乳児湿疹の症状

乳児湿疹で赤みがひどい!!部位別の赤みの原因と対策法!!

泣き叫ぶ赤ちゃん

乳児湿疹の赤み。

赤みが広がっていくと、ただの乳児湿疹とは思えなくて余計に重症化しているような気がしてきませんか?

その赤み放置してしまうとどんどん症状は悪化してしまいます。

そこで赤く腫れたようになる乳児湿疹を見て焦らず、冷静に対処できるように色々紹介していきます。

乳児湿疹の赤み、原因は?

赤ちゃんのお風呂

乳児湿疹とは総称で、様々な湿疹の原因があります。

月齢によって出やすい湿疹は異なり、原因を特定しにくいケースが多く乳児湿疹と総称されています。

大抵の場合はおでこや頬などに湿疹ができ、そのうちに身体に湿疹が出て広がっていくことが多いです。

湿疹は最初は1つ1つの湿疹がポツポツと出ているのですが、徐々に症状が悪化し、湿疹が繋がり、皮膚の全体に赤みが広がっているような見た目になります。

乳児湿疹の原因によっては強い痒みが伴う事もありますし、赤みを帯びた部分の皮膚が剥がれ落ちてしまったり、「ジュクジュク」して膿んだような状態になることもあります。

乳児湿疹の赤みが起こりやすい時期は?

乳児湿疹の赤みが起こりやすい時期は生後1週間頃から生後2週間頃までの間。

またそれまでの間に湿疹が出来なかった場合や湿疹が一度治まっても、生後3カ月頃から湿疹が出て赤みが酷く出る事もあります。

長くて生後6ヶ月頃までには落ち着きますが、正しいケアで赤みを食い止めないと、それ以降も続いてしまいます。

大体の場合は1歳頃までにはほとんどが治るのですが、やはりその為には正しい対処が必要です。

乳児湿疹の赤みをもたらす原因は?

では乳児湿疹の赤みをもたらす原因についてです。

生まれてすぐから生後3カ月頃まで赤み

生まれてすぐから生後3カ月頃までの赤みの原因としては、皮脂の分泌量の過剰です。

赤ちゃんがお腹の中にいたときのホルモンの影響により、皮脂の分泌量が盛んなのです。

その過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まってしまい、炎症がおき、湿疹、赤みとなります。

湿疹の状態としてはベタベタ感がありジュクジュクしています。

おでこや頬、眉毛、首、太腿などに出やすい傾向があります。また気づきにくいのですが「頭皮」にも出やすいので要確認が必要です。

生後3カ月頃からの赤み

生後3カ月頃からの肌の赤みの原因は乾燥です。

皮脂の分泌量が低下していき、肌が乾燥しやすくなります。

すると肌のバリア機能が低下し外部刺激(ほこり等の汚れ、ウイルスなど)により、皮膚は刺激を受け炎症が起こり赤みとなります。

外気にさらされてしまうことが多い顔、足、胸、太もも、背中などに症状が出やすい傾向があります。

患部に触れるとザラザラ感やブツブツ感が感じられます。

赤みと共に皮膚が粉ふいている事もあります。

母乳が赤みを悪化させる?

母乳が赤みを悪化させるか否かということですが、可能性としては否めません。

生後3カ月頃までの皮脂の分泌量が多い時期に、ママも油分の多い食事や糖分の多い食事を摂取しすぎると、赤ちゃんの皮脂の分泌量のさらなる増加に繋がります。

またタンパク質の摂取のし過ぎも赤ちゃんがタンパク質を分解しきれず炎症の原因となります。

生後3カ月以降の場合は、母乳を飲むと赤みが増すという場合は、食物アレルギーによる影響が考えられます。

母乳」には赤ちゃんに必要な栄養素が豊富であり、母乳をあげることはとてもよいことで、止めないで続けて欲しい事です。

しかし、多少なりとも栄養はあると考え、食生活の改善や今後の食物アレルギーの検査を受けるか否かという判断として赤みの原因として考える必要はありますね。

乳児湿疹の赤みを悪化させないためのケア方法は?

乳児湿疹の赤みを悪化させないためには、正しいケア方法が必要です。

正しい方法で清潔を保つ

清潔を保つことが大切です。

しかし、方法を誤ると赤みがどんどん酷くなってしまいます。

石鹸は低刺激なものを

石鹸は低刺激なものを使用します。

更にしっかりと泡立てて、肌に刺激を与えないように優しく洗います。

ガーゼの使用やゴシゴシ擦り洗いは肌の赤みを悪化させてしまうのでやめてください。

手のひらで優しく洗うのが一番です。

洗い残しに注意

洗い残しには注意が必要です。

石鹸を洗い残すと刺激となり、赤みを悪化させます。

乳児湿疹の増加にもつながるので気を付けてください。

湯温度も大切

湯温度が高いと乾燥の原因、かゆみを感じやすくなり赤みの原因となります。

湯温度は38度以下にしましょう。

肌を拭くときは

入浴後の水気をとるときも、汗を拭き取るときも、汚れを拭き取るときも、擦るのは絶対にNGです。

赤みを加速させる原因となります。

柔らかい素材のタオルで優しく擦らずそっと押さえつけるように拭きましょう。

保湿ケアを十分に

保湿ケアは赤みを抑え赤みが起こりにくい肌を作るためには、肌のバリア機能を高める保湿ケアが重要です。

保湿をして赤みのある肌を守りましょう。

保湿のタイミングは

保湿のタイミングとしては、入浴後・授乳後・朝・着替え・オムツ替えの際など、最低限、朝と入浴後は行い、他の場面でも乾燥している時、汚れを拭き取った後の保湿を細目に行いましょう。

外出前に行うこと

外出前は外気にさらされるので、保湿ケアをしっかりとしてから出かけましょう。

帰宅後も清潔にし、保湿ケアが必要です。

また、外出前は紫外線防止の準備が必要です。紫外線は赤みの悪化に繋がります。

日焼け止めの活用やベビーカーの日よけ、日傘や帽子、長袖のはおりものなどを活用し紫外線を防止しましょう。

部分別!!乳児湿疹の赤みへの対処法

では清潔と保湿が乳児湿疹の赤みを改善するために必要なのですが、部分別に注意点があるのでご紹介します。

頭皮の赤みへの対処法

頭皮の乳児湿疹による赤み、頭皮も保湿ケアは必要です。

また赤みが出るほどの乳児湿疹が頭皮にできると、かさぶたができやすくなります。

かさぶたは無理に剥がさず自然に剥がれるのを待ち、剥がれた部分は赤みがまた出やすいので保湿ケアを続けます。

保湿ケアがうまくできず赤みが治まらない時は病院へ。

顔の赤みへの対処法

顔の赤みが酷い時は、汚れに十分に注意して過ごします。

ホコリなどの外気の汚れ、授乳や食事で口の周りに付いた汚れ、これらを細目にしっかりと落とすことが大切です。

また、汗や皮脂もこまめに拭きましょう。

汚れを落とした後の保湿ケアは忘れずにです。

首の赤みへの対処法

首は皮膚が重なるシワができやすい部分なので、そのシワの間に汚れが溜まりやすかったり、赤みが酷く出ていることが多いので、見逃さないように清潔・保湿を行いましょう。

シワを広げて汚れを落とし、保湿ケアをするように注意してください。

全身の赤みへの対処法

全身の赤みへの対処法としては、シワになる部分を見逃さずに清潔・保湿を行います。

また、赤みに痒みが伴っていることがあり、体は手が届きやすい場所です。

掻き傷が出来てしまうと、そこから感染が起こり、赤みが酷くなる症状に見舞われる原因となります。

爪は丸く短くカットしておきましょう。

また、長袖や長ズボンで肌を保護するのも大切です。

乳児湿疹による赤みが治まらない時は?

赤みが対策を行ってもなかなか治まらない、悪化していくという場合、受診が必要になります。

良くなっている場合はケアを続けることで治る見込みは十分ありますが、ケアをしても回復が見られない場合は、他の原因が考えられます。

アレルギーによる赤み、アトピーによる赤みが原因として考えられるので、受診にて原因を特定し、正しい治療を受ける必要があります。

目安としては正しいケアを始めて1週間から2週間ほど経っても症状に変化が見られない、悪化しているという場合は受診すべきタイミングです。

十分な保湿ケアで赤みを抑えるために活用したものは?

笑顔の赤ちゃんにキス

私は【ファムズベビー】を活用しました。

赤みを抑えるためには十分な保湿が必要ですが、保湿力が高い保湿剤を使用する必要があります。

そこで保湿剤が肌から蒸発したり、衣類に擦れて保湿剤が落ちないように、ファズムベビーを使ったのです。

ファズムベビーで十分な保湿剤の効果が得られ、肌の保護にもなり、赤みは徐々に治まっていきました。

まとめ

  • 乳児湿疹による肌の赤みは月齢ごとに異なる
  • 赤みを抑えるためには清潔・保湿ケアが必要
  • 赤みが治まらない時は病院で原因特定を

これさえ知っていれば「赤み」って怖いものじゃなくなります!

顔の赤みは乾燥しやすいので、気づいた時には保湿もたっぷりしてあげましょう。

もしこれでもまったく回復の兆しがなかったら、乳児湿疹と油断せず「病院に行く」ということも頭に入れておいてください。

公式サイトはこちら→洗っても拭きとっても落ちない!新発想ビフォアケアフォーム【ファムズベビー】