アトピーの治し方

ハイター風呂って知ってる!?塩素がアトピーに良いって本当なの!?

ハイターと風呂1

今まで、アトピーの治療として様々な治療法を聞いたり試したりしましたが、今回衝撃の治療法を知りました。

ハイター風呂です。塩素でアトピーを治す。

本当に衝撃すぎて、思わず「えぇ!?」と声が出ましたが、知っている人は知っていて、実践している方も結構いるようです。

私も息子もアトピーですが、塩素は敵としか思っていませんでした。

塩素が良くないと知ってからは、シャワーヘッドを塩素除去できるものに変えたし、体を強くするために息子に習わせていた水泳も、塩素で肌が荒れるからと、アトピーの炎症がひどい季節は長期的に休むこともありました。

その塩素がアトピーの治療に役立つなんて!

私と同じようにハイター風呂に衝撃を受けつつも、その効果や方法を知りたいあなたのために、ハイター風呂についてまとめてみました。

アメリカでは日常的な治療法のハイター風呂

ハイターと風呂2

何度も言いますが、ハイターをお風呂に入れてアトピーの改善になるなんて、本当に衝撃でした。

今までの自分の中の常識を覆されたような、真逆の発想であり、そんな対処法があると知っても、正直試す気にならなかったです。

なんだか怖い気がしませんか?

しかし、ハイター風呂はアメリカではとてもメジャーな治療法なんです。

どれくらいメジャーかと言うと、スキンケアをするのと同じくらい当然のことらしいです。

アメリカのアトピー治療の医師がハイター風呂を推奨しているんですが、アトピーの改善にハイター風呂が良いとされる、その根拠は一体どこにあるのでしょうか。

ハイター風呂は感染症対策である

ハイターと風呂3

ハイター風呂は、アトピーの治療というよりも、予防策として効果があるようです。

感染症予防に役立つハイター風呂

アトピーの人の皮膚には黄色ブドウ球菌がとても多く存在しています。

そのため、とびひなどの感染症にもかかりやすかったりします。

うちの息子も、黄色ブドウ球菌によるとびひに何度もなっているし、アトピーとは違う湿疹が出て受診すると「黄色ブドウ球菌が~」と言われたことが多々ありました。

汗に含まれるペプチドは皮膚の細菌の調整をしてくれるのですが、アトピーの人は汗をかきにくい、または、意識的に汗をかかないようにしているので、ペプチドの機能も低かったりします。

それがまた、黄色ブドウ球菌が増えやすい環境にもなってしまうんです。

そこで、黄色ブドウ球菌などの細菌による感染症対策として、ハイター風呂が有効になるんです。

アトピーの原因、アレルギーを改善するようなものではないんですね。

でも、アトピーは黄色ブドウ球菌によって引き起こされるという説も発表されたりしていますよね。

ハイター風呂が推奨される理由も、黄色ブドウ球菌などの感染症対策をすることがアトピー治療に重要なことであるとされているからなんです。

もしそうであれば、ハイター風呂で消毒をして黄色ブドウ球菌による感染症の予防をすることは、とても画期的な方法かもしれないです。

簡単!ハイター風呂のやり方

ハイターと風呂4

ハイター風呂の入り方は、湯船にハイターを120ml入れるだけ。お風呂から出る時はよくシャワーですすぐことも忘れないでくださいね。

すごく簡単です。ただ、アトピーによる掻き傷なんかがあると、傷がヒリヒリ痛むので、ハイター風呂を試すなら、状態が良い時に行いましょう。

ちなみに、ハイターの入ったお湯で、洗顔からシャンプーまでできてしまいます。

ニキビやあせもにも効果があります。

ただ、人によって合う合わないがあったり、慣れるまでは皮膚の違和感を感じたりする場合もあるので、120mlとは言いましたが、はじめは少量でどんなものか試してみるのがいいですね。

ハイターを入れたお風呂に入るって、それがどんなことなのか想像しにくかったんですが、120mlのハイターを湯船に入れるのは、プールと同じくらいの殺菌力が働くそうです。

そう聞くと少し安心感がありますね。劇物!みたいな心配はなさそうです。

ハイター風呂の気になる効果は!?

ハイターと風呂5

ハイター風呂はあくまでも感染症予防として有効であり、アトピーの治療とはまた別物です。

また、先程も言ったように、傷がある時は絶対にやめておきましょう。

そして、ハイター風呂が合うか合わないかは個人差があります。

少量から始めて「これはいけそう!」となれば、少しずつ増やしていくのもありですし、痛みやかゆみが出てしまったら、すぐに中止しましょう。

皮膚の状態があまり良くない時にハイター風呂を試して、アトピーが悪化してしまう場合もあります。ハイターが刺激になってしまうんですね。

でも、肌に合ってうまくいけばかゆみが治まったり、アトピーの治りがいつもより早くなります。

ハイター風呂に入ってから調子が良いという口コミがありました。

ステロイドを使わなくても良くなったり、かゆみがなくなったり。

あの猛烈なかゆみのストレスから解消されるなんて、アトピーの人には嬉しい状態ですよね。

その一方で、やはりアトピーが悪化してしまった、または、症状に変化が見られないという声もありました。

薬やケア商品でも、人によって合う合わないがあるので、ハイター風呂もそうなのでしょう。

黄色ブドウ球菌が繁殖してしまったら

ハイター風呂はあくまでも予防策なので、もし、黄色ブドウ球菌などの感染症にかかってしまったら、その後ハイター風呂で治療をしようとしてもどうにもなりません。

抗生物質での治療をしなければ治りませんので、皮膚科を受診しましょう。

ハイター風呂試す?試さない?

やり方も簡単で、ハイターも手軽に買えるものなので、ぜひ試してみたいと思う方もいるでしょう。

ただ、効果や感じ方には個人差があります。

また、私自身はハイター風呂がどうなのか、試したこともまだなく、かかりつけ医に聞いたこともありません。

試す方は自分の肌状態がハイター風呂を試してよい状態にあるのか、お医者さんに相談してみるのも良いかもしれません。

あまりに衝撃だったハイター風呂、かなり気になりますが、試すかと聞かれたら・・・勇気がなくて試せません。というのが本音です。

まとめ

塩素はアトピーに悪いという日本の常識を覆すようなハイター風呂ですが、アメリカでは日常的に行われている治療法です。

黄色ブドウ球菌など細菌の対策をすることがアトピー治療において重要であるという考えなんですね。

手軽にできるのも嬉しいところですが、効果には個人差がありますし、誰にでも合うわけではなさそう。

試す場合には、自分の肌状態をよく見て、ご自身で判断してくださいね。

不安があれば、いちどお医者さんに相談してみることをおすすめします。