アトピー肌の洗濯事情!!おすすめ洗剤と洗濯のコツ。

スポンサーリンク

私の娘は小学1年生でアトピーと診断されました。

急なことで私にも娘にも全く身に覚えのないことで、湿疹が出て皮膚科へ行ったところアトピーでした。

アトピーは慢性化しやすいと聞いていましたが、皮膚科の薬を塗れば治るだろうという気持ちがありました。

ところが薬でアトピーの症状が治まり、薬を塗らないでいると、またアトピーの症状が急に再発してしまうのです。

アトピーに長年悩まされてきた人の肌などを検索してみると、アトピー跡が残ってしまっていたり、再発を繰り返すほど炎症が治まりにくくなったり、範囲が広がってしまったりすることを知り、私は早く治してあげたいと本気で真剣になりました。

しかし、気持ちが本気になったところで、アトピーが治ってくれるわけもなく、無常にもアトピーは再発してしまうのです。

小学生になり初めての授業や新しい生活でものすごく疲れて帰宅するのにも関わらず、深夜痒みに襲われ熟睡できずにいたり、自分で着替えの服を選ぶようになったのにも関わらず、腕や足が見えてしまうものはアトピーが見えて嫌だからと隠れるような服を選んでいたり、物凄く私は見てて可哀そうで、胸が締め付けられました。

これは何か日常の中で改善すべきことがあるのではないか、薬だけに頼らずに何か治るための事をしてあげたいと思った私は、日常でアトピーの悪化に繋がってしまうものや再発につながる原因などを調べてみることにしたのです。

すると普段肌に密着している衣服の洗剤や洗濯方法がアトピーを悪化させたり、再発の原因となっていることがあると知り、我が家で使用している洗剤や洗い方を見直してみることにしました。

洗剤によってアトピーが悪化する?!

アトピーと洗剤2

なんと洗濯をするときに必ず入れる洗剤がアトピーの悪化の原因となっているというのです。

よくドラックストアで販売されている洗剤の成分表示を見てみるとほとんどの洗剤に含まれている「界面活性剤」という成分がアトピーの悪化につながる成分でした。

界面活性剤とは?

界面活性剤とは合成洗剤に含まれている成分です。界面活性剤が水に馴染みやすいという特徴と油に馴染みやすいという特徴を持ち合わせているため、水と脂を混ざりやすくしてくれています。

そのおかげで水が繊維や汚れの間に沁み込みやすくなり、綺麗に洗濯が出来るのですね。

また、汚れを水に混ざりやすくしてくれたり、一度繊維から剥がれ落ちた汚れが再び繊維に付きにくくしてくれるという役割もはたしてくれるため、綺麗に洗濯が出来るということなのですね。

界面活性剤のアトピーへの影響は?

しかしアトピー肌にとっては大敵となるのが界面活性剤です。

この界面活性剤が衣類に残ってしまっていると、肌の皮脂や水分を奪い取ってしまいます。

そのため、肌は乾燥し、淡白変性というものも引き起こし、肌は炎症が起きてしまうのです。

ちなみに・・・柔軟剤にも界面活性剤は含まれているので、同じ影響を肌に与えます。

石鹸系洗剤で洗えば安心?!

アトピーと洗剤3

界面活性剤がアトピーへの刺激があると知り、石鹸系洗剤という界面活性剤や他にも肌への刺激となる香料や漂白剤、蛍光増白剤、等々も含まれていない無添加のものを見つけました。

これは肌に刺激のある成分が含まれていないのだから安心だろうと思い、購入してみようと思いました。

石鹸系洗剤は本当に安心なの・・・?

石鹸系洗剤は汚れを落とす力が、劣ります。

肌への刺激は無いものの、汚れが落としきれず、その汚れが菌の温床となってしまうのです。

するとそのカビなどの菌がアトピー肌への悪影響をもたらしてしまう危険性があるのです。

また、洗濯層にも黒カビが発生しやすくなるというデメリットもあり、この黒カビがアトピー悪化の原因となってしまいます。

アトピー肌のための洗濯のコツは・・・

洗剤や柔軟剤の成分が衣類に残ると肌への刺激となってしまう、それを懸念すると汚れが落ちにくくなる・・・。

どうしたら良いの?!と思ったのですが、洗剤の成分を衣類に残さないように洗濯でき、汚れもしっかり落とせる洗濯のコツがあったのです。

すすぎは1回じゃ足りない!!

まずはすすぎの回数です。

すすぎが不十分であるため、衣類に成分や汚れが残ってしまうのです。

ではすすぎは何回行えばよいのか・・・。

すすぎ2回以上です。

すすぎ1回で綺麗などと1回でも十分に衣類に残らないで使用できるという売り文句をうのみにしてしまうのは危険です。

洗濯に使用する水の量が少なくてすむというものですが、アトピーのように敏感になっている肌に刺激が起こらないほど落とし切れているとは言い切れません。

洗剤・洗濯方法を改善!!

アトピーと洗剤5

私は洗剤を変えるか否かというよりも、しっかりとすすぐ洗濯のコツのほうが重要なのだと思い、娘の衣類だけは別で洗濯し、3回のすすぎを行うように改善しました。

するとやはり肌への刺激が減ったのか、アトピーが再発しても、すぐに薬を塗れば炎症が治まるという状態に変化したのです。

炎症が悪化せず軽度で済むという状態になったということです。

しかし、洗い方の改善をしても、もしかしたら治るかなと思い無添加の石鹸系洗剤で洗ってみても、アトピーの炎症が全く起こらなくなるというところに到達することはできなかったのです。

家族全員分の洗濯を一度に出来たら1回で済み、朝の洗濯の時間も短くて済むし、いちいちわけなくてもよかったら楽なのにな・・・。

すすぎが3回になってから水道料金が大幅に高くなったな・・・。

と思いながらも、娘のアトピーが治るならと思い、続けてきました。

しかし、それでもアトピーが完全に治るということは無かったのです。

炎症が悪化しにくくなったのはうれしいことだけど、治らないなら意味がないと、逆にものすごく悩みが増えたような気がしました。

刺激を受けにくい肌に・・・

アトピーと洗剤4
スポンサーリンク

私はなぜ自分や娘以外の家族はすすぎ1回でも肌に異常がおきないのか、もし起きていたら日本中の人がアトピーになってしまう可能性があるのではないか。

なぜ娘だけ?薬で炎症が治まれば私たちと同じ肌なのに、なぜアトピーが再発するの?と疑問に思ったのです。

するとそれにはアトピーの炎症が治まった後の肌が関係していました。

炎症がおさまっても治っていない?!

アトピーの炎症が治まると健康な肌へと治ったと思いますよね。

皮膚科の薬も炎症が治まれば塗るのを中止するようにと指導されます。

ステロイドは長期使用を避けるべき薬だということ、炎症を抑える目的の薬だからです。

しかし、皮膚科の薬も塗らなくて良い、炎症も治まったとなれば、治ったと思うのも無理ありませんよね。

ところがアトピーの炎症が治まった肌は健康な人の肌のようにはまだまだ改善されていなかったのです。

アトピーの炎症が起こると肌の水分量はゼロとなってしまいます。砂漠状態ですね。

肌に水分量が無い状態だと、肌のバリア機能である角質層には隙間が出来てしまいます。

この状態を肌バリアが低下している状態と言います。

健康な肌の場合は水分量が適切に保たれているため、肌バリア機能は高い状態です。

肌のバリア機能は、肌への外部刺激から肌を守ってくれているのですが、バリア機能が低下していると、外部刺激をダイレクトに受けてしまうのです。

だからアトピー肌には洗剤の成分に負けてしまい、炎症が再発したり、悪化してしまうのですね。

肌のバリア機能は高められる?!

炎症が治まったのち、外部からの刺激を受けず、炎症の起きない健康的な肌を保つためには、肌のバリア機能を高める必要がありました。

その肌のバリア機能は高めることができ、その方法は至って簡単で保湿をするというだけでした。

保湿剤の選び方

しかし、その保湿クリームの選び方にも注意が必要です。

なんとアトピー肌の強敵、界面活性剤は保湿クリームにも含まれている場合が多いのです。

また他にも香料やパラベン、エタノール、鉱物油などという成分も肌への刺激となってしまうというのです。

そのため、アトピー肌を保湿するためには、成分に注意して選ぶ必要があったのです。

私は無添加と記載されている保湿クリームをドラックストアで購入してきました。

そして娘の肌に塗ってみたのですが、肌の表面はベタベタになり、保湿されたと思いきや、深夜娘が肌を掻くのです。

なぜだろうと思ってみてみると、肌はカサカサでした。

就寝前に塗り、約2時間ほどしか経っていません。

肌の表面に保湿成分が塗布されただけで、肌の内部までは保湿されていなかったのです。

ということは肌に水分を十分に与えられていないので、肌のバリア機能は高まっていないということになってしまいます。

成分だけではなく保湿力にも重視して選ばなければいけなかったのですね。

そんな時、私が毎月読んでいた雑誌の裏面に、【アトピスマイル クリーム】という保湿クリームが載っていたのです。

成分は無添加無香料、他にも肌に刺激となる成分は含まれていません。

更に肌の水分保持能というものに作用する成分が含まれており、肌アトピスマイルクリームを塗り与えた水分を逃がさず保持できる肌に改善してくれるというのです。

肌バリア機能を高めてくれるとも書いてありました。

そこで私はアトピスマイルクリームを試しに購入してみることにしたのです。

私が選択した手段は・・・?

アトピーと脱ステ5

私は娘の肌にアトピスマイルクリームを塗ってみました。

まず最初に感じたのは、肌がベタベタしないのに、乾燥している感じは無くなり、クリーム状なのに肌に吸い込まれていかれるような塗心地でした。

そしてやはり浸透力も保湿力も高いのか、深夜肌がカサカサになり掻くということもなく、朝までしっかり保湿されていたのです

朝にも塗ると帰宅後まで肌がカサカサしていませんでした。

肌に異常も起きず、炎症が起こっている部分に飲み薬を塗り、【アトピスマイル クリーム】を塗り続けました。

すると徐々にアトピーの炎症が起きる部分が減り、次第に再発する部分が無くなっていったのです。

そして今ではアトピーが再発するということが無くなり、生活しています。

最後に

洗剤に関してなのですが、アトピーが再発しなくなり、気を抜いていた私は娘の洗濯物をてっきり分けるのをやめ、家族のものと一緒に洗ってしまったのです。

洗剤も柔軟剤もしっかりと分量通り入れ、すすぎは1回です。

これは大変なことをしてしまったと干す時に気づいたのですが、もし本当に【アトピスマイル クリーム】のおかげでアトピーが再発しない健康的な肌に完全に治ったのであれば、この一緒に洗ってしまった服を着せてもアトピーは再発しないのではないかと思ったのです。

娘に皮膚に異常が起きたらすぐに対処できるように、休日に着せてみることにしました。

結果は、異常なし。一日何事もなく生活し、その後もアトピーが再発するということは無かったのです。

本当に肌のバリア機能が機能してくれているんだと、この時はっきりと見せつけられた気がしましたね。

それからというもの、家族の洗濯物を一度にできるようになり、娘も何事もなく過ごすことが出来ています。

深夜かゆみでうなされず、ぐっすり眠ることが出来るようになったおかげか、娘は1年で約5㎝もの身長が伸びました!!

成長期だったのかもしれませんが・・・。笑

熟睡すること、痒みが無いということで集中力もアップするようになったのか、娘の担任の先生が以前より授業に集中している姿が見られているとお褒めのお言葉までいただけました。

好きなスカートを履き、プールを楽しみに登校する姿が見られるようになり、本当に私まで幸せな気分で送り出すことが出来ています。

アトピー跡が残ってしまうと、消えるまでに長い年月が必要となってしまいます。

また、子供の成長期にアトピーの痒みが悪影響をもたらすということも否めません。

アトピー跡が出来ないうちに、これ以上増やさない為にも、アトピーで悩む時間を少しでも早く手に入れられますよう応援しております!!

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA