アトピーの原因

アトピーと水は密接に関係している!!習慣を少し変えるだけで驚きの効果が!!

アトピーと水

アトピーを改善するためには、血液の流れを良くし、肌に必要な栄養素を届けるためにも水分補給、患部を入浴により清潔を保つという事が大切です。

しかし、この使用する水が原因でアトピーを悪化させてしまっていることがあるのです。

飲む水、使用する水道水から受ける刺激、その刺激を無くし、アトピーに刺激を与えずに水を使用する方法をご紹介します。

飲み水がアトピー悪化の原因に?

まずは飲み水についてです。

普段の飲用水が水道水という場合は注意が必要ですよ。

水道水がアトピーに与える影響

水道水には、水を殺菌し、体に害が及ばぬよう、塩素が含まれています。

しかし、この使用されている塩素は、世界初の毒ガスに使用されており、発がん性もあるという事を知っていますか?

金魚を入れる水が水道水だと、金魚のエラが炎症を起こし、窒息死してしまう成分が塩素なのです。

水道水に使用されている塩素は、かなり薄められており、人間の体には塩素の害が及ばぬようにされているのですが、塩素によりアトピーが発症する事もありますし、アトピーの悪化の原因にもなります。

また、水道水に含まれる細菌や寄生虫を塩素が殺菌してくれていますが、水道水を摂取すると、体内の健康を保つための必要な良い菌までも、塩素が殺菌してしまうのです。

水道水の塩素を抜いて摂取する方法

アトピーを改善するためには、水道水から塩素を除去し、摂取する必要があります。

塩素を除去するために、浄水器の導入をおすすめします。

または、飲用水として、ウォーターサーバーを活用し、ミネラルウォーターを飲用水とすると良いです。

浄水器とウォーターサーバーどっちの方が良い?

では浄水器とウォーターサーバーどっちの方が良いのかという事についてです。

浄水器のメリットデメリット

メリット

毎月の出費がない

気軽に取り付け可能

大がかりなウオーターサーバーの導入が無く気軽に蛇口に取り付けるだけなので気軽に導入出来ますね。

また、ウォーターサーバーの場合は、ボトル代やレンタル料がからないため、浄水器代と水道代程度の出費で済みますね。

デメリット

メンテナンスは自己負担

設置できない場合がある

水質を保つことができない

原水が水道水のみ

購入のメンテナンス、カードリッジの交換、フィルターの交換などはメンテナンスを自分で行わなければいけません。

また塩素を除去することは出来ますが、その水をボトルなどに入れて保管する、どこかへ持っていくというときは、水質が変化してしまい、水が腐ってしまうのでおすすめできません。

ウォーターサーバーのメリットデメリット

メリット

メンテナンスはメーカーが行ってくれるこだわりのミネラルウオーターが飲める

デザインがおしゃれ

温水も冷水もいつでも飲める

鮮度の良い水がいつでも飲めレンタル料やボトル代などはかかりますが、設置やメンテナンス料、配達や水の品質的な面までもを見ると、コスパは悪くありませんね。

デメリット

レンタル料やボトル料が毎月かかる

配送区間外だと、不在時の受け取り不可能な場合がある。

アトピーにはウォーターサーバーがオススメ

どちらの方が良いのかというと、ウオーターサーバーのほうがオススメです。

浄水器のほうがコスト的にはとてもよいです。

しかし、水分補給をする際に美味しい水が飲める、水質が劣化していない水、ミネラルウォーターが飲めるという点ではウォーターサーバーのほうが良いですね。

また、浄水器のメンテナンスを怠ると、塩素が十分に100%除去することが出来なくなってしまいます。

確実に塩素除去した水を飲みつづけられるのはウォーターサーバーです。

また浄水器の場合塩素以外のサビなどのにごりや臭い、有機物などが浄水できません。

最も綺麗な水を飲めるのはウォーターサーバーですね。

おすすめのウォーターサーバー3選

第1位 アルピナウォーター(トーエル)


  • 業界1位の安さ
  • 12Lボトル、8Lボトルが選べる
  • 2年に1度無料でサーバーごと交換
  • 赤ちゃんから飲める純水使用

公式サイトはこちら→アルピナウォーター

第2位 コスモウォーター(コスモライフ)

  • 足元でボトル交換可能で楽
  • 使用後潰せるワンウェイボトルで邪魔にならない
  • 3種類の産地から天然水を選べる
  • エコモード搭載、電気料月々436円から

公式サイトはこちら→コスモウォーター

第3位 クリクラ(ナック)

  • 配送エリア内なら不在でもボトルの受け取り可能
  • サーバー内が衛生的に保てる
  • サーバー代無料
  • 無料おためしキャンペーンあり

浄水器やウォーターサーバーが無い時は・・・

浄水器やウォーターサーバーがない。導入するコストが気がかりという場合は、水道水を煮沸する方法でも塩素を除去することが出来ます。

塩素は気体であるため、煮沸することで蒸発し、取り除くことが出来るのです。

しかし、注意点としては、一度煮沸した水道水は腐りやすくなってしまうため、置いておくことができません。

煮沸するときは、その時必要な分だけを煮沸するよう気を付けましょう。

入浴による水道水がアトピー悪化の原因に

水道水を飲用する以外にも、入浴時の使用についても気を付けなければいけません。

水道水をそのまま使用した湯船やシャワーを使用してしまうと、塩素による刺激により炎症が悪化してしまいます。

また、塩素により、皮膚の健康を維持するため、皮膚を外部刺激から守るための皮膚常在菌までもが死滅してしまい、肌はより刺激を受けやすい弱った状態となってしまいます。

湯船の塩素を除去する方法

湯船の塩素を除去する方法としては、一番風呂を避けましょう。

沸かした直後のお湯は塩素が蒸発出来ていないため、塩素の刺激を強く受けてしまいます。

一番風呂に入るしかないという場合は以下の方法を活用し、塩素を除去してください。

また、一番風呂では無いという場合も、多少なりとも塩素の影響を受けてしまう可能性は否めません。

除去した湯船のほうが安心ですね。

塩素をビタミンCで除去

湯船の塩素をビタミンCで除去しましょう。

ビタミンCが塩素を吸着することで、塩素はナトリウムへと変質し、無害な成分となります。

使用するのはビタミンC粉末です。サプリメントとしても活用されているアイテムですね。

薬局でも市販で販売されていますし、通販サイトなどでも購入可能です。

安価で1回のお風呂に使用する塩素は2、3円ほどで使用可能です。

湯船のお湯200mlに対し、200㎎~600㎎(スプーン1杯程度)を入れるだけです。

お湯をためてから入れても良いのですが、お湯をためているときに塩素が蒸発、気化した塩素が浴室に溜まってしまうと、肌に影響を受けるため、お湯を張る前にビタミンC粉末を入れておいたほうが確実ですね。

しかし、品質が悪くなりやすいため、冷蔵庫で保管したほうがよく、開封後1年以内には使い切るようにした方が良いです。

入浴剤を使用し塩素除去

入浴剤に塩素除去剤となるL-グルタミン酸ナトリウムが配合されている場合、入浴剤を入れるだけで塩素を除去することが出来ます。

しかし、塩素を除去できるものの、他に肌に刺激となってしまう化学物質や添加物が含まれているものは、悪影響となってしまうため、塩素除去剤以外の成分にも注意し選ぶことが大切です。

炭を使用し塩素除去

炭を入浴後2時間程度前から、お湯を張った湯船に1、2キロ入れておき、再度沸かすことで塩素除去出来ます。

ある程度長時間湯船に入れて置かないと塩素が十分に除去されません。

2時間以上は入れておく事をおすすめします。

炭は繰り返し使用できますが、よく乾かしておかなければいけません。使用後は風通しの良い場所に置き、次回使用までにしっかりと乾かしておきましょう。

その他の方法

他にも

  • セラミックボールを湯船にお湯を張る前に入れて置き、塩素除去
  • 緑茶のパックを浴槽にいれ塩素除去
  • 6~8時間前にお湯をためておき、放置で気化を待ち塩素除去
  • 金魚などの魚用のカルキ抜き剤を使用し塩素除去

等という方法があるのですが、一番安価で一番簡単で一番手取り早く塩素を除去できるのは、ビタミンC粉末です。

こだわりがあるという場合以外は、一番ビタミンC粉末による塩素除去が楽でおすすめですよ。

シャワーの塩素にも注意が必要

湯船の塩素を除去しても、シャワーを使用するとなると、シャワーからの塩素の影響もダイレクトに受けてしまいます。

実は湯船よりも飲み水よりも、一番アトピー悪化の塩素による影響を与えるのはシャワーなのです。

シャワーが一番の悪化の原因

シャワーは塩素が全く抜けていない状態の水をダイレクトに肌に当てます。

またシャワーの勢いにより、アトピーの炎症が起きている患部に傷をつけ、皮膚の内部にまでも塩素が侵入し、炎症が悪化、炎症が広がるという事態が引き起こってしまうのです。

シャワーの塩素によりタンパク質も破壊されてしまったり、キューティクルも破壊され、頭皮のアトピーの症状を引き起こす原因、悪化の原因にもなってしまうのです。

シャワーの塩素除去方法

シャワーの塩素を除去する方法は、シャワーヘットを変えて塩素が除去された状態のお湯が出てくるようにするか、湯船の塩素を除去したお湯を使用するという2択しかありません。

しかし、シャワーに馴れてしまっていると、湯船のお湯を使用するのはなんだか嫌だ、毎日大変だ、洗い残しが起こってしまうなどという問題が発生しますね。

塩素を除去するシャワーヘッド・おすすめ5選

では々のシャワーヘッドの中から、おすすめのシャワーヘッドを5選ご紹介しますね。

第1位 イオニックCシャワー(アラミック)

  • 塩素除去率常に100%
  • ランニングコストがシャワーヘッドの中で一番安い(1人120円程度)
  • 節水効果があり(最大50%)
  • 本体代金を節水により早い段階で取り戻せる

塩素がしっかりと取り除けているかという塩素試薬も付属されており、塩素が除去できていることを確認できます。また、水自体を硬水から軟水に変えてくれる効果もあり、肌を優しく洗うための洗浄剤の泡立ちも良くなります。

本体の重量も150gなので、比較的軽く扱いやすいですね。

第2位 JOWER SILK(水生活製作所)

  • カードリッチ寿命約1年と長命
  • ランニングコストが安い

樹脂性の散水板の中で一番穴数が多いシャワーヘッドを使用するにあたり、しっかりと浄水するためのろ材というものを好感しなければいけないのですが、ろ材の寿命がシャワーヘッドの中で一番長命なのです。節水効果や約20%です。

取り付けると水圧がやや弱くなるという点と、ハンドル部分が太く使用しにくいと感じる場合があるというところがデメリッドですね。

ろ材には繊維状活性炭、ヤシガラ活性炭があり、不純物や嫌な臭いの吸着効果もあります。

第3位 KIREI-TO(クレイツ)

  • カートリッジ約1年寿命
  • 活性炭タイプであるが水圧が落ちない
  • 節水効果(約50%)
  • スタイリッシュなデザイン

メリットを見ると、第1位のイオニックCシャワーに負けない良さで見た目もスタイリッシュで良いのですが、デメリットが1点あります。

スタイリッシュなデザインナノですが、角度の付いているシャワーフックに合わない場合があるという設計となっています。

シャワーフックに角度がついていない場合は、何事もなく使用できるのですが、シャワーフックに角度が付いている場合、掛けにくい、シャワーフックに欠けられないという場合があります。

自宅のシャワーフックに合うか否か確認が必要ですね。

第4位 イオニックプラスビタミンCシャワー

  • 安いラン二ングコスト
  • 塩素除去率常に100%
  • ヘッド部分にろ材があり、ハンドル部分が細く使いやすい

ろ材は2カ月ほど持ちます。

イオニックCシャワーよりは重く250gです。

シャわーの向きはやや下向きの形状であるため、使用しにくいと感じる場合もありますね。

第5位 浄水ストップシャワーヘッドピュアラ

  • 大きな散水板版
  • ハンドル部分が太くない
  • 一時ストップ機能付き

浄水シャワーヘッドの中で、一番大きな散水板を持ちます。広範囲にきめ細やかなお湯を浴びることが出来ます。

持ち手部分は細く使用しやすいですね。

また持ち手部分にスイッチがついているため、ボタンを押すとお湯がストップします。

まとめ

  • 水道水を飲用水とするとアトピーの原因に
  • 水道水はウォーターサーバーにすると良い
  • 入浴時の湯船の塩素はビタミンC粉末で除去すると良い
  • シャワーの塩素はより刺激をうける。シャワーヘッドで塩素除去を

飲用水や入浴時の水に使用する水道水にはアトピーを悪化させてしまう塩素が含まれているのですね。

塩素を除去し、肌に刺激のない水でアトピーを改善しましょう。