乳児湿疹の薬

乳児湿疹にアズノール軟膏って、本当に効果があるの?!

乳児湿疹とアズノール軟膏1

プツプツと顔に湿疹ができ、乳児湿疹の存在は知っていたので、出産した産科で指導されていた通り、清潔に保つように気を付けていました。

しかし、乳児湿疹は良くなることなく、どんどん日を追うごとに酷くなっていきました。

湿疹が出来過ぎて顔が可哀そうになっているだけではとどまらず、黄色い汁までもがダラダラと出てきてしまい、本当に我が子の顔を見るたびに心が痛みました。

顔が四六時中真っ赤で痛々しく、かさぶたになった皮部分は剥がれ落ちて、清潔を保つために洗ってあげなければいけないものの、触れるのが痛々しくて可哀そうで我が子なのに恐怖すら感じ、罪悪感に苛まれる毎日です。

私も気持ちが落ち込み、ほとんどの赤ちゃんに見られるものである乳児湿疹で受診しても良いのか、乳児湿疹ごときで・・・と思われないか不安でしたが、心配でたまらず小児科に受診してみることにしました。

すると小児科では、やはり乳児湿疹であるため、清潔に保ち、処方する薬を塗ってみてくださいと言われたのです。

その薬はアズノール軟膏というものでした。

小さい赤ちゃんにも副作用なく使用できる薬だから安心して使用してと言われたのですが、本当に副作用はないのか、本当に乳児湿疹に効果があるのか不安で調べてから使用しようと思ったのです。

また、アズノール軟膏を信じ切ってはいけない!!という重大なポイントもありますので良く確認しておいてくださいね。

アズノール軟膏とは?効果は・・・

乳児湿疹とアズノール軟膏2

アズノール軟膏は抗炎症作用のある薬です。

傷を治す手助けをしてくれます。

また抗アレルギー作用もあり、湿疹、やけどなどの皮膚疾患に処方される外用薬です。

効果は即効性は無く、穏やかに効果が出るタイプで、使用期間の決まりなどは無く、長期的に使用できるという特徴があります。

但し、保湿効果を期待して使用し続けるのはおすすめできず、他の保湿効果のある「ワセリン」や「プロペト」を使用しましょう。

アズノールは赤ちゃんでも安心?

アトピーとクリーム2

アズノール軟膏は副作用が少ない方である外用薬で、小さい子供にもよく処方される傾向があります。

稀に・・・

ほてり・かゆみ・ヒリヒリ感・かぶれ・水膨れ・発疹などが現れる場合があります。

副作用が見られた場合は直ちに使用を中止し主治医への相談をしましょう。

アズノール軟膏を塗ってみた

アトピーと赤ちゃん2

とりあえず副作用が少ない方である薬だということを知り、我が子に塗ってみることにしました。

一日に数回塗るようにと言われ、朝・晩の2回塗ることになりました。

初日、効果はほとんど何も感じられず、本当に治るのかな?!といった感じでしたが、ほてったり、酷く痒がるということはありませんでした。

その後1ヵ月間ほど乳児湿疹が治ることを信じて塗り続けてみたのですが、なかなかもとの肌には戻らず、乳児湿疹が全てしっかりと治ったという効果は得られませんでした。

少し良くなったかな?錯覚かな?と思うほどで、主治医に治らないということを相談しに行こうかと悩むようになりました。

再度病院へ・・・

薬も無くなったので再度小児科へ・・・。

医師の判断は、効果が緩やかな外用薬であるため、今後も塗り続けると良いという回答でした。

それでも治らない、早く治したいというのであれば、ステロイド外用薬を処方することになるとも言ってくれました。

しかし、ステロイド外用薬は効果に即効性はあるものの、長期使用は避けなければいけないほど副作用はアズノール軟膏に比べて出やすいということも教えてもらえたため、アズノール軟膏を塗り続けるという手段を選択しました。

アズノールで治らない乳児湿疹

我が子は顔が真っ赤で乳児湿疹が治らないまま、生後4ヶ月を迎えようとしていました。

こんなにも効果が緩やかなのか、本当に治るのか不安でたまりませんでした。

副作用は少ないとはいえ、肌に薬を塗続けるという生活を長期的に続けるということにも不安を感じていました。

我が子の肌はいつ綺麗に治るのか、もう治らないのではないか、ステロイドのような強い薬を使用しなければいけないのか、たくさんの悩みが尽きず、毎日毎日考え込んでしまうため、私からは笑顔が消えてしまっていたのでしょう。

笑いかけてくる我が子の顔を見ると涙が出てきてしまうほど、追い詰められていました。

他の病院で診てもらうという手段も試しました。

いくつかの病院へ治療法を聞きに行きました。

しかし、やはり乳児湿疹にはアズノール軟膏やワセリンが処方され、炎症を抑え、保湿する。

酷い乳児湿疹の場合やアズノール軟膏では治らない場合はステロイドを使用するという治療方法しかなかったのです。

セカンドオピニオンを挑戦したところで結果は同じ、結局は治らない薬を塗続けるか、強い薬で治すかの2択ないのだと知ったのです。

乳児湿疹を治す神アイテム?!

アトピスマイルクリーム3

薬の力を一度借りよう!

まずは薬の力を借りてさっさと乳児湿疹の炎症を抑えてしまいましょう。

効果が緩やかなアズノール軟膏ではなく、敬遠していた強い薬であるステロイド軟膏で炎症を抑えます。

保湿を行います。

ステロイドで炎症を抑えたら、すぐに保湿の開始です。

保湿ケアにより、肌のバリア機能を高め、乳児湿疹が起きない肌を作らなければいけません。

そこで使用したのは、【アトピスマイル クリーム】というものです。

アトピスマイルクリームで本当に治るの?!効果は?

アトピスマイルクリームは市販の保湿剤よりも保湿力も浸透力も高く、肌に刺激となる成分は含まれず、肌のバリア機能を高めてくれるという保湿剤だったからです。

アトピスマイルクリームの効果

主成分であるライスパワー№11というものが肌の水分保持能に作用し、水分を溜めこんでおける状態を作り出してくれるというのです。

肌に潤いを与え、水分保持能賀高まった肌はその水分を溜めこめるようになる。

肌に水分を与え、水分を溜めこむことで、肌のバリア機能が高まります。

乾燥している肌は肌のバリア機能が低下し、外部刺激に弱く、肌トラブルが起きやすくなってしまっています。

更に肌が乾燥すると肌を潤わせなければと思った体が皮脂を過剰に分泌し、皮脂が毛穴に詰まり、これもまた乳児湿疹のような肌トラブルの原因になるといます。

その為、肌を十分に保湿し、乾燥しにくい肌を作ることで、乳児湿疹が起きにくい強い肌を手に入れられるのです。

アトピスマイルクリームで我が子の肌は?

いくら物凄い保湿クリームだからとはいえ、炎症を抑える効果はありません。

炎症が起こっているところに保湿剤を塗っても、残念ながら治るまでにはものすごく時間がかかってしまいます。

まずは薬の力を借りて炎症を抑えてから、保湿を開始しました。

塗心地はアズノール軟膏と比べて、タベタせず赤ちゃんがストレスを感じないようなサラッとした塗心地。

肌にスーッと馴染み、肌に水分が吸収されていく感じも実感できました。

炎症がすぐに治まるということはありませんでしたが、肌バリアが高まるということを信じ、毎日朝晩塗り続けてみることにしました。

アトピスマイルクリームを塗り続けることで、湿疹にも変化が見られ、赤い湿疹が徐々に小さくなっていき、全体的に赤みも落ち着いてきていました。

黄色い汁が出てくるということも減り、肌が元の綺麗な赤ちゃんらしい肌に近づいて言っていました。

アトピスマイルクリームで取り戻した普通の生活

赤ちゃんとアトピーと治る2

乳児湿疹を治すためには、まずは炎症を抑えなければいけません。

その後炎症が治まってからは肌のバリア機能を高め乳児湿疹が出来ない肌を作ります。

早く治すためには、効果が穏やかなアズノール軟膏で回復が見られなければ、一度ステロイドの力を借ります。

ステロイドで炎症が治まったらアトピスマイルクリームの出番ですよ!!

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら