから保湿してあげましょう。

赤ちゃんの小さな顔を洗うのは大変ですが、慣れたら簡単です。

キレイなガーゼを使用し、泡を使い優しく洗ってあげましょう。

夏など、汗をかきやすい時期はこまめに顔を洗い、汗疹を予防するためにシャワーを浴びることも大事です。

ただし、ここで一つ注意してほしいのは、赤ちゃん用「ボディーソープ」は洗浄能力が強い成分が入っている為、皮脂がとれすぎて肌が乾燥してしまうということです。

肌の乾燥は、よりたくさんの皮脂の分泌を促し、場合によっては湿疹の悪化につながりかねません。

そうならないためには、肌を乾燥から守ってしっとりさせてくれるタイプのソープを使用するのが良いです。

食事を和食中心に

味も濃いものではなく、できるだけ薄く。

ただでさえ脂質の分泌の多い状態の赤ちゃんの肌に、とてもよくないのが質の悪い「母乳」です。

野菜中心の和食は母乳の質を高めるためには最高の食事です。

栄養価の高いものを使い、油を多く使う料理を避けることが赤ちゃんの健康にもママの健康にもつながります。

ただ、ママ自身がまずいと思うものを食べ続けるのはストレスになるので、好みに合わせた味付けにしながら、薄味を心がけてみてください。

そして、甘いものが食べたいときは洋菓子よりも和菓子にすれば、少しでも糖質の少ないものを選んだことになります。

糖質が多い食事は乳腺炎を引き起こす原因にもなります。

私は3人子供を産み3人とも乳腺炎になりました。

どんなに気を付けてもなってしまったので体質もあると思いますが、特に気を付けた3人目は酷くはならずに済みました。湿疹も、3人目が一番軽く早く治りました。

まとめ

赤ちゃんのほっぺ

生後1.2か月からできる湿疹はどんな赤ちゃんにもできます。

赤ちゃんに見られる湿疹のほとんどが赤くニキビのようなポツポツができたり、それが悪化すると黄色いかさぶたができて頭皮にも湿疹が広がります。

ただ、このような乳児湿疹は自宅でのケアでほぼ良くなっていくのです。

かゆみがないので赤ちゃんも湿疹のせいでぐずることはほぼないと思います。

そして、ケアを続けママの食生活に気を付けても治らない時は病院へいきましょう。

  1. 洗顔と保湿を
  2. 外部からの刺激を少なくしてあげる
  3. 質のよい母乳を

これらを実践し、赤ちゃんの綺麗な肌を守ってあげてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA