乳児湿疹のピークはいつ??なかなか治らずに不安なママ必見です!!

乳児の手をママが包む

肌にポツポツとした湿疹が見られるようになり、また気にして見てみたら、湿疹が増えている・・・。そうしているうちにどんどん肌が赤くなったり、汁が出てきたりといつの間にか、我が子の顔は痛々しいほどまでになってしまいました。

しかし、乳児湿疹が酷いと、小児科に受診したところで、「乳児湿疹は生後間もなくから1歳くらいまではよくあること、清潔にして保湿していれば治るから。」と言われるばかりでした。

それがなかなか治らないのです。

治る気配が一向にない。むしろ悪化している気がする。

治ると言われて治らないという状態に、一体どうしたらいいんだ!!と、不安がピークに達し、イライラしてしまう事もありました。

そんな状態の私は、乳児湿疹のピークが知りたいいつになったら治るの?と思いました。

経験と医学的根拠に基づき、乳児湿疹のピークについて、またピーク状態が続いてしまうときの対処法などをご紹介していきますね。

乳児湿疹は月齢ごとにピークの症状が変化

カレンダー

まずは乳児湿疹がなぜ出来るのかという原因について理解していくことが大切です。

なぜ乳児湿疹が出るのか分らないと、不安になりますしモヤモヤした気持ちになってしまいます。

生後~生後3カ月頃までの乳児湿疹

生後から生後3カ月頃までの乳児湿疹はべたつきやテカりが特徴的でジュクジュクした乳児湿疹が出ます。

原因は皮脂の過剰分泌です。

生後3カ月頃からの乳児湿疹

生後3カ月頃からの乳児湿疹だと原因が変わります、乾燥が原因です。

カサカサした湿疹が特徴的です。

生後10か月頃からは

生後10か月頃からは肌の状態が安定し、肌が強くなり、乳児湿疹は出来にくくなります。

もし続くのであれば別な原因が考えられます。

アレルギー」による影響、アトピー性皮膚炎等です。

例外として、夏生まれ秋生まれの子供は、皮脂の分泌量が低下し乾燥してくる時期と、気候的に乾燥する時期が重なるため、この頃まで乳児湿疹が続くことがあります。

乳児湿疹のピークは結局いつ?

乳児湿疹のピークは月齢ごとに変わるのですね。

生後から生後3カ月頃までにピークを迎える場合もあれば、生後3カ月以降にピークを迎えることもあります。

症状のピーク

症状のピークとしては、赤いポツポツとした湿疹ができ、湿疹の周囲に赤みが帯び炎症が悪化します。

ピークは湿疹から黄色っぽい汁が出てジュクジュクした状態になったり、それが固まりかさぶたになる症状も見られ、この時がピークに悪化した状態ですね。

ピークの対処法(出生後~3ヶ月頃)

このころはママのお腹に10か月間いたため、ママから受け継いだ女性ホルモンの働きが活発で、皮脂が過剰分泌しています。

それにより、毛穴がつまり赤い湿疹、乳児湿疹となるのです。

赤ちゃん用石鹸でしっかり洗い流すことを心がけ、清潔な状態を保ってあげる必要があります。

3カ月頃になると皮脂の分泌も収まるるので、しっかりと保湿ができれば湿疹も落ち着いてきます。

べたつき感があっても余分な皮脂を洗い流し保湿をするということは必要です。

生活リズムも整わない時期なので、お肌まで気が回らないかもしれませんがここが運命の分かれ道になってしまいます。

ピークの対処法(3ヶ月頃~9か月頃)

乾燥が酷くなっていきます。

また、今度はお肌が乾燥状態になりやすく、3カ月頃までに治りきらなかった湿疹から「黄色い汁」がでて、かさぶたになったり、ふけの様な湿疹へと変わります。

対処法としては清潔を保ち、保湿を入念に行います。

また、入浴時も乾燥が悪化しないように正しい入浴方法で清潔にすることが大切ですね。

大人でいう洗顔と保湿みたいな感じで、しっかりと保湿することも重要なポイントです。

更に、部屋の中の湿度を快適にするために意識して、加湿器を利用して乾燥を防ぐのも良いです。

ピークの対処法(10カ月頃~1歳頃)

この頃になると、赤ちゃんの皮膚もだいぶ強くなってくるため、適切なケアが出来ていればたいていの場合、回復に向かっているはずです。

ただの乳児湿疹ならもうピークはとっくに終わっているのであとは回復に向かっていくだけという事ですね。

しかし、ここまで月齢を重ねても治る気配が全く無いのなら、「アトピー」の疑いがあります。

乳児湿疹程度で病院なんてと考えず、1度皮膚科を受診してみてください。

私が34ヵ月頃に出会った神クリーム

スヤスヤ眠る乳児

乳児湿疹の悪化の一番の原因は乾燥だと知った私は、旦那と一緒に様々な薬局を歩き回り、保湿クリームを探しました。

セルフケアで使用でき、保湿力が高く、肌に優しい成分で作られている保湿クリームは無いかと調べているときに、出会ったのが【アトピスマイル クリーム】でした。

アトピスマイルクリームにはステロイドカゼインワセリンなどが含まれていないという事で安心して使えるなと思い購入しました。

神クリームを使用して、、、

アトピスマイルクリームを塗りだし、肌が余計悪化してしまうという事は無く、問題なく使用できていました。

使用前は、時々肌がカサカサしてかゆそうな状態になっていたのですが、塗り始めてから肌が乾燥している様子もなくなりました。

更に新たな乳児湿疹ができてこないのです。

アトピスマイルクリームを塗る以外は、これまで通りの生活だったので、乳児湿疹ができなくなったのは、アトピスマイルクリームのおかげと思っています。

どうしてこんなに肌がしっかりと潤うのだろう。と疑問に思い調べたところ、アトピスマイルクリームの主成分であるライスパワー№11が要でした。

ライスパワー№11は国内で唯一肌の水分保持能を高めてくれる医薬外成分だったのです。

肌の水分保持能が高まることで乾燥や外部刺激に影響されない強い肌が出来上がるのです。

また、一般的な市販のボディークリームは肌の表面にしか潤いを与えらないのですが、【アトピスマイル クリーム】は肌の深層まで潤いを与えてくれるのです。

肌の深層まで水分が行き渡り、水分保持能で水分がなくなってしまう事もなく、乳児湿疹の大敵である乾燥とは無縁の肌が出来たことで、肌の状態が良くなってきたのですね。

まとめ

乳児湿疹が長引き、1歳頃まで続くと、乳児湿疹ではなくアトピーになってしまうという事もあり、早めに治してあげたいものですよね。

アトピスマイルクリームのおかげで、酷かった乳児湿疹は跡も残さず綺麗に治り、以来、肌が荒れてしまう事もなくなりました。

アトピスマイルクリームのおかげで、家族が明るくなりました。

現在、乳児湿疹で悩んでいる方は、乳児湿疹にはピークがあり、ピークを過ぎればよくなるという事、早めのケアをすれば酷くなりにくいと心に留めておくことで、少し気持ちが軽くなるでしょう。

また、とても効果のあったアトピスマイルクリームで、乾燥から子供の肌を守り、乳児湿疹の悪化を食い止めましょう。

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA