アトピーの症状

肘の内側の湿疹や荒れはアトピーだった?!正しい対処法や予防法は?

アトピーと肘の内側1

肘の内側だけに湿疹が出る、荒れが酷いという場合、あせもや乾燥肌によるものなどの思われがちですが、原因はアトピーである可能性があります。

アトピーの症状の1つとして、肘の内側の炎症が酷くなるという事が挙げられます。

単なるあせもや乾燥肌や敏感肌なのかなと思っていたら、実はアトピーだったという事もあるので注意が必要です。

肘の内側にアトピーの症状が出てしまう場合の原因や、対処法をご紹介します。

肘の内側だけ湿疹や荒れが酷い場合・・・

冒頭でもお伝えしたとおり、肘の内側だけ湿疹が酷い場合や荒れが酷いという場合、アトピーである可能性が高いです。

また、繰り返し湿疹や炎症が見られ、良くなったり悪くなったりとなかなか治らないという場合、よりアトピーである可能性が高いので要注意です。

大人の場合は6ヶ月以上、乳幼児の場合は2カ月以上症状が続いているという場合、アトピー性皮膚炎と診断されることがほとんどです。

しかし、何割以上の湿疹で、どのくらい酷い炎症でなどと言う事ははっきりと言えず、素人の目では、あせもなのか、単なる荒れなのか、はたまたアトピーなのかと言う事は判断できません。

皮膚科に受診し、診察してもらい、原因を特定しましょう。

肘の内側だけアトピーの症状が酷い原因は?

全身のアトピーの症状はさほど酷くないのに、肘の内側だけが酷い炎症に見舞われるという事があります。

原因は

  • 良く汗をかき蒸れやすい部位である
  • 老廃物が溜まる場所
  • 皮膚が薄くデリケートな部位である

という事が挙げられます。

特にアトピーの症状が出やすくなる条件が揃ってしまっている部位なのです。

アトピーの症状が肘の内側に出た!対処法は?

ではアトピーの症状が肘の内側に出て酷い場合の対処法をご紹介します。

皮膚科に受診、薬の力を借りて

まずは皮膚科に受診しましょう。

炎症をいち早く食い止めることが先決です。

ステロイド外用薬」の力を借り、炎症を食い止めます。

皮膚が薄い部分と言う事もあり、副作用が気になり使用を避けたいという事がありますが、ステロイド外用薬などは正しく使用すれば、副作用をもたらすものではなく安全な薬です。

使用方法や医師の指示を守り、正しく使用しましょう。

強いかゆみが襲ってきますが、掻いても掻いても意味はなく、どんどん強い痒みに見舞われます。

また、皮膚の薄い部位であり、掻くと、より刺激を受けやすく皮膚は破壊され肌のバリア機能は低下します。

バリア機能が低下すると、外部刺激を受けやすくなり、よりアトピーの症状が悪化します。

掻くのはNGです。かゆみが酷い場合は、かゆみを抑える薬も処方してもらうように医師に相談しましょう。

汗の処理や衣類選び

汗を良く掻きやすい部分です。

良く汗をかき溜まってしまう場所なので、正しく処理することが大切です。

汗をかくことはアトピーにとって大切な事なのですが、汗を放置すると悪影響となり、悪化の原因です。

正しく「」をかいたら出来るだけ早く処理しましょう。

また、汗を良く掻きやすい部分であり、蒸れやすいので、蒸れへの対策も必要です。

通気性が良く、吸汗性の高い衣類で、皮膚が薄くデリケートな肘の内側に刺激を与えない、天然素材、綿や絹などの衣類、下着を選びましょう。

リンパマッサージ

リンパ」の流れが悪くなると、老廃物は溜まり詰まり、老廃物の蓄積や、肌に必要な栄養素も正しく行きとどかなくなり、アトピーは悪化します。

そこでリンパマッサージを行い、正常にリンパ液が流れ、老廃物を排出し、必要な栄養素を獲得できる状態を作りましょう。

保湿ケアで肌を回復

肘の内側は皮膚が薄く、ダメージを受けやすい部分です。

炎症が起こった事により、肌のバリア機能は低下してしまっています。

弱い部分だからこそ、早く正常なバリア機能を取戻し、守らなければいけません。

肌のバリア機能を破壊しない正しい入浴方法と、入浴後や汗の処理後の正しい保湿ケアで、肌のバリア機能を修復しましょう。

まとめ

  • 肘の内側はアトピーの症状である可能性が高い
  • 肘の内側は汗をかきやすい・老廃物が溜まる・皮膚が薄いという要因でアトピーになりやすい
  • 皮膚科に受診し正しい診断と薬により炎症をいち早く食い止める
  • 汗の処理・衣類選び・リンパマッサージ・保湿ケアで改善・予防を行う

肘の内側の症状はアトピーである可能性が高いです。

アトピーである場合、まずは薬に力を借り、炎症を食い止めましょう。

また、その他の対策も物凄く大切です。

更に根本的にアトピーを改善するためには、肘の内側だけの対処で終わらせることなく、「体質改善」なども行う必要がありますね。