乳児湿疹経験者が語る‼ベビーローションで治るってホント?

我が子の乳児湿疹が酷く目立つようになり、育児書などを見ていると、清潔と保湿をすればよくなるということで、毎日入浴と保湿ケアを欠かさずに続けていました。

しかし、乳児湿疹は一向に良くならず、みるみる悪化してしまいます。

顔の湿疹が一番酷く、赤みや湿疹に覆われ顔は誰にも見せられないと隠してしまいたくなるほどでした。

私が我が子の保湿に使用していたのは市販のドラックストアなどで手に入るベビーローションです。

ベビーローションで乳児湿疹を治すことはできるのでしょうか。

我が子の場合は、ベビーローションが原因で乳児湿疹が悪化してしまっていました。

乳児湿疹にベビーローションでの保湿は有効か否か、我が子が乳児湿疹を治すことが出来た保湿剤についてもご紹介します。

乳児湿疹にベビーローションで治る?

乳児湿疹がベビーローションで治ることはあります。

乳児湿疹にとって、肌を乾燥させず保湿してあげることがとても大切だからです。

更に、乳児湿疹が出て乾燥している肌は、水分は足りておらず皮脂(油分)が多い状態なので、オイルなどで肌の表面を保護するように保湿をしても意味がありません。

そこで肌に水分を与えられ、油分で保護も出来るベビーローションでの保湿は乳児湿疹が起こっている肌にとって有効な保湿なのです。

なぜベビーローションで乳児湿疹が悪化した?

ではなぜ我が子の乳児湿疹はベビーローションで保湿をしていたのに悪化してしまったのか、このまま保湿を続けていたら治るのか?とおもっていたのですが、実はベビーローションで保湿をすることで悪化してしまう場合がありました。

ベビーローションにより悪化する理由

ベビーローションの使用により、乳児湿疹が悪化してしまう理由として挙げられることは4つあります。

  • ベビーローション自体が古く変質が原因で肌への刺激となり悪化
  • 皮脂の分泌量は足りているのに油分をローションにより与えてしまった事による悪化
  • サラッとした塗心地であるため、手のひらと肌が擦れてしまい、摩擦による悪化

そして一番、ベビーローションを使用したことにより乳児湿疹が悪化してしまう原因として挙げられるのが、ベビーローションに含まれている配合成分による刺激です。

市販のベビーローションには、赤ちゃんから使用できるようにと出来るだけ肌に優しい成分で作られてはいますが、乳児湿疹が起こり、更に肌のバリア機能が低下し、弱った赤ちゃんの肌にとって、強い刺激となってしまう成分が含まれている事も少なくありません。

ベビーローションに含まれている成分が肌への刺激となり、乳児湿疹を悪化させてしまっていることが一番の原因として考えられるのです。

我が子の乳児湿疹を治した安心の保湿剤は?

そこで私は乳児湿疹が出ている赤ちゃんの肌にも刺激を与えることなく、物凄く肌に優しい保湿剤を探しました。

しかし、市販の保湿剤には、低刺激や赤ちゃんから使用できると書いてあっても、成分表示を見ると、界面活性剤や香料や着色料、パラベン(防腐剤)、鉱物油等々肌に刺激となってしまう成分が何かしら含まれてしまってたのです。

限りなく肌に刺激を与えることなく、尚且つ肌を十分に保湿できるアイテムは無いのかと必死で探していた時に見つけたのが【アトピスマイル クリーム】でした。

肌に刺激となる成分が含まれておらず、赤ちゃんからでも、炎症が起きた後の弱った肌にでも安心して使用することができ、更に肌の奥深くまで潤いを与えて肌のバリア機能を高めて強い肌へと導いてくれる保湿剤でした。

市販の保湿剤は肌の表面ほどまでしか保湿できないのに対し、アトピスマイルクリームは肌の基底層という奥深くまで浸透し肌を保湿してくれるという市販の保湿剤とは比べものにならない保湿力でした。

塗ってみただけでも違いがかなりあり、市販のベビーローションを使用していた時は、塗った時は肌の乾燥が防がれた感じがしても、少し時間が経つとすぐに肌が乾燥してしまい、何度も塗り直しが必要でした。

一方、アトピスマイルクリームで保湿をすると、夜に保湿をしたら朝まで我が子の肌がしっとりとしている状態が続くほど、肌の表面だけではなく、内部まで潤いを与えてくれていることが感じられました。

またアトピスマイルクリームならではの、肌に与えた水分を肌自体が保持しておく力を高めてくれるという効果によって、更に我が子の肌がカサカサに乾燥したり、油分だけが酷く分泌しオイリーな感じになることもなくなり、油分と水分のバランスが丁度よいような肌に改善されていきました。

【アトピスマイル クリーム】での保湿を始めてから、乳児湿疹の赤みも徐々に引いていき、湿疹も小さくなっていき、乳児湿疹を薬などを使用することなく治すことが出来たのです。

まとめ

乳児湿疹が酷くなると、病院の薬等を使用しなければいけないと知り、一時は薬は使用したくないな、副作用なども心配だな、セルフケアで治したいなと不安でいっぱいでした。

しかし、ベビーローションからアトピスマイルクリームへと保湿剤を変えてから、乳児湿疹はみるみる改善されていき、薬などを一切使用せずして、治してあげることが出来ました。

清潔と保湿をしていれば乳児湿疹は治ると言われていますが、肌に刺激を与えずに十分に水分や潤いを与えられる保湿剤を使用した保湿を行わなければ治らないのですね。

今でもアトピスマイルクリームでの保湿を続けていますが、乾燥が酷い時期もカサカサすることなく過ごしたり、肌荒れもめったに起こることなく過ごしています。

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA