乳児湿疹の知識

乳児湿疹の種類と予防法一覧!!正しいケアで湿疹を防ごう!!

赤ちゃんがママの指をにぎる

乳児湿疹がなかなか治らなくて悩んでいるママ、お子さんのお肌の状態をきちんと把握出来ていますか?

実は、乳児湿疹という名は赤ちゃんに起こる湿疹の総称です。

赤ちゃんの内は詳しい原因を特定しにくいことから、乳児湿疹という総称で呼ばれています。

そのため、詳しく見ていくと様々な原因があり、それに対するそれぞれの予防が必要です。

赤ちゃんは肌トラブルに見舞われる原因が多く、予防するのも大変ですが、原因と予防を知っていれば、乳児湿疹を防ぐことが出来ます。

発症した時の赤ちゃんの可哀そうな姿、発症してしまうと治療が長期的になってしまうということもあります。

乳児湿疹が始まる前に、適切な予防で赤ちゃんを守りましょう。

主に乳児湿疹と呼ばれる湿疹は?特徴は?

乳児脂漏性湿疹の赤ちゃん

では主に乳児湿疹として呼ばれている湿疹はどのようなものがあるのかということについてです。

乳児脂漏性湿疹生後2カ月から3ヵ月頃皮脂腺の多い場所(顔面・頭皮・耳周り)赤い湿疹、患部が赤く腫れあがる、ジクジクしている、かさぶた状になる
おむつかぶれおむつを使用している期間お尻、オムツが当たる腰回り、腿の付け根赤い湿疹、蒸れによるカビが増え悪化することもあり化膿
あせも生後2カ月頃までのねんね期背中、首回り赤いポツポツとした湿疹、黄色ブドウ球菌の感染でかゆみを伴い掻くと悪化、膿がでる。とびひに発展する事もあり
アトピー性皮膚炎何か月も続く顔や頭皮から首回り、お腹、その後肘裏や膝裏等と上から下へと症状が広がる赤みのある湿疹、悪化による赤み、腫れ、皮膚の剥がれ落ち
食物アレルギー原因となるアレルゲンを摂取した時全身赤い湿疹
乾燥性湿疹生後3カ月以降6ヶ月頃まで全身が対象、皮脂腺が少ない部分は悪化しやすい赤い湿疹、粉吹き肌、皮膚の剥け

 

乳児湿疹への正しい予防法は?

新生児がお風呂で遊ぶ

乳児湿疹の予防は様々な湿疹に対して適切に正しい予防法を行うことが大切です。

原因をしり、それに対する対処をして予防しましょう。

新生児ニキビの予防法

 原因

原因は皮脂の過剰分泌により毛穴が詰まることで起こります。

皮脂の過剰分泌はママのお腹にいたときの女性ホルモンの影響です。

予防法

予防法としては、余分な皮脂を肌に停滞させないということが重要です。

毎日の入浴時にしっかりと余分な皮脂を洗い流すことが大切です。

顔も頭もしっかりと正しく清潔に洗い流します。

ただししっかりと皮脂を洗い流さなければという気持ちで、肌をゴシゴシと擦ってしまうのはいけません。優しく良く泡立てた泡で撫でるように洗いましょう。

洗い残しにも注意です。

顔を流す時に水が顔にかかることを心配になるでしょう。

しかし、赤ちゃんは10か月間羊水の中で過ごしてきたので、多少顔に水がかかっても平気です。

脂漏性湿疹の予防法

原因

新生児ニキビと同じように皮脂の過剰分泌が原因です。

そこへ更に外部からの刺激や汚れによる刺激で炎症が起こります。

予防法

予防法としては余分な皮脂を毎日の入浴でしっかりと洗い流します

皮脂で汚れるタオルや寝具はこまめに変えて清潔を保ちます。

また皮脂が余分であっても洗い流した後の保湿ケアは必需です。

おむつかぶれの予防法

原因

おむつの蒸れやすい状況が原因です。また、排泄物による刺激も原因となります。

予防法

おむつをこまめに変えましょう。

また排泄物が多い時やとれにくい時は、シャワーで洗い流します。

あせもの予防法

原因

が原因です。

予防法

赤ちゃんは体温も高く、新陳代謝もよいため、大人よりも汗をかきやすい、という状態であることを忘れずに。

汗が見られたらこまめに拭き取る、こまめに着替えるという方法で汗を放置しないようにしましょう。

また、布団のかけ過ぎ、衣類の着こませすぎはあせもの原因となるので調節しましょう。

アトピー性皮膚炎の予防法

原因

原因は様々ですが、考えられるのは遺伝・環境的要因・肌のバリア機能低下です。

予防

予防法としては保湿ケアが有効とされています。

保湿ケアを始めるのが早いとアトピーになる可能性を低めるという研究結果もあるのです。

保湿ケアは生まれてすぐから始めましょう。

食物アレルギーの予防法

原因

特定の食物が原因で食物は個人個人異なります。

予防

予防としては保湿ケアで肌のバリア機能を高めておくと良いです。

しかし、食物アレルギーに関しては、病院での検査で特定されるため、湿疹が起きたときはその日にママが食べた食事をメモしておくと後々便利です。

乾燥性湿疹の予防法

原因

肌が乾燥することで、肌のバリア機能が正常に働かず、外部刺激を受けやすい状態で炎症が起こります。

予防法

予防法は保湿ケアです。

保湿ケアを行うことで、肌のバリア機能が高まり、外部刺激を受けにくい肌となり、乾燥性湿疹を防ぐ事が出来ます。

まとめ

乾燥肌の赤ちゃんを保湿

赤ちゃんの頃は様々な肌トラブルに見舞われやすい状態が続きます。未熟な肌が強い肌となるまでは、1歳くらいまでかかります。それまでにしっかりと肌を守るために、予防法で乳児湿疹を防ぎましょう。

また、1歳までに強い肌を作るためには、保湿ケアで肌のバリア機能を高める必要があります。

大体どんな湿疹も清潔・保湿を正しく行う事が出来れば予防できるのですね。

もし予防していたのに湿疹が出てしまったという場合も清潔・保湿を続けると大体の場合は治ります。

悪化する一方で改善が見られないというときは、原因を突き止めるために病院へ受診しましょう。

赤ちゃんの肌を守れるのはママです!一緒に乳児湿疹から赤ちゃんを守りましょう!