アトピーの原因

アトピーはプールに入ると悪化する!?簡単な対策でプールも楽しめる!!

アトピーとプール

アトピーにとってプールは悪化の原因となってしまうことがあるのです。

出来れば避けたほうが良いほどです。

しかし、プールに入りたいという場合、アトピーでもプールを楽しむことが出来る方法をご紹介します

アトピーはプールに入れる?入れない?

アトピーはプールに入れます。

しかし、入れますがプールに入ることで悪化してしまう事は否めません。

アトピー悪化の原因はプールの塩素

プールに含まれる塩素が問題なのです。

プールには塩素が投入されており、細菌などの増殖を防ぎ、水を殺菌しています。

塩素が無ければすぐに細菌や雑菌だらけの危険な水となってしまうので欠かせないものです。

しかし、アトピーにとっては、塩素による刺激を受け、アトピーは悪化してしまうため、塩素の影響をどれだけ受けないようにするかという事が大切になります。

アトピーはプールでうつる?

アトピーでプールに入るとなると、周囲の視線が気になる、心配されるという事もあるでしょう。

しかし、アトピー自体がプールに一緒に入ったことで移る事はありません。

但し注意すべきポイントとして、アトピー自体が移ることはありませんが、アトピーの患部が感染などにより酷く膿んでいるときや、とびひ状態となっているときは、うつる可能性はあります。

炎症が酷い場合は入らない

アトピーの炎症が酷くなく軽度な場合は入っても良いのですが、明らかに出血したり膿むほど炎症が酷いという場合は、プールは入らないでください。

また、プールに入り肌がものすごくヒリヒリする、かゆくなったという場合も中止したほうが良いです。

アトピーでもプールに入るためには

ではアトピーでもプールに入るためにはどうしたら良いのでしょうか。

アトピーを悪化させずにプールを楽しむ方法をご紹介していきます。

塩素の含まれていない水を持参

プールの水を洗い流す時やプールに入る前に使用しますので持参しましょう。

水道水には塩素が含まれています。

ミネラルウオーターやピュアウオーター、煮沸し塩素を気化させた水道水などを持参しましょう。

ゴーグルを着用する

プールに入るときはゴーグルを必ず着用しましょう。

目の周りの皮膚が薄い部分は、アトピーの症状が起こりやすい部分でもあり、塩素の刺激も受けやすい部分です。

皮膚の薄い部分を守るためにも、忘れずに着用しましょう。

水泳帽はシリコンタイプを

水泳帽はゴムタイプやメッシュタイプのものは、プールの水が入り頭皮への刺激となりアトピーの発症や悪化の原因となります。

シリコンキャップは一番プールの水の侵入を防いでくれます。更に、塩素のない水で髪の毛を湿らせてから被ると、よりプールの水の侵入を防ぐことが出来ます。

水着は肌の露出が少ないものを

水着で出来るだけ肌に塩素が触れないようにすると良いです。

完全防備するならサーファーの人などが着用するウエットスーツとなってしまいますね。

しかし、それはさすがに・・・。という場合は上は長袖、下は短パンくらいのものでも良いでしょう。

また、着脱の際、首からしか出来ないタイプだと、肌を擦りアトピーを悪化させてしまう原因となります。

前にジッパーが付いているものだと、肌を擦らず着脱できるのでおすすめです。

保湿剤を良く塗る

プールに入る前に、保湿剤をたっぷりと塗っておくと良いです。

ワセリンのように油分で肌をカバーするようなタイプのものがオススメです。

油分により肌をカバーし、塩素の刺激をダイレクトに受けないようにしましょう。

普段よりもたっぷりめに塗り、プールの水をはじくようなくらいが良いです。

腰洗い槽には入らない

近年プールに入る前の腰洗い槽が無いという場合も多いのですが、採用されている場合は、アトピーであるという事を伝え、免除してもらいましょう。

腰洗い槽には、プールよりもより濃度の高い塩素が含まれています。

アトピーにとって強い刺激となり、悪化の原因となります。

腰洗い槽に入らない代わりに、シャワーで念入りに洗浄するようにしましょう。

悪化を防ぐにはプール後のケアが大切!

アトピーを悪化させないためにはプール後のケアもしっかりと行いましょう。

十分な洗浄

プール後はプールの塩素入りの水をいかに丁寧に洗い流すかが重要です。

もちろん備え付けのシャワーで流すだけでも流さないよりはマシです。

しかし、より肌に塩素の刺激を残さず、アトピーを悪化させないためには、持参した塩素の含まれていない水で仕上げとして洗い流しましょう。

また、水着の上から洗った後、着替える時に塩素の含まれていない水で濡らした清潔なタオルで、肌を擦らないように気を付けながら、水着で隠れていた部分も拭き取ってあげるとより良いです。

目の洗浄も忘れずに行いましょう。

目の洗浄に使用するのは、人口涙液を使用した生理食塩水の目薬で洗うとより良いです。

保湿ケア

洗浄後の保湿ケアも忘れずに行いましょう。

刺激を受けた上に、プール後は肌の水分が逃げてしまっていたり、逃げやすく乾燥しやすい状態となります。

保湿ケアを入念に行う事を忘れないでください。

プールを見学するときは・・・

プールに入る時だけではなく、プールを見学するときもアトピー悪化の原因が潜んでいるので注意しましょう。

汗をしっかりと処理しよう

汗が刺激となりアトピーが悪化してしまいます。

見学後の汗は放置せず、しっかりと処理しましょう。

出来れば着替えを行うのがベストです。

また、塩素を含まない水で濡らした清潔なタオルやガーゼで優しく汗を拭き取り、保湿ケアを行います。

紫外線に注意しよう

屋外プールの場合、紫外線に要注意です。

できれば日陰で見学しましょう。

また、無添加の肌に刺激を与えない日焼け止めの活用や、帽子で紫外線を防ぎましょう。

地面からの照り返しによる紫外線の刺激にも注意してください。

まとめ

アトピーでも軽度な症状の場合はプールに入ることが出来ます。

しかし、プールの塩素はアトピーの悪化の原因となってしまいますので、プールに入る前と後の対策はしっかりと行いましょう。

アトピーでも気を付ければプールを楽しむことが出来ますね。