乳児湿疹の症状

乳児湿疹がお腹に出ちゃった!!それって乳児湿疹ではないかも!?

赤ちゃんにキスするママ

乳児湿疹が出来始めてから数か月後、お腹にだけ湿疹が出始めたのです。

また乳児湿疹だ!と思い、清潔に保ち保湿もしていたのですが、少し赤みや湿疹が治まり治ったかなと思うと増えたり、又治ってきたかなと思うと増えてというのを何度か繰り返しました。

徐々に保湿してもカサカサ感がすごく、湿疹も治まらず、乳児湿疹なのかという点についても疑問を覚えるようになったので、再度小児科に受診しました。

顔の時のように乳児湿疹だと診断されるのかと思っていたのとは裏腹に、別の診断となったのです。

お腹の湿疹は乳児湿疹の場合もありますが、アトピー性皮膚炎が原因である場合もあります。

お腹の湿疹の原因は乳児湿疹

干からびた地面

乾燥性湿疹がお腹に

お腹の湿疹の原因は乳児湿疹である場合ももちろんあります。

ママの女性ホルモン影響を受け、皮脂の分泌量が過剰な時期から乳児湿疹は起こるため、生後1ヵ月から乳児湿疹は起こり始めます。

しかし、皮脂腺が多く、皮脂の分泌量が比較的多い顔や頭皮を中心に湿疹が起こります。

お腹の湿疹はその後です。

生後3カ月頃を過ぎると、全身が乾燥しがちになり、肌のバリア機能が低下します。

すると全身に乳児湿疹が起き始めてしまいます。

保湿ケアにより肌のバリア機能を高めていると防げるのですが、多くの場合、保湿ケアが十分に行われておらず、乳児湿疹が出来てしまいます。

乾燥性湿疹という乳児湿疹です。

お腹や横腹などは乾燥しやすく、この乳児湿疹が起こりやすい傾向にあります。

あせも

寝て居る時間が長いねんね期にお腹の湿疹が見られるという場合は、「あせも」が原因であると考えられます。

汗による刺激、蒸れにより、湿疹が起こってしまいます。

首回りにもお腹と共に出来てしまうことがあります。

衣類の着せすぎ、室温、こまめに汗を拭き取る、衣類を細目に変えるなどをしていると、1週間ほどで落ち着いてきますが、しっかりと対処を行わないと悪化し、病院へ行かないと治せなくなってしまいます。

清潔・保湿をしっかりと行いましょう。

虫刺されからの悪化

お腹だけに湿疹が出ているという場合、お腹が虫に刺され、そこから悪化し湿疹が広がってしまうことがあります。

蚊による虫刺され、ダニやムカデなどによる虫刺されからも起こります。

掻かずに薬で早く虫刺されを治すということが大切なのですが、悪化しお腹に湿疹が広がってしまっている場合は、病院への受診が必要です。

お腹の湿疹の原因は肌トラブル以外もある

沐浴する赤ちゃん

赤ちゃんのお腹に湿疹が出たという場合、肌のトラブル以外の原因も考えられます。

  • 突発性発疹
  • 手足口病
  • はしか
  • 水疱瘡
  • 風疹

等があります。

湿疹の他にも、熱や元気がない、機嫌が悪く良く泣くという場合などは、このような病気が隠されている場合もあるので、病院へ受診し検査してもらう必要があります。

お腹の湿疹はアトピー性皮膚炎?

乳児湿疹だと思い、清潔を保ち保湿をしていてもなかなか治らない乳児湿疹。

悪化し皮膚科へ受診すると、診断はアトピー性皮膚炎。

アトピー性皮膚炎の特徴

アトピー性皮膚炎だと診断される特徴があるのですが、その特徴の中に、顔・頭の方から首お腹・手足と上から下へと湿疹が広がるというものが挙げられます。

お腹に湿疹が出る前に、顔や頭皮、首の湿疹があったという場合は、「アトピー性皮膚炎」の可能性があります。

良くなったり悪くなったりを繰り返している、湿疹がなかなか治まらないと長く続いている場合は、可能性大です。

生後4ヶ月以降はアトピー性皮膚炎と診断することが可能となってくる時期なので、そのころまでに湿疹が良くならないという場合は、悪化云々ではなくまず皮膚科へ受診し、アトピー性皮膚炎を疑った検査をしてもらうことをおすすめします。

保湿クリームでお腹の湿疹を防ぐ

新生児を抱くママ

私が見つけた保湿クリームは【アトピスマイル クリーム】という保湿クリームでした。

この保湿クリームは肌の深層まで潤いを与え、更にその与えた水分を肌に蓄えて置くことが出来るように水分保持能に作用する成分が含まれているため、塗り続けることで、肌の水分が十分に保たれ、肌のバリア機能が整うというのです。

また成分にはステロイドも含まれていませんし、アレルギーの原因になるものやデリケートな肌に刺激となる成分も含まれていませんでした。

疑わしいのは水分保持能に作用するという成分ですね。

この成分について調べてみたところ、ライスパワー№11という成分で、お米由来の成分でした。

医薬部外品で唯一水分保持能に作用する成分だとして世界でも認められている安全な成分だということが分りました。

アトピスマイルクリームで十分な保湿ケアを行い、肌のバリア機能を高めておくことで、湿疹に悩まされることは無かったのです。

アトピスマイルクリームで変わった日々

完治

アトピスマイルクリームを購入し、入浴後と朝にお腹に塗るようにしました。

炎症を抑える効果は無さそうだったので、ステロイドで炎症が治まったと同時に使い始めました。

肌にスッと染み込む感じがあり、べたつかず、本当に肌の深層まで水分が行き届いているような気がしました。

また、ワセリンを塗って寝ても朝にはカサカサしてしまっていることがほとんどだったのに比べ、アトピスマイルクリームを塗って寝ると、翌朝も肌がツルッと潤っていて驚きました。

その後も【アトピスマイル クリーム】を塗り続けてみていたのですが、そろそろ再発するかなという気はしていたのですが、再発することはありませんでした。

私自身もこんなにも保湿に使うものによって肌の質感、アトピーの状態が変わるのかと信じられませんでした。

最初はたまたま再発していないのかなと思うほど・・・。

しかし、いまだにアトピーが再発することはなく、綺麗な肌を保つことが出来ています。

今ではやっぱりアトピスマイルクリームをおかげでアトピーの再発を予防できているのだとなと思い使い続けています。

アトピーで悩んでいるというママ友にもアトピスマイルクリームを勧めてみたところ、やはり効果を実感したようで、愛用していると喜んでくれました。

アトピスマイルクリームママ友が増えそうです。笑

とにかく我が子が自分で肌を掻けるようになってしまい、悪化する前にアトピーの再発を防ぐことが出来るものに出会えて本当に良かったなと思います。

  • お腹の湿疹は乾燥性湿疹やあせも、虫刺されからの悪化が考えられる
  • 一向に良くならない場合は、アトピー性皮膚炎の可能性あり
  • 酷い時、長引いているときは病院へ
  • お腹の湿疹予防、悪化防止のためにはアトピスマイルクリームで十分な保湿を
  • 炎症が治まったら、保湿ケアで肌のバリア機能を高め、再発を防ぐべし!

赤ちゃんの肌は保湿ケアで肌のバリア機能を高めてあげることで守ることが出来るのです!

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら