アトピーの人がベビーパウダーを使うのはありかなしか調べてみた!

ベビーパウダーを肌にポンポンすると、肌がとってもすべすべで気持ちよく、夏になるとベビーパウダーを使う方も多いですよね。

私も幼稚園の頃、よくベビーパウダーをつけてもらっていました。でも、私はベビーパウダーの匂いが大嫌いで、お風呂上がりのベビーパウダーの時間が苦痛でした。

なんだか懐かしい感じがするベビーパウダーですが、アトピーの人は使うことができるのか、気になりませんか?

ベビーパウダーは夏のあせも対策にもなるし、汗を吸収してくれて肌触りもいいし、もし、使えるなら使いたいという人もいますよね。

そこで、アトピーの人はベビーパウダーを使っても良いか、悪いかを探ってみました。

アトピーにベビーパウダーを使うメリットとは

アトピーとベビーパウダー2

ベビーパウダーは、肌をサラサラにしてあせもや乾燥から肌を守ってくれます。汗を吸収して、気持ちよく過ごすことができるんですね。

アトピーの人だと、ベビーパウダーでかゆみが一時的に抑えられることもあるんです。また、外からの刺激を受けないように肌をバリアする役目もあります。

私もアトピーもちで、ベビーパウダーをつけられていましたけど、昔のこと過ぎて症状がどうだったかなどの記憶はありません。

でも、お尻や首、ひじの裏、膝裏などにポンポンされていたことを思うと、あせもの他に、アトピー対策としてベビーパウダーを使っていたのかな?と思います。

しかし、ベビーパウダーでアトピーが治るということはありません。あくまでも、肌のケア・保護が目的なんです。

アトピーにベビーパウダーを使うデメリットは?

アトピーとベビーパウダー3

昔は肌に良いとされていてみんなが使っていたベビーパウダーも、今では皮膚呼吸を妨げる要因と言われ、子育て中の母親たちもあまり使わなくなりましたよね。

それでも、まだまだベビーパウダー愛用者はいます。今では、メイクの裏技テクなんかにベビーパウダーが人気だったりします。

しかし、アトピーの人が使うとすれば、症状のひどい時は使わないようにしましょう。

アトピーの人がベビーパウダーを使ういちばんのデメリットをあげるとすれば、ベビーパウダーの成分に化学物質が使われている場合があることや、毛穴をふさいで皮膚呼吸を妨げてしまうことではないでしょうか。

それらの理由から、ベビーパウダーの使用をすすめない医者もいます。

アトピーの人によるベビーパウダーの使い方とは!?

アトピーとベビーパウダー4

結局、ベビーパウダーが良いのか悪いのかといえば、メリットもデメリットもあるので、使うかどうかは、アトピーの症状を見ながら個人で判断することになります。

ベビーパウダーの上手な使い方

ベビーパウダーを使う場合、むやみに肌につけているとアトピーを悪化させてしまう可能性があります。使い方には注意しましょう。

ポイントは、お風呂上りに汗や水気をよく拭き取ってから薄く薄くつけることです。

何度も重ねて厚くつけたり、肌の上でだまになっているような状態にしてしまうと、皮膚呼吸がうまくできず、かゆみの原因となってしまいます。

用途も様々!

アトピーでベビーパウダーを使っている人が、どんな使い方をしているのか見てみると、

  • ステロイドを塗ったベタベタ感をなくすために上からベビーパウダーをつける
  • 化粧水で水分補給をしてからベビーパウダーで蓋をする

という人もいました。肌に合いさえすれば、上手にベビーパウダーを活用している人もいるんですね。

アトピーにはやっぱり保湿が大事である!

アトピーとベビーパウダー5

アトピー肌にはやはり保湿が重要になってきます。ベビーパウダーで肌の保護をするのも良いですが、基本的な治療や保湿はしっかりしておきましょう。

肌が強くなれば、アトピーを気にせずベビーパウダーを使うこともできますよね。そこでおすすめしたいのが、みんなの肌潤糖です。

こちらは砂糖を原料とした保湿ケア商品です。濡れた肌に粒上の砂糖を塗りつけていくという、従来の保湿クリームとは一見変わった保湿方法が特徴です。

ただ保湿してくれるだけでなく、肌の水分保持機能をサポートしてくれるので、アトピーで乱れている皮膚のバリア機能を正常化していってくれます。

アトピー肌を根本的に変えていく働きがあるので、アトピーの改善に繋がったという報告も多いです。気になる方はぜひチェックしてみてください。

まとめ

アトピー肌にベビーパウダーは使えるかどうかについてまとめてみました。メリットもデメリットもあるので、肌の状態を見ながら個人の判断で使ってみてくださいね。

メリットは、一時的にかゆみを抑えられること。外の刺激から肌を保護してくれること。

デメリットは、化学物質の心配があることや、毛穴がつまり皮膚呼吸の妨げになる場合があることです。

これから暑くなってくるので、もしベビーパウダーが使えればサラサラお肌で快適に過ごすことができるかもしれませんね。

ですが、あくまでも個人の判断で!そして症状がひどい時には使わないように注意です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA