アトピーの人は毒出しで体質を改善すべし!?毒素の排出方法は!?

添加物や農薬など、体に溜まった毒素を体外に出すことでアトピーが改善する、いわゆる毒出しをご存知ですか?

私はずっと、アトピーは体質だと思っていました。だから、症状をコントロールして改善していくことはあっても、完治することはないと、前は思っていました。

体の毒素が皮膚から排出されていて、そのためにアトピーの症状やかゆみが出るのだとはじめて聞いた時も、正直「???」といった感じで、毒素の話は自分のアトピーの認識、感覚とはまったく結びつきませんでした。

でも、そんな話を聞いてしまうと、本当かな?効果あるのかな?と、疑いながらも気になってしまいます。そして、気になるとやはり試したくなるんですよね。

もし、毒出しがアトピーに効果がなかったとしても、体には絶対良いだろうと思ったので、とりあえずやってみようと試してみました。

アトピーの毒出しは食事の見直しから

アトピーと毒出し2

毒出しの話は、はじめ友人から聞いたのですが、毒素が溜まっている体は免疫力が低下しているので、アトピーになりやすいということを聞きました。

そうなると、

  • 毒素を出すこと
  • 毒素をためないこと

が、アトピーの改善につながります。

でも、改めて考えてみると、毒素をためないことってすごく難しいです。今やどこを見ても添加物まみれですよね。しかも、便利で手軽で、忙しい時にはつい頼りたくなります。

そんな私なので、すべてをオーガニックにしてこだわることは、正直、続ける自信がありませんでした。

オーガニック専門のスーパーが結構遠く、子供を抱えて仕事もあって、遠くまで買い物に行くこと自体もストレスになりそうで。

でも、そんなことを言っていたら毒出しはできない!と意気込んでみましたが、やはり厳しいと感じたので、できることから始めてみることにしました。

例えば、毎日飲むお味噌汁や、調味料、出汁は無添加にするとか、その他のものもなるべく添加物を控えるなどです。

玄米にもチャレンジすることにしました。玄米は、人によってはアトピーが悪化すると聞いたのですが、私は特に問題なく食べることができています。ただ、美味しいものではありませんね。

それでも私はそのまま食べることができました。苦手な方は、白米に混ぜるとか、味を少し変える調理方法を知ってから始めるといいかもしれません。

そんな感じで中途半端ではありますが、少しでも良い環境にすること、それを意識するようになったことは、自分にとっても大きな変化でした。

アトピーのために食材にも完璧と言えるこだわりを持っている友人からは、「それでは結局毒素を溜めていて意味がない」と言われて耳が痛いですが……。

そんな中途半端な私でも、毒出しは食事によるところが大きいなと感じています。

マクロビオティックは毒出し効果あり?

アトピーと毒出し3

毒出しとは別のところで、また、アトピーのためでもなく、ただマクロビオティック(穀物、野菜、海藻など日本食をベースとした食事をとって健康になること)に興味があったのですが、これこそ毒出しだ!と思いました。

アトピーに良い食事レシピを検索してもマクロビオティックはたくさん出てくるので、これは間違いないと思っていたのですが、調べてみると、マクロビオティックには毒出しの効果がないとの見解もあるようです。

同じように、ローフードも体に良さそうですが、加熱しない低温調理のものや、生の状態で食すものが多いため、代謝が低下して毒素を出しにくくなる、という意見がありました。

アトピーには良い食事でも、毒出しとしての根治治療とは少し方向性が違うのかもしれません。

運動で汗をかき基礎代謝をあげる

アトピーと毒出し4

体に溜まった毒素を出すと聞けば、私は最初に汗をかくことが浮かびました。

実際、汗をかくことは毒出しに効果的で、半身浴や足湯で代謝を上げながら体を温めるのがポイントですね。

また、岩盤浴もおすすめです。汗はベタベタの汗だとアトピーがかゆくなってしまいますが、岩盤浴ではサラサラの良い汗がかけます。

そして、汗をかくためには運動も取り入れたいところです。「運動」をして筋肉量が増えれば基礎代謝もあがります。

代謝が上げて冷えを改善すると、体の中で固まってしまった不要な毒素がスムーズに排出されやすくなります。

関連記事:アトピーの人は運動しよう!汗をかいてアトピーから卒業する秘策とは?

毒出しの70%は○○で排出される

アトピーと毒出し5

腸内環境を整える目的は色々ありますが、便秘の解消が大きなポイントとなります。

体の中の毒素は、便や尿、汗などから排出されていきますが、便からは全体の70%の毒素が排出されるのです。

アトピーの人は腸内環境が悪く、便秘に悩む人も多いですよね。実際、何日も便通がないと肌の調子が悪くなってしまうというのは、よく聞く話です。

食物繊維や「乳酸菌」などを取り入れて、腸内環境を整えていきましょう。

関連記事:知らないと損する!!実際のl 92乳酸菌のアトピーへの効果とは!?

アトピーの毒出しに有効なマッサージとは

アトピーと毒出し6

毒出しを調べていた時に、毒素は爪からも排出されていると知り驚きました。

爪の付け根を親指と人差し指で抑えてマッサージをすると良いのですが、これはテレビを見ながら、電車に揺られている時間など、どこでも簡単にできます。

汗などと違い、排出されているものが目に見えないので分かりにくいですが、とても簡単なのでぜひ実践してみてください。

毒出しには色んな考えがある

アトピーと毒出し7

アトピーは皮膚から毒を排出する際に出る症状だけれど、それならばアトピーとして毒を出さなければよいのでは?という考え方もあります。

体内の毒は、先ほども言った通り汗や尿、便、その他にも垢となって排出されたりします。その中でも便からの排出は全体の70%でしたよね。

本来の自然な形で毒素を出すためには、やはり腸内環境を整えることが重要で、腸内環境が整えば毒素がアトピーという形で排出されることがなくなるかもしれないのです。

毒出しという方法を取るにしても、取らないにしても、アトピー改善のために腸内環境を整えることの重要性は基本として言われていることですよね。

それを思うと、腸内環境を良くすれば毒素を出す時にアトピーがでない、という考え方もそこまでずれたことじゃないのかなと、すごく理にかなっているなと感じました。

毒出しとは、奥深いものなんですね。

毒出しの効果

私は毒出しのための食事も完璧にはこなせませんし、できることはする程度なので、効果のほどを語ることはできませんが、毒出し推奨の友人によると、以前に比べればアトピーが出ても悪化することがなく、軽度で治まるようになったそうです。

ただ、色んなことを試しているので、そのすべてが毒出しによる効果とは言いきれないようで、でも、毒出しを始めてすぐの頃は、体調の変化をすごく感じたそうですよ。

もちろん、良くなったという意味で。

そう聞くとますます気になる毒出しですが、アトピー完治のために極めることができそうな方は、ぜひチャレンジしてみてほしいです。

まとめ

毒出しとは、体内に溜まった毒素を出すことでアトピーを改善させていく方法です。毒素が溜まると、免疫が低下してアトピーになりやすいのです。

毒出しで大事なのは、毒を出すことと、毒を溜めないこと。その方法は、食事、運動、腸内環境を整えるなど様々です

冒頭でも言いましたが、アトピーは体質だと思って生きてきた私にとって、アトピーが完治するという話は、とても衝撃的でした。

でも、今では毒出しを始め、アトピー完治のための色んな方法が情報としてありますよね。アトピー完治は簡単なことではないでしょうが、やはりそうなりたいですよね。

毒出しの毒を溜めないという部分が、私には難しいのですが、何もしないよりはマシ!と、できる範囲で続けていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA