アトピーは洗剤により悪化する?正しい洗濯剤の選び方とは?

私は体のアトピーの症状に長い事悩んできました。

かゆみや痛み、薬でおさまっても繰り返される炎症・・・。

薬なくして生きていけない状態と、繰り返されるたびに悪化していく肌の状態。

私は、年中カサカサしていて赤みもあり、パッと見ただけで、アトピーなのかな?と思われるような自分の肌を人に魅せることが何よりものコンプレックスでした。

そんな中、私は身に付ける下着に付いて、医師に注意されたことがあったのです。

よく化学繊維のテロテロ生地で着ると温かく感じるというインナーや、汗吸収!速乾!と書かれているようなインナーを着ていました。

すると、診察の際に、化学繊維が使われている衣類が肌に直接触れると、それが刺激となり、肌がかゆくなったり、アトピーの症状が悪化したり、良くないよ。

と言われたのです。

それからの私は、衣類の素材に気を付けるようになったのですが、待てよ。

肌に直接触れる繊維ですらアトピーへの刺激となり、かゆみや悪化の原因となるのに、毎日それらの直接触れる衣類を洗っている洗剤や柔軟剤は肌への刺激とならないのか?

赤ちゃんの肌に優しい。低刺激。敏感肌に使えるなどという洗剤も実際に販売されている訳で、これは洗剤も関係があるはずだという疑いが浮上したのです。

私は医師に洗剤はアトピーに関係ないのか、洗剤によってかゆみが起きたり、症状が悪化することはないのか、ということを尋ねると、やはり洗剤とアトピーには関係性があることを教えてもらいました。

では、どのような製剤であれば、アトピーの症状の悪化に繋がらずに使用できるのか・・・。

私は医師からの意見や洗剤に含まれる成分についてなどを様々な情報ツールから集め、アトピーでも安心して使用でき、症状の悪化に繋がらない洗剤を導きだしたのです。

そして、洗濯をするときの洗剤を変えることにより、私は頻繁にアトピーの症状が再発するという状況から、再発しにくくなった、一切しなくなったというところまでたどり着くことができました。

意外と盲点になりがちでありながら、毎日肌に触れる身に付けるものを洗う洗剤、アトピーにとっての原因になっていないか、正しい洗剤が使用出来ているか、確かめてみましょう。

アトピーは洗剤により悪化するの?

アトピーと洗剤2

はい。洗剤の影響でアトピーが悪化してしまうことはあります。

何故悪化するのか、理由は大きく分けて2つあります。

1つ目は【洗剤の成分が衣類に残り、洗剤成分が刺激となり悪化する

2つ目は【洗剤の洗浄力の低さにより、衣類に汚れが残り、菌の繁殖により刺激を受け悪化する

という2つになります。

洗剤によるアトピーの悪化

まずは1つ目のアトピーを洗剤により悪化させてしまう成分についてです。

よく洗剤に含まれている成分は以下の成分です。

  • アルカリ剤・・・衣類に付いた皮脂汚れや油汚れなどと結合し、汚れを落としてくれる成分。
  • 界面活性剤・・・水にも油にも混ざることができる浸透作用のある成分。衣類の

繊維に付いた油汚れに水が沁み込みやすくなり、汚れを落としてくれる。

また、一度衣類から落ちた汚れが再び衣類に付着してしまわないようにしてくれる効果もあり。

  • 分散剤・・・洗濯中の水の中で衣類から落ちた汚れが再び衣類に付着しないようにしてくれる成分。
  • 蛍光増白剤・・・衣類に紫外線を吸収し、蛍光を放出する成分。

白い衣類がより綺麗に輝いて見えるようになる。

  • 酵素・・・タンパク質、油分、皮脂、でんぷんなどの分解を促進してくれる成分で、洗浄力を高めてくれている。
  • 抗菌剤・・・無機系抗菌剤と有機系抗菌剤がある。菌をタンパク変性作用により、菌の影響を防いでくれる。

アトピー悪化する成分は?

洗剤の成分、衣類が綺麗になる成分が豊富に含まれていて、洗濯という面だけで見れば、物凄く有能なアイテムです。

しかし、アトピーとの関係性の側面から見ると、上記の有能な成分の中には、アトピーを悪化させる原因となっているのです。

  • 蛍光増白剤・・・皮膚刺激やアレルギ-反応を起こす場合がある。経産省の通達では必要最小限の使用にすること。乳児用製品への使用はできる限り避けることとされている、肌に刺激を与える成分である。
  • 酵素・・・日常生活の中では害が無いとされているものの、常に、又は多く吸い込むことにより、肺への影響があり健康被害も数件発生。
  • 抗菌剤・・・肌が弱いと炎症が起こる原因となる成分。皮膚を健康的に保つための常在菌のバランスにも影響し、肌トラブルが起こりやすくなる。

酵素や蛍光増白剤、抗菌剤は化学成分であり、アトピーへの刺激となるのです。

また、酵素と蛍光増白剤においては、通常洗剤に含まれる成分量が1%以下だと表示する義務が無いものの、この2つは1%以下でも表示義務があるというほど厳密にしなければ危険が及ぶ成分だと分ります。

  • 界面活性剤・・・界面活性剤においては、衣類の汚れ落とすという面では必要不可欠な成分。

界面活性剤無くしては洗濯できない。

ところが界面活性剤が衣類に残ったまま着用すると、肌の水分や皮脂を奪い、はだの表面がタンパク変性を起こし、炎症の原因となる。

柔軟剤にも含まれている。

界面活性剤については肌への影響が報告されているものの、それが合成界面活性剤であるか、天然界面活性剤であるのか、又は他のたくさんの種類がある界面活性剤なのかによっても影響は異なります。

更に、専門家でも意見が分かれ、衣類に界面活性剤は蓄積しない、蓄積するという主張があるのです。

要は、界面活性剤を避けるか否かということははっきりしていないものの、衣類に界面活性剤を残さずに、しっかりすすげば、アトピーへの影響は回避できるということになります。

アトピーには石鹸系洗剤が最適?!

アトピーと洗剤3

成分の事を踏まえ、合成界面活性剤も蛍光増白剤、抗菌剤、香料等々、肌に刺激となる成分が含まれていない洗剤があるのです。

それは洗濯用純粉石鹸です。

刺激がなく、アトピーでも安心して使用できる洗剤なのです。

洗濯用純石鹸は扱いにくい?

アトピーには良いというものの、洗濯用純石鹸

は扱いにくい、使い方を誤ると刺激となることがあるというデメリットもあります。

工夫すれば解消できるデメリットですが・・・。

  • 泡だっていないと洗浄力は低下

石鹸は泡立つことで洗浄することができます。

しかし、洗濯する際の水量に対し、石鹸量が少ない。

汚れがひどいと泡立たない。

ということが起き、汚れが落ちずに菌が繁殖するというアトピーへの原因が引き起こります。

洗濯している時に、しっかりと泡立っているかということを確認する必要があります。

しかし、多めに入れ過ぎても衣類に洗剤が残るので入れ過ぎにも注意です。

  • 溶けにくい

洗濯用純粉石鹸は水が冷たいと溶けにくく、塊となり汚れも落とせない、衣類に石鹸が残るという最悪な状態となってしまいます。

アトピーの原因とならずに使用するためにも、40度のお湯で梳かしてから洗濯すると、溶けずに固まるということが避けられます。

  • 洗濯層に黒カビが・・・

洗濯用純粉石鹸は洗濯層に黒カビができやすいというデメリットがあります。

石鹸のカスが黒カビの栄養になり、増殖してしまうのです。

この増殖した黒カビが衣類に付着し、肌への刺激となり、アトピーの悪化の原因となります。

洗濯層のこまめな掃除が必要ですね。

洗濯用純粉石鹸はアトピー肌に優しい成分ではあるものの、使い方をマスターしないと、肌への刺激が起こる洗剤となってしまいます。

重曹洗剤で楽に洗濯?!肌にもやさしい

アトピーと洗剤4

アトピー肌に使っても安心な成分であり、簡単に洗濯できる洗剤ってないわけ?!と思いますよね。

そんな甘くないか・・・。アトピーの為ならしょうがないか・・・。

いいえ!!ありましたよ!!

簡単に洗濯出来てアトピーを悪化させない洗濯方法。

それは、重曹洗剤で洗濯をするという方法です。

重曹洗剤での洗濯方法

重曹洗剤は、肌への刺激となる成分も含まれていなければ、汚れ落ちも抜群で、すすぎにより重曹が流れ落ちやすく衣類に残りにくいのです。

条件クリアですね。

重曹を水量10Lに対し、大匙1杯で洗濯するだけです。

重曹の弱アルカリ性の性質が、皮脂の汚れや酸性の汚れをしっかりと落としてくれます。

しかし、皮脂汚れがひどい、洗浄力が足りないと感じたときは、そこへ更に炭酸ソーダを組み合わせると、肌には刺激を与えずに、洗浄力を高めることができます。

方法としては、重曹を入れ、小さじ1杯のクエン酸を入れるだけです。

洗い上がりは?ゴワゴワしない?

しかし、重曹とクエン酸で洗濯して、洗濯物はゴワゴワしそう~。と思っていました。

ところが、実際に洗ってみると、これまで使っていた洗剤よりもふんわりとした柔らかい仕上がりで驚きました。

まとめ

私はこれまでの洗剤を見直し、洗濯は重曹洗剤とクエン酸による方法に変えました。

洗い上がりもふんわりとするので、衣服を着ても、肌がチクチクしてこないという感じがあり、更にアトピーの再発頻度も物凄く落ちました。

その後も重曹洗剤による洗濯を続け、私のアトピーは全く再発しない状態になったのです。

洗剤を変えるだけでこんなにも回復が早まるなら、もっと早く知りたかったよ!!と思いましたし、それとともに、洗剤の成分が肌に与える影響の偉大にも恐ろしくなるほど感じました。

特に嫌な臭いが付くということもなく、仕上がりもふんわりとして、アトピー肌も改善する、重曹石鹸にたどり着くことが出来て本当に良かったです。

また最近では少々値段は張るものの、重曹でできた洗剤も販売されえているので、活用することもありますよ。

自宅で使用している洗剤を見直してみましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA