乳児湿疹の保湿にはベビーオイル??いいえ、実はあれが一番効くんです!!

乳児が指をくわえて眠る

乳児湿疹は清潔と保湿が大切ということで、丁寧に洗いベビーオイルでしっかりと保湿するという事を続けていたのですが、なかなか乳児湿疹の終息には至りません。

よく考えてみれば、なんとなくベビーオイルで保湿をしていたものの、オイルでの保湿が正しいのかどうかはわかりませんでした。

それでも何とか治すべく、今まで「アロベビー」「アンジュマッサージオイル」「エルバビーバ」「カレンドラベビーオイル」「ヴィレダ」など、様々なオイルを試したのです。

しかし、そんな努力はむなしく、乳児湿疹は良くなりません

保湿剤にはオイルの他にも、ローションタイプ・クリームタイプのものがありますが、本当に乳児湿疹にオイルを使用するのは正しいのでしょうか。

実はオイルだけでは、乳児湿疹は治らない大きな要因があったのです。

乳児湿疹に使用すべき保湿剤をご紹介します。

なぜベビーオイルで保湿?

image004

私がなぜベビーオイルで保湿をしていたかというと、出産した産院でいただいた赤ちゃんのスキンケアセットのような試供品に入っていたのがベビーオイルだったからです。

市販でも良く、「赤ちゃんから使える」などという言葉と共に販売されているもので、肌に優しくて赤ちゃんのデリケートな肌にも使えて安心だ。

産院で取り扱って配られたくらいだから良い物なんだということで使用していたのです。

しかし、実際はもちろん赤ちゃんからでも使えるもので、多くの赤ちゃんに合うもので会っても、我が子の肌に適切な保湿剤かどうかということは、また別の話だったのです。

なぜ保湿をしているのに乾燥?原因はベビーオイルにあり?!

私はベビーオイルの保湿力について詳しく調べてみることにしたのです。

本当に乾燥肌は改善されないの?なぜ?保湿できるものじゃないの?と疑問だらけでした。

ベビーオイルの主成分って?!

ベビーオイルの主成分は石油です。

とはいえ石油ストーブなどの石油とはまた違うのですが、同じ部類と言えば同じです。

体には害がない石油が主成分だったのです。

ベビーオイルの効果は?

ベビーオイルの効果は肌にオイルで膜を張り、肌の水分が蒸発しないようにするという効果がありました。

ということは元々潤っている肌の水分を蒸発しないようにしてくれるという意味で保湿はされています。

しかし、元々の肌が乾燥している場合、肌の表面にオイルの膜を張ったところで、乾燥肌が改善するということは無く、逆に肌の表面はオイリーで肌自体は乾燥しているというインナードライになってしまうのです。

肌は湿疹などの炎症が起きると、肌の潤いとなる水分が蒸発して、ほぼゼロの状態になります。

という事は乳児湿疹が引き起こった肌は乾燥真っ只中であり、オイルで蓋をしても意味なしなのです。

更に赤ちゃんの肌というものは、また水分の蒸発を防ぐ角質層が完全体ではなく未熟なので、ただでさえ水分が蒸発してしまい乾燥しやすい状態なのです。

オイルで保湿ケアをするということは、乾燥している肌に適切な方法ではないということが分かります。

赤ちゃんの肌は生後3カ月でシフトする?

image002

生後2ヶ月まではママのお腹にいたときの女性ホルモンの影響により皮脂の分泌が過剰であり、あまり乾燥が目立たないのですが、生後3カ月頃になると、女性ホルモンの影響が及ばなくなり、一気に皮脂の分泌量が低下します。

この時が「治る過程」の肝であり対処を間違うと悪化します。

しっかりと保湿をしないと更に乾燥は加速。

乾燥した肌が今度は潤いを与えなければと機能し皮脂を大量に分泌と悪循環を繰り返します。

赤ちゃんへの保湿剤は何を使えばいいの?!

乳児湿疹とベビーオイル2

赤ちゃんへの肌に必要なのは、油分と水分どちらもです。オイルは油分だけで構成されているため、肌に潤いを与えることはできません。油分も水分も肌に与えられて、水分の浸透力が良いものを選ぶ必要があります。

保湿剤の中で水分の油分ものどちらも含まれ、肌に与えることが出来るのは、ローションタイプクリームタイプです。

ところがローションタイプは水分量の方が多く、油分が少ないため、水分は与えれれるものの保湿力に欠けます。

クリームタイプのものは水分も油分も肌に与えられるので乳児湿疹への保湿へもってこいの保湿剤です。

肌に潤いを与えて、その潤いを閉じ込めて閉じ込めておかなければいけないのです。

保湿クリームの落とし穴

私はオイルでの保湿は意味が無く、クリームタイプの保湿剤に変えました。

我が子の肌に塗ると、これまでには無い肌の潤いが感じられるようになり、乳児湿疹の赤みも終息していき、保湿クリームの効果を感じました。

しかし、保湿クリームの効果は実感したものの、保湿クリームは服に擦れるだけで落ちてしまい、乾燥してしまったり、衣類に擦れない部分でも、たった2時間ほどで保湿剤の効果が薄れ乾燥し出すのです。

日々の生活の中で、2時間はあっという間、一日中保湿ケアに見舞われる日々となりました。

この生活を続けていくのは限界がある。乳児湿疹を恐れ、保湿ケアばかりしているこの生活をなんとかしたい。

そう思うようになったのです。

保湿剤+ファズムベビーで保湿!!

image003

そんな時出会ったのが【ファムズベビー】というものです。

このファズムベビーは母子手帳の副読本についてきたパンフレットのようなものに載っていたので、多くのママさんの目に一度は止まったことがあるものでしょう。

私は肌に潤いを与えられる浸透力のある保湿剤を購入し、ファムズベビーを追加で購入したのです。

これで肌に潤いを与えて、その上からファズムベビーで潤いを閉じ込められます。

ファズムベビーって?

乳児湿疹とベビーオイル1

ファズベビーはムース状の泡で出来ている保湿剤で、保湿と肌の保護をしてくれます。

 そのため、肌に塗った保湿クリームが乾いてしまったり、衣類に擦れて落ちてしまうということを防いでくれます。

更に、赤ちゃんの角質層は未熟で、乾燥するとより角質層の間には隙間が出来てしまい、肌のうるおいは蒸発するわ、外部からの刺激物は侵入するわで、肌トラブルが起こりやすいのです。

しかし、肌に潤いを与えることで角質層の隙間が埋まりバリア機能になり、更にその上から未熟な角質層をファズムベビーが保護してくれることで、潤いも蒸発しない、外部の刺激も受け付けない肌にしてあげられるのです。

使用後の経過・・・

私は毎日入浴後、肌が綺麗で乾燥する前に保湿剤で水分を与え、【ファムズベビー】で蓋をしてあげるという工程を欠かさずに行いました。

すると、これまで起きていた肌の乳児湿疹がみるみる内に治まって行ったのです。

治まっていったとしか言いようのないほど、赤みが消え、湿疹が徐々に小さくなり終息し、肌のカサカサ感もまるでなく、副作用なども起こらずに、徐々に赤ちゃんのイメージ通りの肌に近づいていったのです。

もちろん肌に潤いを与えてファズムベビーで蓋してあげるだけでここまでよくなるとは思いもしていませんでした。

最後に

まずはオイルでは乳児湿疹を改善するための保湿ケアとして、足りないものがあり、効果が得られないということに気づき、正しく保湿剤を選ぶことが出来て良かったなと思います。

乳児湿疹が起きている肌には水分も油分も必要なのですね。

また、肌に水分を与えてから蓋をしてあげるということに気づき良かったなと思います。

ママとの腕で擦れたり、布団で擦れたりということで落ちてしまい、乾燥した肌が露出されてしまいますが、ファムズベビーは服や布団や腕に擦れても落ちずにしっかりと肌を保護してくれていました。

成長に連れ、赤ちゃん自身も動くようになるので、より保湿剤が取れやすくなるので重宝します。

我が子の肌を保護してくれるファズムベビーを購入して本当に良かったです。

副読本に載っていて、見た事もあったのだから、生まれる前の準備リストに入れて置けばよかった。と後悔です・・・。

今でも肌の乾燥が酷い冬の時期などは、保湿剤の上からファズムベビーをすると、冬でももっちりしっとりのお肌を持続できています。

公式サイトはこちら→洗っても拭きとっても落ちない!新発想ビフォアケアフォーム【ファムズベビー】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA