アトピーの治る過程をたどってみよう!!私も体験しました!!

アトピーはいつ治るのだろう?アトピーを患う人にとって切実な問題だと思います。悪化するのは早いのに、治りは遅くて、本当に参っちゃいますよね。

私も赤ちゃんの時からアトピーを患っていて、おまじないのように「大人になったら治るからね!」と言われ続けたけど、いっこうにその気配はなく、途方にくれる日々を過ごしたました。

アトピーに良いと言われたものは色々試したけど、効果があるのかないのかわからなかったものも少なくないんです。でもやみくもにやっていてはダメなんですよね。

段階を追って一つずつやっていく必要があるということがわかってきました。

そもそもアトピーというのは、アレルゲンから体を守るために皮膚の炎症が起きるもので、体の中から老廃物を排除するメカニズムと似ているんです。

これを知っていれば、「今はこんな状態なんだ」と納得し、安心して治療に集中できますよね。そのために、アトピーの治癒までにはどんな過程を経るのか、たどっていきたいと思います!

アトピーは5つの治療過程をたどります!!

アトピーと治る過程2

アトピーの治癒までの過程

  • 浸出液が出る
  • 強い乾燥
  • 強い乾燥が弱まる
  • サメ肌もしくは鳥肌
  • 赤い湿疹の発生

治る過程の1~浸出液について~

この液は、炎症時に分泌されるもの。「膿」に似ているんです。でも「膿」はやや粘土状で色が少し濁りがあるのに対し、浸出液は透明。

ただし、ステロイドが影響している浸出液は黄色いことがあるの。

浸出液があるとアトピーがより悪化しているのではないかと焦っちゃうこともあると思うけど、これは炎症を治そうとしている状態なので、無理に浸出液を止めると治りも遅らせることに。

私もこの浸出液には苦しめられました。

この時期は本当に痒くて痒くて、いてもたってもいられませんでした。

治る過程の2~強い乾燥について~

浸出液が止まると炎症や傷が少し快方に向かうんだけど、次に乾燥がすごくなるの。これも本当に辛くて、ちょっと動いただけでピキっとなって痛みが増してくるんです。

よく「象」みたいな皮膚と例えられるんだけど、アトピー特有の肌になるんですよね。私は特に首がひどかったんだけど、みんな見てきて辛かったです。

そしてこの時期を過ぎると、、、、

治る過程の3~弱まった乾燥の時期について~

弱まった乾燥の時期は浸出液は止まり、保湿を心掛ければ割と穏やかに過ごせます。

治る過程の4~サメ肌もしくは鳥肌の段階~

これはもう治りかけの状態なんです!

でも治りかけだからといって、ケアをサボるとまた逆戻りしちゃうので油断大敵です。

治る過程の5~赤い発疹はもう治る前触れ~

皮膚の内側に赤い発疹が見えます。これは体内に残ったアトピーが皮膚の内側に詰まっちゃってるんです。やっぱり保湿が大事。

以上がアトピーの治る過程なんだけど、段階ごとに対処の方法が変わります。

フィンガーチップユニットって知ってます?

ステロイドを使う時に、どれくらいの量を塗ればいいのか?という疑問が浮かびますが、1FTUが適正量と言われています。

FTUとはフィンガーチップユニットの略で、1関節分の長さの量(約0.5g)を塗ることが皮膚科では推奨されています

しかし、アトピーの方は共感いただけるかもしれませんが、炎症が広範囲であれば、1FTUでは全然足りず、薬を塗る時に摩擦が起こり、悪化するので、自分の皮膚の状態を観察しながら、塗る量を決めたましょう。

私の実践した過程ごとの処置法!

アトピーと治る過程3

浸出液が出ている過程 

亜鉛華単軟膏が有効。この軟膏は赤ちゃんからお年寄りにまで使える安心の塗り薬です!傷を回復させたり、保護したりしてくれるの。

特に私が愛用しているのが「メモA」。

これは私にはすごく効くのでお世話になってます。お値段も安いし、インターネットでも購入できるから、近所のドラッグストアに置いてない場合は利用してみてください 

強い乾燥の過程

この時はとにかく保湿が全てです。

私はスチーマーを使ってます!

スチーマーはほどよく温かいし、とにかくよく潤い、肌の中まで水分が浸透していくんじゃないかと。

もしお値段的に難しい場合は加湿器がおすすめ!

卓上型の使いやすいお値段も手頃のものがあります。

あと、オイルも有効!

私はベビーオイルを愛用しています。

こちらもオリーブオイルよりも安いので経済的!

あとは時々非ステロイド剤を使うのも効果的!

私はポリベビーを使ってます。こちらもインターネットで購入可能! 

弱い乾燥の過程 

この時期は皮むけが激しいから化粧水が効果的。

こちらも参考までに→アトピーの皮むけは良い兆候。ここでのケアで全てが水の泡かも??

私はアロエ成分配合の化粧水を使ってます。

トプランのアロエ化粧水が500ml入ってプチプラなので愛用中です!

ジャブジャブやっちゃう位で丁度良いです。 

サメ肌、鳥肌の過程 

この時期もやっぱり保湿が大事!

私は美容液を使用しています。

アトピーにも使えるサビーナの「モイスチャースキンクエール」がおすすめ。

添加物が一切入ってないから安心なんです! 

赤い発疹の発生の過程 

ここまでくればかゆみもなく、ほぼ完治に近い状態ですが、「もうほぼ治っているし、今日は面倒だからもう保湿しなくていいや」と油断しないでください!

たとえ、かゆみがなくなっていても、肌の奥の方では、まだ炎症が残っています。

「治りかけこそしっかり保湿すること」がアトピー完治に向けて、とても重要です。

この段階で私は、くやしいですが何回も悪化を繰り返していました。

この段階こそ、アトピー完治で最も保湿に力を入れなければなりません。

そこで私は今まで使ったものよりも保湿力があって、今までよりも強い肌を作れるようなクリームを探していました。

何気なくテレビを見ていたときに、理想のクリームを見つけました。

それが【アトピスマイル クリーム】というクリームでした。 

アトピスマイルで完治! 

希望

アトピスマイルは、NHKやテレ朝の報道番組で取り上げられてこともあるので、すでにご存知の方もいるかと思います。

アトピスマイルは、ライスパワーNo.11というセラミド成分が含まれていて、アトピー肌に不足しているセラミドを補充してくれるので、肌の中から皮膚の症状を強くして、刺激に負けない肌を手に入れることができました。

加えて、無着色・無香料、アレルギーの原因になるカゼインが含まれていないので、安心して使うことができますよ。

アトピーが治りかけの時に、アトピスマイル を使って完治することができました。

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら

自己分析が大事 

アトピーは明日起きた瞬間に、綺麗な肌になっていることは絶対にありません。

ゆっくりと治っていく病気です。

アトピービジネスによって、アトピー治療の情報は溢れかえっています。

たくさん水を飲むだけ、サプリメントを取るだけといった楽して早く治しましょう、といった情報があります。

私は過去に皮膚科の治療法に限界を感じ、民間療法や良い医者を頼って、結果はアトピーは治りませんでした。

アトピーが改善した思うことは、アトピー治療に大事なことは、自分を常に見つめることです。

新しい保湿クリームを試したら、反応をチェックする、何をしたら悪化するかノートに記録する、といった自己分析を徹底することで、アトピー完治に近づきますよ! 

まとめ 

アトピーと治る過程4

・アトピーが治る前は油断せずしっかり保湿しましょう。

段階的な症状を知り、その時に合った対処をしましょう。

・アトピーはすぐに治そうとせずにじっくり腰を据えて取り組み、自己分析をしましょう。 

最後の完治寸前の段階で油断して悪化させてしまうケースは私に限らず経験する人は多いかと思います。

そこで、保湿をしっかりする必要があります。

私はアトピスマイルを使って、どんな刺激にも負けないハリのある強い肌を手に入れることができました。

アトピスマイル一本だけあれば、他のクリームが必要なくて、十分保湿ができるので、面倒くさがりな私でも、毎日欠かさずに使い続けています。

もし、今までよりも保湿力が高いクリームを探しているのであれば、アトピスマイル をぜひ試してください。

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA