乳児湿疹の知識

乳児湿疹とアトピーの違いって!?見分けるポイントと対策の違いとは??

見分け

うちの子は乳児湿疹でしたが、実は「アトピー性皮膚炎」なのかもしれないと疑うこともありました。

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎では、多少ケアの仕方も変わってくるので自分のお子さんがどちらの症状なのか把握することが大切です。

「そんなこと言われても見分けるポイントなんてあるの?」

今回は、乳児湿疹とアトピーの症状の違いや正しいケアについてご紹介してまいります。

まずは、違いを見分けるために乳児湿疹とアトピー性皮膚炎のことをよく知ることが大切ですね。

乳児湿疹の症状は?

乳児湿疹

乳児湿疹とは、乳児期に起こる肌トラブルの総称です。

肌にポツポツができたり、赤くなり、水ぶくれのようなものができる場合もあります。頭皮がうろこのようにはがれたりなどのちょっと信じがたい症状も現れます。

大体、生後~3ヶ月頃までに起こる乳児湿疹は、皮脂過剰分泌が原因であるため、ジュクジュクしたタイプの湿疹です。

生後3カ月以降に起こる乳児湿疹は、乾燥が原因で起こるので、カサカサしたタイプの湿疹が現れます。

症状は、個人個人異なりますが、乳児湿疹が出る場所としては顔から頬、おでこや頭皮、お腹や背中まで全身にでます。

しかし、多くの場合、肌の状態が整い、強くなるため、1歳頃までにほとんどの子が治ります。

乳児湿疹の正しいケア方法は?

乳児湿疹の正しいケア方法としては、清潔・保湿のこの2点です。

1日1回「お風呂」に入れて肌を清潔にし、保湿ケアをして肌に潤いを与えます。

すると徐々に肌のバリア機能が高まり、肌の水分と油分のバランスも整うため、湿疹や炎症は終息します。

アトピー性皮膚炎の症状は?

抗生物質軟膏

続いてアトピー性皮膚炎の症状についてです。

乳児期の場合、だいたい2ヶ月以上湿疹が続くとアトピー性皮膚炎と診断されます。

湿疹の特徴は?

  • 湿疹に赤みがある
  • ジュクジュクしてくる
  • ジュクジュクした湿疹から汁が出る
  • 皮膚が剥ける
  • 湿疹が続くと肌がゴワゴワ厚くなり盛り上がる
  • 左右対称に湿疹が出る
  • 目・口・耳・首・おでこ・脇の下・手足の関節などの皮膚の薄い部分に湿疹が出やすい

アトピーを起こしやすい人の特徴は?

  • 乾燥(肌のバリア機能が低下している)
  • 喘息
  • 花粉症
  • アレルギー性鼻炎
  • 食物アレルギー

このような体質や症状がある場合、アトピー素因と称されるアトピーを引き起こしやすい体質です。

また肌のバリア機能は以下のような場合も低下し、アトピーになりやすくなります。

  • 皮膚を掻く
  • 皮膚が擦れる
  • 洗浄力の強い石鹸を使用する
  • 汗を放置
  • 紫外線

これらの原因により、肌のバリア機能を保つ天然保湿因子・皮脂(皮脂膜)・角質細胞間脂質というものが失われ、肌バリア機能が低下しアトピーになりやすくなります。

更に体質、肌のバリア機能の低下以外にも、アトピーになりやすくなる原因があります。

  • ダニ
  • カビ
  • ホコリ

アトピーの進行過程

第1段階:軽度

  • 肌がカサカサしてくる。

第2段階:軽症

  • カサカサし肌に赤みが帯びてくる。
  • 赤い湿疹がポツポツできる
  • 皮膚がささくれ立つ
  • 乾燥で皮膚に白い粉が立つ
  • 皮膚が剥け落ちる

第3段階:中症

  • カサカサ、赤みが悪化
  • 皮膚が剥け落ちる
  • 赤みに腫れが出てくる
  • 赤みのある腫れで湿疹が見えにくくなる
  • ひっかき傷が出来ている

第4段階:重症

  • 腫れ・赤み・濃い赤い湿疹で肌が盛り上がる
  • 粉吹き肌
  • 皮膚が大きく剥け落ちる
  • 見るからに肌が異常状態

アトピー性皮膚炎の正しいケア

アトピー性皮膚炎の正しいケアとしては、まずは皮膚科に受診し、炎症を抑えるための薬を処方してもらい、薬物治療にて炎症を食い止めます。

ステロイドによる治療

ステロイドによる炎症を抑える治療が行われます。

ステロイドにも弱いものから強いものまであり、軽度、軽傷のうちに副作用の弱いステロイドで炎症を抑えることが大切です。

炎症が酷くなればなるほど、副作用の心配が高まるステロイドを使用しなければいけなかったり炎症が治まりにくくなるので早期治療の介入が大切です。

アレルギー検査

また、アレルゲンが原因となっているか否かということを調べるための血液検査、又はパッチテストで検査してもらいましょう。

炎症が治まったら・・・

  • 保湿

アトピーの症状が再発しないように、保湿を入念に行います。

アトピーの炎症はステロイド外用薬により抑えられますが、肌のバリア機能の低下は薬では改善できません。

  • 入浴

効果的な保湿ケアは入浴後の5分以内に行うことです。

また、乾燥してきたと思ったときにもこまめに保湿します。

更に、肌の汚れを拭き取った時、汗を拭き取った時なども、随時こまめに保湿をし、1日中乾燥に見舞われない状態を作りましょう。

  • 衣類

肌への刺激を無くすために、衣類は化学繊維を避け天然素材に変える。

  • アレルゲンの除去

原因となっているアレルゲンを衣食住から排除するということも大切ですね。

  • 爪を短く丸くカット

患部を掻くことがアトピーを悪化させることになります。

掻いてしまっても強く皮膚へのダメージを与えないように爪をあらかじめ丸く短くカットしておきましょう。

見分けるポイントお教えします!!

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎には根本的な原因に違いはありますが、症状で見分けるというのはベテランのお医者さんでも難しいといわれています。

結局見極めた所で皮膚科での治療も必要となりますし、自己判断で悪化させるよりも、医師に判断して貰うのが手っ取り方法ではあります。

ここでは日本皮膚科学会でのアトピー性皮膚炎における判断基準というものを元に、アトピー性皮膚炎と乳児湿疹を見分けるポイントを発見したものをご紹介します。

乳児湿疹には無くアトピーだから起こる症状

そう痒

乳児湿疹とは比べものにならない非常に強い痒みに見舞われます。

赤ちゃんは痒いとは言葉にしませんが、機嫌が悪かったり寝つきが悪い、うまくは掻けていないもののひっかき傷ができやすいという場合は、酷い痒みが起こっていることが察しられますね。

湿疹・見た目の特徴

アトピーだと、赤い湿疹が出るだけではなく、皮膚から粉が吹く、ゴワゴワする、皮膚が切れるという特徴があります。

よく耳の付け根膝の裏の症状が悪化し切れてしまうことが多いです。

特徴的な湿疹の進行

アトピーの場合は、湿疹が起こる部位が進行していきます。その進行の仕方が特徴的なのです。

頭・顔→首→お腹→背中→ももの付け根→手足という順で、徐々に体の上から下へと湿疹が移行していくのです。

2ヶ月以上の慢性化・反復性化

アトピーの場合、湿疹が2カ月以上続いたり、状態が良くなったり悪くなったりという症状が見られます。

1歳になっても良くならない

乳児湿疹の場合は大体1歳に近づくにつれ、肌が強くなり安定するため、症状が良くなっていきます。

しかし、アトピーなのに治療をしていない場合は、1歳に近づいても改善が見られず、1歳以降も症状が続きます。

乳児湿疹にはこのような特徴的な症状は見られません。

アトピーと乳児湿疹を見極める時は確認してみると良いです。

最終的にはアトピーか否かは皮膚科で診断してもらい、早めの治療に移るのがオススメです。

まとめ

乳児湿疹もアトピー性皮膚炎も1歳から2歳くらいの乳児期、幼児期は治療やケアをしっかりと行えば、治すことが出来ます。

しかし、正しい診断、正しい治療、正しいケアを行わずにグズグズしていると、せっかく治る状態のものが、一生悩みつづけなければいけなくなるほどまで悪化してしまう事もあるのです・・・。

皮膚科に行き、大したことないと言われるかもしれないなどと不安になるかもしれませんが、早めの受診が早く治すための鍵となります。

素人の目では乳児湿疹とアトピーを見極めるのは難しいことは医師も知っているので、大丈夫です。

悪化する前に受診してはっきりとさせちゃいましょう!!