ADリッチクリーム

ラフィスADリッチクリームはどんな人オススメ?アトピー肌には?!

ラフィスADリッチクリームは、含まれている成分の作用でアトピーの原因菌である黄色ブドウ球菌の動きが抑制され、アトピーの症状が出なくなり、更に含まれている成分により痒みも抑制されるという保湿クリームでした。

アトピーの炎症は治まる?ステロイドとの比較

ADリッチクリームとアトピー1

私もラフィスADリッチクリームと出会うまでは、ステロイド外用薬でアトピーの炎症を抑制させていました。

しかし、ラフィスADリッチクリームにもアトピーの炎症を抑えることができる成分が含まれていますよね。

ラフィスADリッチクリームに含まれている炎症を抑える成分は、医薬部外品で自然成分です。

その為、やはりステロイドとラフィスADリッチクリームの炎症を抑える力を比較すると、ラフィスADリッチクリームのほうが劣ります。

ステロイドのほうが炎症を抑えることに関しては即効性があります。

アトピーの炎症をすぐに抑えたい、徐々に治まっていくのは待っていられない!!という方にはラフィスADリッチクリームはおすすめできません。

一方で、炎症は徐々に治まっていくため、ステロイドのような即効性は見込めなくても、副作用のない肌に優しい成分で炎症を抑えたいという方にはラフィスADリッチクリームがおすすめです。

炎症は徐々に治まっていく形になるので、その間痒みに耐えなければいけないの?と思うかもしれませんが、ラフィスADリッチクリームには痒みを抑制する成分も含まれているため、痒みを抑えながら徐々に症状を鎮めていくという形になります。

時間をかけてアトピーが再発しない肌を丁寧に作り上げていくほうが良いと感じる方には、ラフィスADリッチクリームがおすすめです。

ラフィスADリッチクリームでアトピーは治る?

ADリッチクリームとアトピー2

ラフィスADリッチクリームでアトピーが治るのか否かということに関しては、私は完治したと思っています。

アトピーの炎症は起こらなくなりました。

なぜ炎症が起こらないのかといえば、それはラフィスADリッチクリームを使い続けているからです。

アトピーの原因である黄色ブドウ球菌は肌に常在菌であるため、アプローチしなければ勝手に増えます。また、生活リズムが崩れたり、体調が優れないというときにはすぐに増殖しだし、好き勝手に肌トラブルを引き起こしてきます。

また、肌を保湿しなければ、入浴後3分後には急激に乾燥しだし、肌のバリア機能は低下し、外部刺激に負ける弱った肌はアトピー賀引き起こる原因となります。

そのため、黄色ブドウ球菌の動きを抑制し、保湿もし続けることがアトピーが再発しない肌を保ち続けるためには必要だと実感し、ラフィスADリッチクリームを使い続けています。

アトピーに効果のあるクリームを使って、治ったら使用を辞めたい、毎日何かを肌に塗るのは面倒くさいという方にはラフィスADリッチクリームはおすすめしません。

一方で肌をより良い状態で保つために毎日ボディケアをすることは苦にならないという方には、ラフィスADリッチクリームを是非おすすめしたいです。

塗り続けることで、どんどん綺麗な肌になりましたよ。

まとめ

ADリッチクリームとアトピー3

ラフィスADリッチクリームをおすすめしない人

  • とにかく肌の炎症を止めたい。
  • ステロイドを使い続けることに抵抗が無い
  • 毎日クリームを塗り続けるのは面倒。炎症が起きたときだけ薬を塗りたい。

ラフィスADリッチクリームをおすすめしたい人

  • ステロイドの副作用が心配。脱ステロイドしたい。
  • トラブルが起きない健康的な肌を手に入れるためには、クリームを塗るくらい苦にならない。
  • 治る過程は徐々にでも、一時的に炎症を抑えるだけではなく、肌を根本的な部分から治していきたい。

私はすぐに炎症が治まるものの一時的に急激に治るだけのステロイドを気休めのように使い続けるよりも、ラフィスADリッチクリームで炎症の起きない健康的な肌を手に入れることが出来て本当によかったなと思います。

塗心地もベタベタせずストレスなく使用できるので、今後も使い続けて健康的な肌を維持していこうと思います。

公式サイトはこちら→【ADリッチクリーム】