乳児湿疹の原因

その乳児湿疹の原因は乾燥です!!あなたの乾燥対策は不十分です。

乳児湿疹は新生児期~乳児期にできる湿疹をまとめたものです。

乳児湿疹とはいえ、数種類のものがありますが、その中で乾燥が原因で乳児湿疹が酷くなりなかなか治らない状態となってしまっていることが多いのです。乾燥した肌は肌の角質層が正常に働かなくなり、肌バリア機能が低下。乾燥はより悪化し、外部からの刺激にも弱くなってしまうのです。

すると、赤いぷつぷつした湿疹が出たり、全体的に赤くなることもあります。

そこで、赤ちゃんの乳児湿疹を食い止めるためには、乾燥を防ぎ、保湿ケアで肌のバリア機能を高め、乳児湿疹が出来にくい肌を作ってあげなければいけません。

しっかりと乾燥を防ぎ肌のバリア機能を高められていますか?

正しいケア方法をご紹介しますので、現在抜けてしまっている部分が無いか確認してみてください。

何で肌が乾燥しやすくなるの?

赤ちゃんは生まれてから生後3カ月くらいまでは、母親の女性ホルモンの影響をうけ、皮脂の分泌量が過剰です。皮脂が水分の蒸発を防いでくれているため、酷い乾燥には見舞われません。

しかし、生後3カ月を過ぎたころから、母親の女性ホルモンの影響はなくなり、皮脂の分泌量は急激に低下します。

すると肌の水分量も保つことが出来なくなり、急激に乾燥が加速します。

乾燥により乳児湿疹になるのはなぜ?

乾燥していない正常な肌の場合、肌の表面にある角質層は隙間が無く、肌の水分の蒸発も防いでくれていますし、肌に受ける外部刺激の影響からも肌を守ってくれています。

肌のバリア機能が高い状態ですね。

一方で肌が乾燥すると、肌の表面にある角質層という部分が水分不足によりひび割れてしまいます。するとそのひび割れから水分は蒸発し放題、外部刺激も受けやすい状態なり、肌を守ることが出来なくなってしまいます。

肌のバリア機能が低い状態です。

更に赤ちゃんの肌は非常に薄く、大人の3分の2ほどの薄さしかありません。

元々デリケートな肌なのに、肌のバリア機能も乾燥により低下しているところに、外部からの刺激(汗やほこりや花粉、紫外線やアレルゲン、衣類の擦れや摩擦等々)のちょっとした刺激でも湿疹が出るという反応が起こってしまうのです。

これが乾燥により引き起こる乳児湿疹のメカニズムなのですね。

肌が乾燥してたらどうしたらいいの?

乳児湿疹と乾燥3

では、肌の乳児湿疹を改善するためには、乾燥を防ぎ肌のバリア機能を高めてあげなければいけません。

その方法は・・・。

意外としっかりと乾燥を防ぐことが出来ていなかったり、肌をより乾燥させてしまっている日頃の行動があります。

日々の生活を見直しながら確認してみましょう。

入浴方法は適切ですか?

入浴方法を誤ると、肌はより乾燥しやすくなるのです。

乾燥させない正しい入浴方法を行う必要があります。

お湯の温度は約38度程度にします。

それ以上高い湯温度で入浴すると、より乾燥を加速させてしまう事になります。

湯船に浸かる時間は約5分以内に留めます。

それ以上浸かると、肌の水分が流れだしてしまい、入浴後の酷い乾燥に繋がります。

最後に身体の洗い方ですが、ナイロンタオルなどでゴシゴシとこすり洗いしてしまうと、肌の表面のバリア機能がより破壊されてしまい、乾燥しやすい肌を作りだしてしまいます。

更に赤ちゃんの元々デリケートでそこから乾燥により、より弱く繊細になった肌を傷つけてしまう事にも繋がります。

よく泡立てた泡を手に乗せ、手のひらで優しく、肌を撫でるように洗いましょう。

保湿ケアを怠らずに!

乾燥を防ぐと言えば鉄板です。

しかし、この保湿ケア、一日に何回くらい行いますか?

意外と保湿ケアの回数が少なく、しっかりと乾燥を改善することが出来ていないことが多いのです。

まずは入浴後ですね。

入浴後は肌が柔らかくなり、最も乾燥しやすい瞬間となります。

入浴後はできるだけ早く、肌に付いた水分が完全に乾ききる前に、目安としては3分以内には保湿ケアを始めます。

更に、着替える時、オムツを替える時、汚れを拭き取ってあげた時等々、1日の中で乾燥している時間が無いようにこまめに保湿ケアをしてあげる必要があります。

保湿クリームやローションを使用し、こまめに保湿ケアを行いましょう。

部屋の乾燥は乾燥肌の原因に

部屋の湿度の低さも肌の乾燥に関係します。

部屋の湿度は大体約50%から60%を保つことで、肌の乾燥を悪化させずに済みます。

加湿器の使用、洗濯物を室内に干す、観葉植物を置くなどという工夫で、湿度も気を付けましょう。

乾燥による乳児湿疹は、病院に行くべき?!

大人にとってはたかが乾燥肌、乳児湿疹はいずれ治ると言われることが多いということで、「病院へ行くべき」か否か悩みますよね。

乳児湿疹で病院へ行ったら、たったこれだけで受診したのか?!と思われるのではないかなどと不安になりますね。

しかし、私が最終的に行きついた答えとしては、受診すべきです。

なぜなら、乾燥による乳児湿疹だと思っていたのに、実はアレルギーによるものだった。実はアトピーだったということも考えられるからです。

受診しなかった結果、症状が悪化してしまうと、完治までが長期化したり、慢性的な湿疹になってしまう事もあります。

病院に行くべき代表的な症状を関連記事でまとめています。

診察内容は?

乳児湿疹での受診の場合、大体は視診が行われます。

ここで肌の状態が乾燥しているのか、それとも別の異変が肌に起こっているのかということを判断してもらえます。

また、血液検査やパッチテストなどを行ってもらうことで、肌への刺激となっているもの、アレルギー反応を起こしてしまい湿疹を引き起こしている原因などを解明することが出来ます。

ひどい乾燥が悪化すると

乳児湿疹と乾燥2

乳児湿疹の乾燥が酷くなると、かゆみも悪化したり、赤みが酷くなったり、肌に出来た掻き傷から汁が出たり、膿んでしまうということもあります。

また、余計に患部を悪化させないために、爪を短く丸く切り、掻き傷が出来ないように工夫してあげると良いですよ。

まとめ

  1. 肌の乾燥の原因は皮脂分泌の減少
  2. 肌の乾燥にはこまめな保湿が大事
  3. 入浴方法・湿度調整も必要
  4. 悪化・長期化は早めの受診を

乾燥による乳児湿疹の場合、ホームケアで肌の乾燥を改善してあげることで、肌はバリア機能の高い強い肌となり、湿疹や炎症も落ち着きます。

しかし、使用する保湿剤によっても、乾燥した肌を十分に潤すことが出来ないものなどもあるので、赤ちゃんの肌に合い、十分に乾燥を改善してくれるものを選びたいですね。

また、悪化している、なかなか治らないという場合、悩んでいる時間・放置した時間は後々苦しむ時間を長期化させてしまうだけです。

普段の生活の中で改善し乾燥を防いでも良くならない場合は、早めに皮膚科へ受診し、原因を再度探り薬の力を借り、対策を練り直す必要がありますね。

何度も保湿ケアをしなければいけなかったり、入浴後がバタバタと忙しくなったりと大変ですが、乳児湿疹のない肌で笑顔で遊び回る姿を想像しながら根気よく続けましょう。

保湿力の高いものを選ぶと、塗り直しの回数が少なくなるのでおすすめです。