アトピーは柔軟剤が驚く程影響してます。あなたの使ってる柔軟剤間違ってない!!

アトピーにとって柔軟剤は肌への刺激となり、アトピーを悪化させてしまうことがあるのです。

私はアトピーの悪化が酷く、身の周りのあらゆる刺激となるものを避けることを決意し、最後まで気づかずに使用し、悪化させてしまっていたものが柔軟剤でした。

何気なく使用している柔軟剤までもが刺激となってしまっていることがあるのです。

柔軟剤を変えてみたところ、アトピーの炎症の悪化が落ち着いたほど、ひそかに強い刺激が与えられていたのです。

また、アトピーにとって刺激となる柔軟剤が、肌を強くすることで、刺激を受けず、普通の柔軟剤を使用してもアトピーの再発が起こらなくなった必殺のアイテムも合わせてご紹介します

アトピーは柔軟剤で悪化する?

アトピーは柔軟剤で悪化してしまうことがあります。

柔軟剤には、洗濯物をふわふわに仕上げたり、良い香りを付けたり、衣類が日光に当たると、輝いて見えるようにしてくれたりという効果があります。

しかし、それらの効果を発揮するための、界面活性剤やその他の化学物質が大量に含まれていることが多く、アトピーの肌にとって刺激となってしまうのです。

アトピーは柔軟剤を使わないほうが良い?

アトピーの肌のためには柔軟剤を使用しないことが一番の安全です。

一方でアトピーの肌にとって入浴後に使用するタオルのゴワゴワや衣類のゴワゴワが摩擦となり、肌に刺激を与えてしまう原因となる事もあります。

洗剤だけで洗うと、どうしてもタオルや衣類はゴワゴワしてしまうため、柔軟剤の効果は欲しいのです

アトピーに使用できる柔軟剤の選び方は?

アトピーに使用できる柔軟剤は市販ではなかなか見つかりません。ほぼ全ての商品に、界面活性剤や香料、その他の添加物が含まれています。

そこで私が見つけたアトピーにも使用できる柔軟剤をご紹介します。

クエン酸水溶液が柔軟剤に?

まずは自作で作れて肌に優しい柔軟剤です。クエン酸を使用することで、タオルや衣類の仕上がりがふんわりとなめらかになります。

また、洗濯石鹸を使用している場合、石鹸の残留を防ぎ、肌に刺激を与えない仕上がりにしてくれます。

クエン酸は洗濯物に残らないため、肌への刺激とならず安全に柔軟剤効果を得られるのです。クエン酸はドラックストアなどで簡単に手に入ります。

【作り方】

  • ぬるま湯を少量用意し、クエン酸を大さじ1~2杯程度溶かす。(クエン酸溶液完成)
  • 洗濯機のすすぎ後に、クエン酸溶液を入れる。
  • 脱水まで終わらせ完了

ドラム式洗濯機の場合は、柔軟剤を入れる部分にクエン酸溶液を入れて使用できます。

洗濯屋さんが考えた衣類リンス

洗濯屋さんが考えた衣類リンスというものは、先ほどの自作でクエン酸溶液を作るのが面倒だけどクエン酸の効果で安全に柔軟剤効果を得たいという方におすすめです。

クエン酸とクエン酸ナトリウムのみで、柔軟剤効果を発揮してくれます。アトピー肌にも刺激なく使用でき、自作する必要が無いので手軽に使用できます。

ARAU(アラウ) 洗濯用リンス仕上げ

ARAUの洗濯用リンス仕上げは、洗濯物を柔らかくなめらかに仕上げるだけではなく、香り付けもしたいという場合におすすめです。

クエン酸で洗濯物を柔らかく仕上げ、香り付けにラベンダーオイルが配合されています。

天然成分での香り付けのため、アトピー肌にも刺激なく安心して使用できます。(ラベンダーオイルにアレルギー反応が起こる場合は使用できません。)

普通の柔軟剤を使いたい!

私はクエン酸を用いた洗濯方法に変えた所、炎症の悪化がおさまり、再発しても薬を塗ればすぐに炎症がおさまるくらいまでに改善されました。

しかし、やはり再発は何度も起きてしまうため、薬の使用もやめられなければ、柔軟剤を普通のものに変えてしまったら、また酷く悪化してしまうのが目に見えていました。

クエン酸を使用し、柔軟剤効果を得ていても、洗濯ものはしっかりとふんわり仕上がるので、タオルの使い心地や衣類の着心地に問題はありませんでした。

一方で、職場で女性たちが集まり休憩中や食事中に話していると、「○○さんいい香りするねーなんの柔軟剤使ってる?」という会話がたびたびあるのです。

私も一緒に輪の中では話しているものの、一度も何の柔軟剤を使用しているのか聞かれたことはありませんでした。無臭なのか、それとも臭っているのか・・・。

周囲の人が意外と人の香りを気にしていることを感じ、自分の臭いに自信が持てなくなりました。

それからはかなり考え込み、落ち込み、臭いも悪くて肌の見た目も綺麗ではないし、嫌がられているのではないかなどと自己嫌悪に陥り、私は周囲の同僚と距離を置いてしまうようになりました。

一人で食事をして一人で休憩し、臭いを感じられたくないがために、話しはできるだけ短く切り上げて距離を置くようにしたり・・・。

自分から孤立の道を選んで過ごすようになってしまいました。

アトピーの完治と肌を強く!柔軟剤の使用可能に

繰り返すアトピーにうんざり、柔軟剤を使用できないことで、より強くアトピーから解放されたいという気持ちが強くなっていました。 

そんな時、丁度私は保湿を見直すことで、アトピーから脱出でき、肌のバリア機能を高めると肌が強くなり、刺激を受けにくくなるという事を知ったのです。 

正しい保湿ケアさえできれば、アトピーも予防でき再発を繰り返す日常から逃れられる、柔軟剤など刺激となるからと言って避け続けてきたものにも使える幅が広がると保湿ケアの見直しを行いました。 

見直すまでの私も保湿ケアはしていましたが、ワセリンを使用した保湿を行っていたのです。しかしワセリンはアトピーの肌にとって意味のない保湿ケアだったことが判明しました。 

アトピーの炎症により酷く乾燥した肌にとって、ワセリンのように肌に油分の膜を張り、肌の水分の蒸発を防ぐケアは意味がないのです。 

肌のバリア機能を高め、アトピーが再発しない、肌に刺激を受けない強い肌に改善していくためには、肌に与えるべきは油分ではなく水分なのです。 

水分を十分に浸透させることで、肌のバリア機能は高まるのです。 

そこで私が選び使用を始めたのは、【ADリッチクリーム】というものです。 

アトピーの肌にとってかゆみを発生させる原因となる黄色ブドウ球菌へアプローチしてくれて痒みの発生を防いでくれる有効な抗体入りダチョウ黄卵エキスも含まれている上に、

ユズエキスやシアバター、オリーブ果実油、スクワランなどの高い保湿力で天然由来で肌に優しい有効成分が豊富に配合されています。

また、ヒマワリ種子油により抗酸化作用を得られたり、カワラヨモギエキスにより抗菌作用を得られ肌荒れを防ぐ防ぐことが出来たりと言う効果を得ることが出来ます。 

更に、肌への刺激となる成分は一切不使用で、小さい子供からでも使用できるほど優しい保湿剤なのです。 

伸びもよく塗りやすいだけではなく、塗った後の肌がベタベタしない所も使い心地が良くストレスなく使い続けることができます。 

【ADリッチクリーム】での保湿ケアに変えてから、炎症の再発が起こらなくなり、まずは薬の使用を行わなくても炎症が起きない状態が続くようになりました。 

その後はボロボロだった肌も徐々に綺麗な潤いのある肌に変化していったのです。私はどうしても良い香りだと評判だった柔軟剤を使用したくても使えないのに購入しておいたのです。 

肌の調子が良い日々が続き、市販の普通の良い香りのする柔軟剤を使用してみたのです。 

良い香りがするだけでも幸せな気持ちだったのですが、アトピーの炎症が再発する事もありませんでした。

 今でも私は、タオルなどはクエン酸で洗濯をしていますが、外出するときの衣類などは普通の良い香りのする柔軟剤を使用できています。 

周囲の人にも「柔軟剤変えた?」などと聞かれ、自分から良い香りがしているんだ、臭くないんだと自信を持つことが出来るようになりました。 

今では周囲の人とも普通に話しながら過ごすことができ、普通の生活を取り戻すことができています。 

公式サイトはこちら→【ADリッチクリーム】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA