アトピーの保湿

アトピーの保湿にはオイルが最適??間違った知識で私が後悔した話。

私はアトピーを治し、アトピーの再発を起こさないためには保湿が必要と知り、高い保湿力があるものを探しました。

そして更に、保湿力が高いだけではなく、アトピーの炎症により、弱ってしまっているハダに対して刺激の少ない肌に優しいものを探したのです。

そこでオイル系の保湿剤は保湿力が高く、肌にも優しいという事を友人に聞き、ホホバオイルや馬油やワセリンなどオイル系の保湿剤を使用することにしました。

ところがオイル系の保湿剤を使用したことで、私のアトピーは酷く悪化してしまい、かゆみも赤みも酷い炎症を引き起こしてしまったのです。

健康な肌にとっては肌に優しく保湿力も高い、ホホバオイルや馬油やワセリンなどオイル系の保湿剤ですが、実はオイルでの保湿はアトピーにとっては悪化の原因となる保湿剤だったのです。

そして私はオイル系の保湿剤での保湿を辞め、アトピーにとって有効でアトピーの再発が起こらない肌を手に入れるための保湿剤と出会うことが出来ました。

オイル系の保湿でアトピーを治すことはできません。

アトピーの炎症が起こらない肌を手に入れることが出来るのは【アトピスマイル クリーム】という保湿剤です。

アトピーの患部をオイルで保湿は危険?!

アトピーの炎症をステロイドで抑えた後は、肌を保湿しダメージを受けた肌を修復してあげる必要があります。

ダメージを受けた肌を修復し、肌のバリア機能を高めてあげることで、アトピーの炎症の再発が起こらない肌を手に入れ、アトピーを完治させることが出来るのです。

しかし、オイルで保湿をすることで、保湿は保湿なのにアトピーを悪化させてしまう事があります。

オイルでの保湿で痒みが増す?!

オイルで保湿をすることで、肌をオイルで覆いカバーすることになります。

すると肌から放出される熱がオイルの保湿剤との間に溜まり、熱により肌に痒みが起こり、痒みが酷く起こってしまうことがあるのです。

痒みに対して「掻き壊し」てしまえば、アトピーの炎症再発のきっかけとなってしまったり、肌のバリア機能がより破壊され、アトピーの炎症を引き起こしやすい肌となってしまいます。

関連記事:アトピーの掻き壊しを治すには湿潤治療がいい!?そのワケと効果は!?

オイルでの保湿は意味なし?

アトピーの炎症をステロイドで抑えた後、保湿をするのは肌のバリア機能を高めるためですよね。

肌のバリア機能を高めるためには、肌に十分な水分を与え、潤う肌へと改善することで、高まります。

しかし、オイル系の保湿剤で保湿をしても、肌に水分が浸透することはなく、肌の表面をカバーしてくれるだけであるため、肌のバリア機能を高めることはできないのです。

健康な肌で元々肌に水分量が足りていて潤っている肌であれば、オイルで肌の表面をカバーすることで水分の蒸発を防ぐことができ、乾燥しない肌、肌のバリア機能を低下させることなく維持できます。

ところがアトピーの炎症により、水分が失われ酷く乾燥している肌にオイルで蓋をしたところで意味がなく、肌のバリア機能は高まらないため、アトピーが再発しない肌を取り戻すことはできません。

アトピーを治すのはオイルではない保湿剤?!

アトピーを治すためには、オイル系の保湿剤ではなく、肌に水分を浸透させることのできる保湿剤でした。

皮膚科でもワセリンが処方されたり、オイル系の保湿剤がアトピーの完治にとって意味が無く、悪化の可能性もあるとは思いもよらない事実でした。

しかし、オイルを塗り、実際に悪化を経験した私は、オイル系の保湿剤を避け、肌に水分を浸透させ肌のバリア機能を高められる保湿剤を探し、使用することにしました。

そこで見つけた保湿剤が【アトピスマイル クリーム】と言う保湿剤でした。

アトピスマイルクリームの違い

アトピスマイルクリームは、オイル系のホホバオイルや馬油やワセリン、そして市販の一般的な保湿剤とは全く違う保湿剤でした。

肌のバリア機能を高める効果も高く、肌への優しさもかなり高い保湿剤でした。

アトピスマイルクリームは、お米由来のライスパワー№11というものが主成分であるという事がポイントです。

【アトピスマイル クリーム】の保湿剤は浸透力が高く、肌の深層まで水分を浸透させ、更にこのライスパワー№11により、肌に与えられた水分を保持することが出来る力を高めてくれることで、肌のバリア機能を高められるという保湿剤だったのです。

ライスパワー№11は医薬部外品の中で唯一の肌の水分保持能を高められる保湿剤で、アトピスマイルクリームでしかこの効果を得ることが出来ません。

更に肌のバリア機能を高められるだけではなく、市販の保湿剤に含まれているような肌に刺激となる成分が一切使用されておらず、赤ちゃんから使用できるほど、アトピーの炎症が起こっていた弱った肌にも安心して使用できるものでした。

市販の保湿剤に同じ効果のある保湿剤は無く、私はアトピスマイルクリームでアトピーを治すことが出来ると期待し購入したのです。

アトピスマイルクリームでアトピーからの脱出

私はオイル系の保湿剤での保湿を辞め、アトピスマイルクリームでの保湿に変えました。

ステロイドでアトピーの炎症が治まってから、アトピスマイルクリームでの保湿を始めると、塗った初日から肌に違いがありました。

肌の表面がべたつく感じが無く、保湿剤が肌に吸収されていくような塗心地で、肌の表面が潤うというよりも肌の内部がしっかりと潤うというような使い心地でした。

これで本当に乾燥が防げるのかと思いましたが、夜に塗ってから朝までしっかりしっとり感が続く保湿力でした。

そして、1ヵ月、2カ月、3カ月と【アトピスマイル クリーム】での保湿を続けていく中で、肌の酷いカサカサとした乾燥状態は改善されていき、しっとりとした皮膚の皮剥けもない肌となったのです。

何度も再発してしまっていたアトピーの炎症の再発も見られなくなり、アトピーの炎症が起こらない肌を手に入れることができました。

今ではあんなに手放せなかったステロイドも使用せず、皮膚科に通う事もなく、アトピスマイルクリームでの保湿を続けているだけで、綺麗な肌を保つことが出来ています。

アトピスマイルクリームは市販の保湿剤と比べても、保険が適用となる皮膚科で処方される保湿剤と比べても圧倒的に値段が高いのです。

しかしそれでもアトピスマイルクリームを使い続けるのは、他の保湿剤では得られない効果があり、肌のバリア機能を本当に高めることができ、アトピーの再発が起こらない肌を手に入れることができ、維持できているのは完全にアトピスマイルクリームでの保湿があるからです。

少々高くても、代わりになるような保湿剤は無く、私はアトピスマイルクリームを手放すことはできないほど助けられています。

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら