アトピー

ツボがひと押しするアトピー完治への道

指圧治療

私はアトピーになってから、様々なことを気を付けるようにしてきました。

なかなか治らないアトピーに、飲めばアトピーが治る水、身に付けているとアトピーが治る数珠、浴びていればアトピーが治る加湿器等々、スピリチアル的なことまで色々と試し、数十年間アトピーの症状に悩まされてきました。

何をやってもうまくいかない。もうこれは何をしても治ることはないのではないかと思うほど、様々なことに資金投資、時間投資して何度も再発し、物凄く落ち込むという日々を過ごしてきたのです。

これはもう一生治らないもので、皮膚科の薬で一時的に炎症を抑えながら生きていくしかないのだと諦めかけていた時に、ツボを押すことでアトピーが完治するという情報を耳にしたのです。

私はアトピー完治のためのツボを徹底的に調べ、これなら完治するかもと思い、初めて見ることにしました。

なぜツボを押すとアトピーが完治するの?

アトピーとつぼ1

なぜツボを押すとアトピーが治るのでしょうか。

私はアトピーとツボの関係性に見当もつきませんでした。

副腎のツボを押すとステロイドの効果が?!

副腎とは腎臓の左右の上を冠上に覆っている臓器なのですが、そこは生命を維持するために必要とされている天然のステロイドを分泌するという役割を担ってくれているのです。

そのステロイドにはたくさんの種類があるのですが、中でもホルモンとして機能してくれるステロイドホルモンという分泌物がアトピーと大きな関係があります。

実は外用薬のステロイドも体内の副腎皮質ホルモンという天然のステロイドを真似て人工的に作ったものなのです。

要は外用薬のステロイドは元々体内でも分泌されている成分だということですね。

そのステロイドホルモンを自力で分泌を促すためにはツボを押すことが有効となるのです。

ステロイドを塗らなくても、常にステロイドが体内で分泌されていれば、アトピーは治るということなのですね。

かゆみの軽減や肌の潤いを促してくれると言われています。

体内から出る成分なので、もちろん副作用などはありません。

アトピーに効くツボはどこにある?

アトピーとつぼ2

ではアトピーに効くツボとはどこにありどのように押したらよいのでしょうか。

手にある副腎のツボ

まずは手にあります。

手の平の真ん中から親指よりのところにあります。

このツボを20秒から30秒ほどかけてギューっと押して行きます。

ツボにしっかりと入ることが効き目が出るかでないかのポイントとなるため、慣れていない場合はツボ押し棒などを活用するのもオススメです。

手のツボはいつでもどこでも押せるので、常に押す癖をつけて頻繁に押すように心がけました。

足にも副腎のツボはあります。

土踏まずよりも少し上の部分にあるので、右足左足各1~2分程度ずつ押すと良いです。

ツボを押すと本当にアトピーは完治するの?

アトピーとつぼ4

毎日欠かさずツボを押す生活が日常化していました。

最初はまったく効果が無かったのですが、押すようになってから約1ヵ月くらいが過ぎるとアトピーの炎症が起きても、以前より痒みが軽減しているような感じがありました。

かゆみも多少ながら改善されましたし、かゆみが酷くないので患部を酷く掻くということも少なくなりました。

しかしやはりアトピーを治すためには肌にもステロイドを塗ってあげなければなかなか治りませんし、一度治っても再発することを防ぐことは残念ながら防ぐことには至りませんでした。

もっと長い期間続ければ、もしかしたら治っていたのかもしれませんが、私としては完治するツボというよりは完治に近づけてくれる1つの手段なのかなというかんじでした。

そう思ったのは、アトピーは掻かなければ、触らなければ悪化しないということです。

かゆくて掻いてしまうと、炎症が悪化し薬を塗っていても治るまでに時間がかかってしまいます。

しかし、早い段階で薬を塗始め、炎症にあまり痒みが帯びておらず、掻かずに治すことが出来れば、掻いて悪化してしまった時よりも格段に早く治るのです。

ということは、ツボを押して痒みを軽減することが出来れば、アトピーの治りは早くなるということですよね。

アトピーの再発を防ぐためには・・・

アトピーとつぼ3

アトピーを治すために、様々なことを試してきた私でしたが、ツボを押す→痒みが軽減→アトピーが早く治るということを実感した私は、根本的な部分を見直す必要があるなと冷静さを取り戻したような感覚になりました。

アトピーを早く治すということはツボを押すことで出来るようになった。次はアトピーが再発しない方法を知る必要があると思ったのです。

必要なのは、肌を清潔に保つことと保湿でした。

毎日入浴はしていましたし、汗をかくと痒みが酷くなるので着替えを細目にする習慣もついていました。

問題は保湿です。保湿に関しては特にこだわりもなく、市販のものを適当に使用していたのですが、時に保湿クリームを塗ることでかゆみが酷くなるような気がする日もあり、塗らない日もありました。

そこで、再発を防ぐことが出来るような保湿クリームに変えてみようと思いました。

アトピーの再発を防ぐ保湿クリームとは・・・

アトピーの再発を防ぐためには、肌のバリア機能を高めるということが必要でした。

肌のバリア機能は肌が常に潤っていることで強化され、肌が乾燥すればバリア機能は低下してしまうというのです。

常に肌に潤いを閉じ込めておけるような保湿クリームが必要でした。

また、アトピーになってしまっている肌は、バリア機能が低いため刺激となる成分が入っていると、その刺激がアトピー再発や悪化の原因となってしまうということで慎重に選ぶ必要がありました。

私が使った保湿クリームは・・・

アトピーとつぼ5

私はドラックストアで保湿クリームを探してみたのですが、どれが肌バリアを強化してくれるほど保湿力が高いのかということが全く分かりませんでした。

そこでインターネットで肌のバリア機能を高められて、アトピーのように敏感になってしまっている肌にも使用できる保湿クリームを探してみることにしたのです。

見つけたのは【アトピスマイル クリーム】というものでした。

市販の保湿クリームは肌の表面をカバーするものや、潤いが行き届いてもせいぜい角質層くらいまでなのに、アトピスマイルクリームは真皮などを通り越し、奥深くの基底層という部分まで潤いが行き届くというのです。

更にライスパワー№11という成分が肌に水分を保持しておくことができる機能に作用し、与えた水分が蒸発せず肌に閉じ込めておくことが出来る肌に改善してくれるということでした。

これは肌がバリア機能で守られ、アトピーが再発しない肌を作ることが出来るのではないかと思い、購入してみることにしました。

使用後の肌の変化は・・・

塗って1週間目、朝と夜に塗るようにしていたのですが、夜に塗ると朝まで結構肌が潤っているので、朝は塗らなくても良いのではないかと思うほど、保湿力が髙くて驚きました。

塗って1ヵ月、ステロイドで炎症が治まった時から使い始めたのですが、肌の赤みなどが徐々に消えてきていました。

3カ月後・・・。

アトピーが再発していてもおかしくないのですが、アトピーの再発が見られませんでした。

これまで数々のアトピーが治るという商品で治らなかった私は、見込みがあると思って購入したものの、ここまで本当に効果があるということにものすごく驚きました。

なにか変な薬でも入っているんじゃないでしょうね~。と思わず疑ってしまうほどの効果でした。

まあ、成分を確認しましたが、市販の保湿クリームのように肌に刺激となる成分が含まれておらず、逆に無駄な成分が配合されていないクリームだったのですが・・・。

効果がありすぎて驚いたのです。

最後に

希望

今は一応分泌してくれれば生命維持に良いというステロイドホルモンなので、ツボも押していますが、【アトピスマイル クリーム】は欠かさず入浴後に塗るようにしています。

ツボの効果は出ているのかは不明ですが、多分体内で少しは活躍してくれている事でしょう・・・。笑

おかげでアトピーが再発することなく、完治したといえる生活を送ることが出来ています。

これまで高額でアトピーが治ると謳われている商品を数々試してきましたが、本当に治るものと比べると、なぜ治るのかが良く分らず、見当はずれなモノばかりでした。

見極める力って大切ですね。

最初からアトピスマイルクリームに出会っていれば、とあの頃無駄に投資してしまった資金が勿体なく感じますが、結果的に今はアトピスマイルクリームのおかげでアトピーが再発しない肌が手に入れられたので良しとします!!

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら