アトピー対策に掃除機は必要ない!?私の実体験から出した結論の真意とは!?

アトピーの症状に悩まされ続け、最初は薬を塗っていれば治るだろうと思っていたものの、アトピーは私の考えとは裏腹に何度も再発してしまうのです。

何度も再発するアトピーをなんとか食い止めたいと思った私は、再発を食い止める方法を医師に尋ねました。

するとアトピーの症状が再発するということは、アトピーの原因となるアレルゲンとの接触を防ぐことが出来ていないからだと、最初の受診した時に行ったアレルギー検査の結果と共に教えてもらいました。

私の場合、アレルギー反応が強く出ているのはハウスダストとダニ、ホコリなどでした。

ということは、自宅の生活環境の中でハウスダストやダニやホコリをしっかりと除去出来ていないという事が分かったのです。

そこで私は一人暮らしという事もあり、ほうきとコロコロ(粘着掃除クリーナー)しか掃除に使用していなかったため、掃除機を購入する事にしたのです。

アトピーにとって掃除機は必需なんだと思い購入した私ですが、アトピーの再発頻度は減ったものの、結果的に掃除機を購入しただけではアトピーを完治させることはできなかったのです。

アトピーを防ぐための掃除機の選び方や掃除機をかけるべき場所をご紹介すると共に、なぜしっかりと掃除機を使用し掃除してもアトピーが完治しなかったのか、完治のために私が行ったこともご紹介します。

アトピーに掃除機は必要?!

アトピーにとって、掃除機は必要なアイテムだと言えます。ホコリやダニやハウスダストは、アレルギーが起こりやすいものです。

アトピーの原因として、アレルゲンとの接触や吸引により、免疫反応が起こり、アレルギー物質への攻撃が起こり、アトピーの痒みを感じたり。炎症が引き起こってしまうのです。

そのため、アトピーの炎症が薬で治まっても、アレルギー物質を自分の中に取り込まないようにしなければ、何度でもアトピーは再発してしまいます。

アレルギー検査でホコリやダニやハウスダストがアレルゲンだと特定されれば、もちろんしっかりと掃除をしなければいけないため掃除機は必要となります。

アトピーのための選ぶべき掃除機は?

私はいざ掃除機を買おうと思ったときに、安い掃除機もあれば、お高い掃除機もあり、どの掃除機を購入したら良いか迷いました。

しかし、やはり値段が低めの掃除機には、ダニやハウスダストをしっかり吸い取るなどという効果が書かれておらず、掃除機の中でも有名で、値段も高めのダイソンなどはダニやハウスダストを強い吸引力でしっかりと綺麗に掃除できるという事が書かれているのです。

電気屋の店員さんにもダイソンをおすすめされ、アトピーがこれで治るならと思い、意を決して私的にはかなり高い掃除機を購入したのです。

やはり、アトピーのために徹底的にダニやハウスダストを吸い取るなら、ダイソンなど少々高めの掃除機がおすすめですね。また、布団専用の掃除機として、レイコップもおすすめです。

アトピーを防ぐために掃除機をかけるべき場所は?

ハウスダストやダニは肉眼では確認できず、汚れていないように見えても、実はたくさん溜まってしまっている場所があります。

アトピーを防ぐために、掃除機をかけるべき場所があります。入念に掃除機をかけるようにしましょう。

寝室

寝室はハウスダストやダニが溜まりやすい場所です。

寝るだけということで、あまり汚れていないように感じていても、ダニや皮脂、フケ、布団のクズなど汚れが溜まりやすい場所です。

また、布団もダニやハウスダストやカビ、フケや皮脂が大量に溜まってしまいます。洗濯をすることも大切ですが、出来るだけ毎日掃除機をかけることをおすすめします。

カーテン

実はカーテンも掃除機をかけるべき場所です。布であるため、ハウスダストなど汚れが付着し溜まりやすいのです。

また、窓際という事もあり、結露等の影響でカビが増殖してしまっている事もあります。定期的な洗濯も必要ですが、掃除機を細目にかけましょう。

照明カバー

証明カバーはハウスダストやホコリが溜まりやすい場所です。ハウスダストは静電気に吸い寄せられてしまいやすく、舞いあがったハウスダストが付着し溜まってしまいます。

落ちてきてしまい空気中に待ってしまい、吸引しアトピーを悪化させてしまう事もあるため、こまめに掃除機をかけるべきです。

洗面所

洗面所は湿度が高く、ハウスダストが集まり溜まりやすい場所です。換気扇を活用しながら、掃除機もかけましょう。

クローゼット

クローゼットはハウスダストを集めてしまう布製品がたくさん収納されるため、ハウスダストも溜まりやすくなります。

掃除機がかけにくい場所という事もあり、知らず知らず大量に溜まってしまいやすい場所なのでこまめに掃除機をかけましょう。

掃除機をかける時は、吸い込めなかったハウスダストやホコリが舞うため、マスクや長袖長ズボンなど、吸引や接触を避けて行いましょう。

また、室内の上の方から下の方へという順番で掃除機をかけていきます。床は一番最後です。

掃除機でアトピーは治らない!

毎日の掃除を徹底し、ハウスダストやダニなどを出来るだけ室内に溜めこないようにした私のアトピーは、再発の頻度が減り、ステロイドの強さもワンランク下げても抑えられるくらいの炎症にまで改善されました。

しかし、時には酷い炎症が急に起こることもあり、完全にアトピーの再発を防ぎ、完治するという目標には至りませんでした。

せっかく高い掃除機を買ったのに・・・。と思いましたが、よく考えてみると、目には見えないハウスダストやダニを精一杯掃除したとしても、完全に無くすことは不可能に近いのです。

更に、私の生活範囲は自宅だけではなく、外にも出ますし職場でも過ごします。

という事は、いくら自分の部屋だけを掃除機で入念に掃除しても、結局刺激となるアレルギー物質を一切避けきるという事は出来ないのです。

アトピー完治のために掃除機+○○!!

私は、アトピー完治のために、アレルギー反応を起こす物質を避けることだけを考えていました。 

しかし、ある時テレビで肌を強くするためには、肌のバリア機能を高めることが大切だという事を知ったのです。 

自分が避けるのではなく、避けきれない刺激物質の影響を受けない肌へと改善すればよいのだとようやく気づくことが出来たのです。 

肌のバリア機能を高めることが出来れば、多少刺激となるアレルギー物質に触れても酷く炎症を起こしアトピーが再発することなく過ごすことができるようになります。 

肌のバリア機能を高めるためには? 

アトピーの炎症が起こった肌は、酷い乾燥に見舞われ、肌の水分量はかなり少なく、皮膚のバリア機能を果たす角質層が正常に機能せず、隙間だらけで異物が侵入しやすいバリア機能の低い状態となっています。 

そこで肌に十分な潤いを与えることで、角質層が正常に働き、隙間なく皮膚を守ってくれる状態、肌のバリア機能が高い肌へと改善することが出来るのです。 

その為には、肌に十分な潤いを浸透させる必要があるのですが、市販の保湿剤の効果は大体、皮膚の表面を油分でカバーし、肌の水分の蒸発を防ぐ効果のあるものなのです。 

しかし、アトピーの炎症が起こる肌のように、既に水分量が足りず酷い乾燥が引き起こっている肌には意味がありません。そこで私が選んだ保湿剤は【ADリッチクリーム】という保湿剤です。 

アトピー肌に不足しているせいでバリア機能が低下してしまうというセラミドは天然フルーツセラミドにより補給してくれて、その他の天然成分も豊富に配合され、肌に十分な水分を保持できるようにしてくれます。

またアトピーのかゆみの原因となる黄色ブドウ球菌の動きを抑制してくれる抗体入りダチョウ黄卵エキスも含まれている保湿剤でした。 

私はADリッチクリームで肌のバリア機能を改善していったのです。毎日欠かさず朝晩塗り続けました。 

まとめ 

【ADリッチクリーム】を使用してからの私の肌は、見ただけ、触っただけで乾燥が良く分かる肌でしたが、徐々にしっとり感のある肌が持続されるようになりました。 

見た目やさわり心地が変化していく中、アトピーの再発も起こらなくなったのです。 

保湿を変えるだけで肌質が急激に変化し、更に悩み続けていたアトピーの再発も防がれ、肌自体を強くする方法をなぜもっと早く行わなかったのだろうと自分を恨みました。 

現在でもできるだけ毎日掃除機をかけるようにしていますが、疲れが溜まり数日さぼってしまっても、アトピーの炎症が再発することは無くなりました。 

肌自体を強くすれば、アトピーのためにと高い掃除機を買わなくても良かったかなと少し後悔しています。 

アトピーのために掃除機を購入したり、掃除機を買いかえる前に、肌のバリア機能を高めることが出来ているか、保湿剤を見直すことを先に行った方が良いです。 

しかし、アトピーにより、掃除機をかける習慣がつき、細かい所までこまめに掃除するため、いつ友人が訪ねてきてもお部屋が綺麗な事を褒めてもらえるので、良かったかなと思います。 

綺麗な空間で過ごすことは大切ですが、自分自身避けきれない刺激物質も一歩自宅から外に出ればたくさん浮遊しているため、自分の肌自体を刺激を受けにくい肌に改善するということはとても大切ですね。 

公式サイトはこちら→【ADリッチクリーム】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA